研究者
J-GLOBAL ID:201101021385616523   更新日: 2020年08月28日

野見山 桂

Nomiyama Kei | Nomiyama Kei
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://kanka.cmes.ehime-u.ac.jp/http://ehime-u.cyber-earth.jp/g-coe2007/jp/index.aspx
研究分野 (5件): 環境負荷、リスク評価管理 ,  生物資源保全学 ,  環境影響評価 ,  化学物質影響 ,  放射線影響
研究キーワード (17件): PPCPs ,  スペシメンバンク ,  ペット動物 ,  野生生物 ,  環境汚染 ,  ミトコンドリア ,  核内受容体 ,  プロテオミクス ,  メタボロミクス ,  オミクス ,  トキシコロジー ,  wildlife ,  PCBs ,  PBDEs ,  異物代謝 ,  環境分析化学 ,  水環境化学
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2020 - 2024 魚類を指標としたイオン性環境汚染物質による脳移行の実態とリスク評価法の開発
  • 2019 - 2022 新規環境汚染物質の水圏生物濃縮機構・時空間トレンドの解明とリスク評価
  • 2019 - 2020 イオン性環境汚染物質がもたらす神経伝達物質への影響の理解と評価法の開発
  • 2016 - 2018 内分泌かく乱物質の網羅分析とマスバランス解析に基づくヒト曝露・生態リスク評価
  • 2016 - 2018 新規残留性有害化学物質における広域汚染・生物蓄積の実態解明と生態影響評価
全件表示
論文 (17件):
  • Keerthi S. Guruge, Prasun Goswami, Rumi Tanoue, Kei Nomiyama, R. G.S. Wijesekara, Tilak S. Dharmaratne. First nationwide investigation and environmental risk assessment of 72 pharmaceuticals and personal care products from Sri Lankan surface waterways. Science of the Total Environment. 2019. 690. 683-695
  • Tanoue R, Margiotta-Casaluci L, Huerta B, Runnalls TJ, Eguchi A, Nomiyama K, Kunisue T, Tanabe S, Sumpter JP. Protecting the environment from psychoactive drugs: Problems for regulators illustrated by the possible effects of tramadol on fish behaviour. The Science of the total environment. 2019. 664. 915-926
  • Eguchi A, Nomiyama K, Sakurai K, Kim Trang PT, Viet PH, Takahashi S, Iwata H, Tanabe S, Todaka E, Mori C. Alterations in urinary metabolomic profiles due to lead exposure from a lead-acid battery recycling site. Environmental pollution (Barking, Essex : 1987). 2018. 242. Pt A. 98-105
  • Ochiai M, Iida M, Agusa T, Takaguchi K, Fujii S, Nomiyama K, Iwata H. Effects of 4-Hydroxy-2,3,3',4',5-Pentachlorobiphenyl (4-OH-CB107) on Liver Transcriptome in Rats: Implication in the Disruption of Circadian Rhythm and Fatty Acid Metabolism. Toxicological sciences : an official journal of the Society of Toxicology. 2018. 165. 1. 118-130
  • 野見山 桂. 薬物・環境化学物質代謝の種差と甲状腺機能. 日本甲状腺学会雑誌. 2018. 42-47
もっと見る
MISC (96件):
  • Mukai, K, Fujimori, T, Anh, H. Q, Fukutani, S, Kunisue, T, Nomiyama, K, Takahashi, S. Species-Specific Differences in Extractable Organochlorine and Organobromine in High-Trophic-Level Mammals. Dioxin 2019 - 39th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants, Kyoto, Japan. 2019
  • 向井康太, 藤森崇, ANH Hoang Quoc, 福谷哲, 国末達也, 野見山桂, 高橋真, 高橋真. 高次哺乳類における抽出可能性有機塩素・臭素の種間差. 環境化学討論会要旨集(CD-ROM). 2019. 28th. ROMBUNNO.P-037
  • 水川葉月, NGYUEN Hoa Thanh, 岩田久人, 野見山桂, 池中良徳, 中山翔太, 横山望, 市居修, 滝口満喜, KHIDKHAN Kraisiri, 田辺信介, 石塚真由美. PCBs曝露によるネコ肝トランスクリプトームへの影響. 環境化学討論会要旨集(CD-ROM). 2019. 28th. ROMBUNNO.1C-08
  • 池中良徳, 池中良徳, 一瀬貴大, NIMAKO Collins, 市川剛, 野見山桂, 長谷川浩, 中山翔太, 星信彦, 平久美子, 石塚真由美. ネオニコチノイドの母子間移行の実態と移行メカニズムの解明. 環境化学討論会要旨集(CD-ROM). 2019. 28th. ROMBUNNO.2B-05
  • 田中啓介, 野見山桂, 水川葉月, 水川葉月, 高口倖暉, 田上瑠美, 横山望, 市居修, 滝口満喜, 笹岡一慶, 中山翔太, 池中良徳, 石塚真由美, 国末達也, 田辺信介. デカブロモジフェニルエーテル(BDE209)の長期曝露がイエネコへ及ぼす影響. 環境化学討論会要旨集(CD-ROM). 2019. 28th. ROMBUNNO.1C-09
もっと見る
書籍 (4件):
  • シャチ生態ビジュアル百科 世界の海洋に知られざるオルカの素顔を追う
    2015
  • Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry-Exploring Possibility of Setting-up ESBs in Developing countries
    TERRAPUB 2010
  • Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry vol.2
    TERRAPUB 2008
  • Persistent Organic Pollunant (POPs) Reseach in Asia.
    2008
講演・口頭発表等 (93件):
  • 野生動物における有機ハロゲン化合物の代謝・動態と甲状腺ホルモンへの影響,
    (第20回日本毒性学会生涯教育講習会 2019)
  • 地球規模で考える環境汚染 医薬品と環境問題を考える
    (コープ 一般講演会 2019)
  • 自然写真を通して環境問題を考える
    (コミュニティ・カレッジ 環境講座 2019)
  • ネオニコチノイドの母子間移行の実態と移行メカニズムの解明
    (第28回環境化学討論会 2019)
  • デカブロモジフェニルエーテル(BDE209)の長期曝露がイエネコへ及ぼす影響
    (第28回環境化学討論会 2019)
もっと見る
Works (4件):
  • PPCPsによる水環境汚染に関する研究
    野見山 桂 2010 - 現在
  • ペット動物の化学汚染に関する研究
    野見山 桂 2010 - 現在
  • 僕が四国で生きものを撮るということ~写真展~
    野見山 桂 2017 - 2017
  • 僕が四国で生きものを撮るということ~写真展~
    野見山 桂 2016 - 2016
学歴 (1件):
  • - 2008 熊本県立大学
経歴 (6件):
  • 2015 - 現在 愛媛大学 准教授
  • 2013/04 - 現在 愛媛大学
  • 2011 - 2015 愛媛大学 講師
  • 2008 - 2011 愛媛大学 助教
  • 2007/04 - 2008/03 日本学術振興会 特別研究員(DC2)化学
全件表示
委員歴 (12件):
  • 2018/04 - 現在 日本内分泌撹乱化学物質学会 評議員
  • 2018 - 現在 Dioxin2019 実行委員
  • 2017 - 現在 日本環境化学会 国際企画部会 副幹事
  • 2017 - 現在 日本環境化学会 POPs部会 副幹事
  • 2016/04 - 現在 文部科学省共同利用・共同研究拠点形成「化学汚染・沿岸環境研究拠点(LaMer) 事業推進担当者
全件表示
受賞 (6件):
  • 2018/04 - 愛媛大学理学部 ベストレクチャー賞
  • 2018/04 - 愛媛県、三浦工業 14回三浦環境賞奨励賞
  • 2016/04 - Sony World Photography Awards Photographer of the Year
  • 2016 - International Photography Awards 1st Place, Nature Underwater category
  • 2009 - 日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会・奨励賞
全件表示
所属学会 (6件):
日本毒性学会 ,  環境ホルモン学会 [正式名称;日本内分泌撹乱化学物質学会] ,  日本セトロジー研究会 ,  SETAC ,  日本水環境学会 ,  日本環境化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る