研究者
J-GLOBAL ID:201101018361901722   更新日: 2020年08月25日

竹内 雄一

Takeuchi Yuichi
所属機関・部署:
職名: 研究員
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • セゲド大学  リサーチアシスタントプロフェッサー
ホームページURL (2件): https://ytake.org/https://ytake.org/
研究分野 (4件): 生理学 ,  神経内科学 ,  精神神経科学 ,  神経科学一般
研究キーワード (20件): 包括脳ネットワーク ,  精神疾患 ,  バイオマーカー ,  発作感受性 ,  前脳基底部 ,  脳深部刺激 ,  脳波 ,  オシレーション ,  実時間処理 ,  機械学習 ,  前頭前皮質 ,  意思決定 ,  大脳辺縁系 ,  動機 ,  精神神経疾患 ,  光遺伝学 ,  てんかん ,  依存 ,  神経回路 ,  電気生理学
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2019 - 2024 てんかんの根治を目的としたけいれん準備性の定量法開発とその応用
  • 2018 - 2022 難治性てんかんの発作を非侵襲的かつオンデマンドに制御する臨床技術の開発
  • 2019 - 2021 精神病態の行動表現型を生じる神経回路動態の逆問題的解明
  • 2019 - 2020 オンデマンド経頭蓋脳深部刺激法を用いて難治性てんかんを制御する臨床技術の開発
  • 2019 - 2020 難治性てんかんをオンデマンドかつ非侵襲的に制御する臨床技術の開発
全件表示
論文 (10件):
  • Takeuchi Y, Harangozó M, Pedraza L, Földi T, Kozák G, Berényi A. Closed-loop stimulation of the medial septum terminates epileptic seizures. bioRxiv. 2020
  • Takeuchi Y, Berényi A. Oscillotherapeutics - Time-targeted interventions in epilepsy and beyond. Neurosci Res. 2020. 152. 87-107
  • Narushima M, Yagasaki Y, Takeuchi Y, Aiba A, Miyata M. The metabotropic glutamate receptor subtype 1 regulates development and maintenance of lemniscal synaptic connectivity in the somatosensory thalamus. PLoS One. 2019. 14. 12. e0226820
  • Niimi Y, Matsumine H, Takeuchi Y, Osaki H, Tsunoda S, Miyata M, Yamato M, Sakurai H. A collagen-coated PGA conduit for interpositional-jump graft with end-to-side neurorrhaphy for treating facial nerve paralysis in rat. Microsurgery. 2019. 39. 1. 70-80
  • Nagy A, Takeuchi Y, Berényi A. Coding of self-motion induced and self-independent visual motion in the rat dorsomedial striatum. PLoS Biol. 2018. 16. 6. e2004712
もっと見る
MISC (10件):
  • 竹内雄一. セゲド便り. 上原記念生命科学財団 一年の歩み. 2017. H28. 104-105
  • 竹内雄一, 宮田麻理子. 視床回路改編機構の神経解剖学的解析 (3). 東京女子医科大学総合研究所紀要. 2017. 36. 22-23
  • 竹内雄一. EDUCATION:ハンガリーセゲド大学医学部における 生理学教育と日本人留学生. 日本生理学雑誌. 2017. 79. 1. 8-15
  • 新美 陽介, 松峯 元, 竹内 雄一, 佐々木 亮, 渡辺 頼勝, 大和 雅之, 宮田 麻理子, 櫻井 裕之. ラット顔面神経麻痺モデルにおける人工神経誘導管を用いたinterpositional jump-graftの検討. 東京女子医科大学総合研究所紀要. 2016. 35. 20-21
  • 竹内雄一. AFTERNOON TEA:心を動かす体験. 日本生理学雑誌. 2015. 77. 1. 6-7
もっと見る
書籍 (4件):
  • 神経難病の治療開発update
    北隆館 2020
  • 神経精神疾患のイメージング
    北隆館 2020
  • てんかんの進歩
    北隆館 2020
  • 身体イメージの神経生理学
    中外医学社 2011
講演・口頭発表等 (21件):
  • Revealing neuronal network dynamics underlying behavioral phenotypes of psychiatric disorders by solving inverse problems
    (新学術領域「マルチスケール精神病態の構成的理解」 第3回領域会議 2020)
  • オンデマンド脳活動介入によるてんかん発作の制御とその応用
    (東京女子医科大学 部門公開セミナー 2019)
  • 精神病態の行動表現型を生じる神経回路動態の逆問題的解明
    (新学術領域 「マルチスケール精神病態の構成的理解」 第2回領域会議 2019)
  • オシロセラピューティクス:時間特異的な脳活動介入による疾患制御
    (大阪市立大学 部門公開セミナー 2019)
  • オンデマンド脳深部刺激によるてんかん発作のリアルタイム制御
    (第28回神経行動薬理学若手研究者の集い 2019)
もっと見る
Works (33件):
  • pyControl_task
    Takeuchi Y 2020 - 現在
  • Closed-loop stimulation of the medial septum terminates epileptic seizures
    Yuichi Takechi, Antal Berényi 2020 - 現在
  • sol_driver
    Takeuchi Y 2020 -
  • SmallEIBPinsPCB
    Takeuchi Y 2020 -
  • footshock_device
    Takeuchi Y 2020 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2007 - 2010 総合研究大学院大学 生命科学研究科 生理科学専攻
  • 2005 - 2007 名古屋市立大学 大学院薬学研究科 医療機能薬学専攻
  • 2001 - 2005 名古屋市立大学 薬学部 製薬学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (総合研究大学院大学)
経歴 (6件):
  • 2018/04 - 現在 名古屋市立大学 研究員
  • 2015/09 - 現在 セゲド大学 リサーチアシスタントプロフェッサー
  • 2016/01 - 2016/12 上原記念生命科学財団 リサーチフェロー
  • 2010/04 - 2015/08 東京女子医科大学 医学部 助教
  • 2009/04 - 2010/03 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2020/03 - 現在 日本生理学会 評議員
  • 2015/04 - 2015/08 東京女子医科大学 累進型チューター研修プログラム運営委員
  • 2015/04 - 2015/08 東京女子医科大学 チューター研修プログラム運営委員
  • 2015/04 - 2015/08 東京女子医科大学 チューター養成プログラム運営委員
  • 2015/04 - 2015/08 東京女子医科大学 基礎医学系チュートリアル委員
受賞 (3件):
  • 2019/03 - 神経行動薬理若手研究者の集い 優秀発表特別賞
  • 2013/08 - 日本生理学会 若手研究者奨励賞
  • 2012/09 - 成茂神経科学研究助成基金 研究助成
所属学会 (6件):
Asia-Pacific Neural Network Society ,  日本神経回路学会 ,  Society for Neuroscience ,  日本生理学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る