研究者
J-GLOBAL ID:201101019366389090   更新日: 2020年08月31日

塩見 こずえ

シオミ コズエ | Shiomi Kozue
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 生態学、環境学
研究キーワード (10件): 帰巣 ,  ミズナギドリ ,  ナビゲーション ,  認知生態 ,  海鳥 ,  移動 ,  ペンギン ,  バイオロギング ,  包括脳ネットワーク ,  脳プロ
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2017 - 2021 外洋性海鳥の帰巣行動に関する認知生態研究:種内・種間比較に基づく統合的アプローチ
  • 2017 - 2020 動物学・流体力学・ロボット工学の融合による鳥類の形態進化研究と動物型ロボット設計への応用:「野生動物工学」分野の創成
  • 2016 - 2020 多次元バイオロギングによる鳥類・魚類の長距離ナビゲーション行動の包括的理解(計画研究)
  • 2013 - 2015 「海鳥の採餌行動を指標とした海洋生態系モニタリング手法の確立」
  • 2013 - 2014 「移動経路の時空間解析に基づく海鳥の帰巣戦略研究」
全件表示
論文 (18件):
  • C Michelot, A Kato, T Raclot, K Shiomi, P Goulet, P Bustamante, Y Ropert-Coudert. Sea-ice edge is more important than closer open water access for foraging Adélie penguins: evidence from two colonies. Marine Ecology Progress Series. 2020. 640. 215-230
  • 片岡龍峰, 山本和明, 藤原康徳, 塩見こずえ, 國分亙彦. 雉尾攷-日本書紀にみる赤気に関する一考察. 総研大文化科学研究. 2020. 16. 17-28
  • Shiomi K, Kokubun N, Shimabukuro U, Takahashi A. Homing ability of Adélie penguins investigated with displacement experiments and bio-logging. Ardea. 2019
  • Shiomi K, Sato K, Katsumata N, Yoda K. Temporal and spatial determinants of route selection in homing seabirds. Behaviour. 2019
  • Yan Ropert-Coudert, Akiko Kato, Kozue Shiomi, Christophe Barbraud, Frédéric Angelier, Karine Delord, Timothée Poupart, Thierry Raclot. Two massive breeding failures in an Adélie penguins’ colony over four breeding seasons call for rapid decision on the creation of a Marine Protected Area in D’Urville Sea/Mertz. Frontiers Marine Science - Marine Fisheries, Aquaculture and Living Resources. 2018
もっと見る
MISC (2件):
  • Cassondra L. Williams, Katsufumi Sato, Kozue Shiomi, Paul J. Ponganis. Anaerobic Energy Stores in Emperor Penguin Muscle: Implications for Muscle Metabolism and Dive Performance. FASEB JOURNAL. 2012. 26
  • Kozue Shiomi, Katsufumi Sato, Nobuaki Arai, Paul J. Ponganis. COMPARISON OF DIVING PATTERNS AMONG THREE EMPEROR PENGUINS FORAGING UNDER THE SAME ENVIRONMENTAL CONDITIONS. JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES. 2009. 59. 115-115
書籍 (9件):
  • 『生物の科学 遺伝』2019年1月号
    2019
  • 『生物の科学 遺伝』2017年11月号
    2017
  • 月刊海洋『大水薙鳥 -外洋性海鳥の研究最前線-(下)』
    海洋出版株式会社 2016
  • 月刊海洋『大水薙鳥 -外洋性海鳥の研究最前線-(上)』
    海洋出版株式会社 2016
  • 『バイオロギング2 動物たちの知られざる世界を探る』
    京都通信社 2016
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2009 - 2012 東京大学大学院農学生命科学研究科 博士課程
  • 2007 - 2009 京都大学大学院情報学研究科 修士課程
  • 2003 - 2007 京都大学 資源生物科学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京大学)
委員歴 (1件):
  • 2015/04 - 現在 文部科学省 科学技術政策研究所 科学技術動向研究センター 専門調査員
受賞 (2件):
  • 2013/03 - 平成24年度岩手県三陸海域研究論文知事表彰 特別賞 『三陸沿岸で繁殖する海鳥の洋上移動パターンの解明』
  • 2012/03 - 東京大学大学院農学生命科学研究科長賞 『Decision time to return in seabirds: application of fine-scale movement data to decision-making analyses.』
所属学会 (2件):
日本動物行動学会 ,  日本バイオロギング研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る