研究者
J-GLOBAL ID:201101018015543135   更新日: 2021年12月29日

幸泉 満夫

コイズミ ミツオ | Koizumi Mitsuo
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 人文学講座
研究分野 (5件): 考古学 ,  博物館学 ,  文化財科学 ,  博物館学 ,  地域研究
研究キーワード (24件): 新石器考古学(신석기시대 고고학) ,  初期農耕(초기 농경) ,  무문계토기 ,  博物館学(박물관학:Museology) ,  文化資源論(문화 자원 이론:The Culture Resources Theory) ,  廃棄文化論(폐기 문화 이론:The Disposal Culture Theory) ,  무문양토기 ,  工芸史(공예 사학:民俗陶芸)学(History of Industrial Arts) ,  文化財学(문화재학:Cultural Assets Studies) ,  博物館教育学(박물관 교육학:Studies of Museum Education) ,  博物館資料学(박물관 자료학:Studies of Museum Collections) ,  貝塚文化(패총 문화) ,  狛犬 (사자모양의 한쌍의 석상:The shrine guardian dog statues) ,  對馬暖流ベルト地帶(쓰시마 난류 벨트지대) ,  太平洋岸ベルト地帯(태평양기슭 벨트지대) ,  大洞C2~大洞A式併行期の動態(오오보라C2-A식 병행기의 동태) ,  大陸系石刀(대륙계 석도) ,  Plain(Unfigured)Pottery ,  갈판・갈돌 ,  縄文農耕論(조몬 농경 이론:The Farming Theory of the Jomon Period) ,  埋蔵文化財(매장문화재) ,  環境適応論(환경 적응 이론:縄文草創期) ,  조몬토기 ,  出土文化財論(출토 문화재 이론:博物館資料学)
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2019 - 2024 対馬暖流ベルト地帯周辺における縄文農耕の実証化に向けた関連石器類の広域基盤研究
  • 2017 - 2018 西日本における縄文貝塚および同出土文化財の再評価に向けた基盤的研究
  • 2016 - 2017 縄文土器文化崩壊期における北部九州の無文系深鉢に関する予備的研究
  • 2013 - 2014 四国地方における縄文貝塚の実態解明に向けた基盤的研究
  • 2012 - 2013 第6次平城貝塚発掘調査
全件表示
論文 (49件):
  • 幸泉滿夫. 한반도 남부 신석기시대 전기 이전의 농경 관련 도구 출현기에 관한 연구. 法文学部論集 人文学編. 2022. 52
  • 幸泉滿夫. 한반도 동남부에 있어서의 신석기시대 후반기의 무문양토기에 관한 연구. 法文学部論集 人文学編. 2021. 51. 53-96
  • 幸泉満夫. 中岳系土器群の硏究. 宮崎考古. 2021. 31. 33-51
  • 幸泉満夫. 未評価出土文化財をめぐる博物館資料学の実践研究(2)後篇. 法文学部論集 人文学編. 2021. 50. 61-82
  • 幸泉満夫. 縄文文化解体期をめぐる土器資料群の研究3. 古文化談叢. 2020. 85. 1-66
もっと見る
MISC (105件):
  • 幸泉満夫ほか. 未公開の船ヶ谷式土器群をめぐる基礎的研究(2)-標式の浅鉢群を対象とした新たな視点と再検証-. 愛媛考古学. 2021. 25. 5-20
  • 幸泉満夫. 予稿集 対馬暖流ベルト地帯と縄文農耕関連具の出現. 2021年度 科学研究費中間成果報告会資料(福井県立若狭歴史博物館記念講演会II予稿集). 2021. 1-18
  • 幸泉満夫. 第I章 研究課題をめぐる学史的背景. 縄文農耕論と関連考古学史 조몬 농경론과 관련 고고학사. 2021. 5-10
  • 幸泉満夫. 第II章 日本国内における「(粗) 打製石斧」類を中心とした2020年までの研究学史. 縄文農耕論と関連考古学史 조몬 농경론과 관련 고고학사. 2021. 11-44
  • 幸泉満夫. 第III章 民族・民俗および植物考古学的視座からみた2020年までの縄文農耕関連学史. 縄文農耕論と関連考古学史 조몬 농경론과 관련 고고학사. 2021. 45-58
もっと見る
書籍 (14件):
  • 縄文農耕論と関連考古学史 조몬 농경론과 관련 고고학사
    日本学術振興会科学研究費(基盤研究C) 成果学術書I 2021
  • 尾ノ上遺跡 須田・中尾瀬遺跡
    香川県教育委員会(Kagawa Prefecture Education Board) 2018
  • 南久米片廻り遺跡/久米窪田森元遺跡
    松山市教育委員会/財団法人松山市文化・スポーツ振興財団埋蔵文化財センター 2012
  • 上分西遺跡/上分西遺跡乗安地区
    財団法人愛媛県埋蔵文化財調査センター 2011
  • 西日本の縄文土器 後期
    真陽社 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (40件):
  • 特別展記念講演II 対馬暖流ベルト地帯と縄文農耕関連具の出現
    (鳥浜貝塚発見60周年記念特別展 森と出会った縄文人~人と植物の歴史の始まり~ 関連特別展記念講演会 2021)
  • 討論 中四国地方の外来系土器
    (第29回 中四国縄文研究会 2018)
  • 縄文後晩期における九州系土器の中国・四国地方への波及
    (第29回 中四国縄文研究会 2018)
  • 討論 中四国地方における縄文時代の地域間交流
    (第27回 中四国縄文研究会 2016)
  • 縄文土器にみるもう一つの地域間交流 -Stage1;縄文中期末~後期初頭併行期を事例として-
    (第27回中四国縄文研究会 中四国地方における縄文時代の地域間交流 2016)
もっと見る
Works (17件):
  • 特別展「森と出会った縄文人-人と植物の歴史の始まり-」
    幸泉満夫 2021 - 2021
  • 『愛媛大学 法文学部論集 人文学編』第51号 編集担当
    幸泉満夫 2021 - 2021
  • 『愛媛大学 法文学部論集 人文学編』第50号 編集担当
    幸泉満夫 2021 - 2021
  • 『愛媛大学 法文学部論集 人文学編』第49号 編集担当
    幸泉満夫 2020 - 2020
  • 『愛媛大学 法文学部論集 人文学編』第48号 編集担当
    幸泉満夫 2020 - 2020
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(文学)
所属学会 (6件):
物質文化研究会 ,  縄文時代文化研究会 ,  全国大学博物館学講座協議会西日本部会 ,  日本考古学協会 ,  日本動物考古学会 ,  島根考古学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る