研究者
J-GLOBAL ID:201101023084939036   更新日: 2021年09月15日

相澤 秀紀

Aizawa Hidenori
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): https://neurobio.hiroshima-u.ac.jp/jahttps://neurobio.hiroshima-u.ac.jp/en
研究分野 (3件): 解剖学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般
研究キーワード (16件): 片頭痛 ,  拡延性抑制 ,  海馬 ,  シータ波 ,  レム睡眠 ,  睡眠障害 ,  神経解剖学 ,  ストレス ,  うつ病 ,  脚間核 ,  非対称 ,  大脳辺縁系 ,  手綱 ,  左右非対称 ,  左右差 ,  手綱核
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2019 - 2024 生体構造の再構成による超適応機構の解明と潜在適応力低下防止への挑戦
  • 2017 - 2020 うつ病の中核症状「アンヘドニア」におけるカレハ島仮説の検証
  • 2015 - 2019 行動適応を担う脳神経回路の機能シフト研究を推進するための国際連携活動
  • 2015 - 2018 セントラルコマンド発現機構の探索-大脳辺縁系皮質から筋血管に至る神経回路の同定
  • 2014 - 2018 ストレス対処行動におけるモノアミン制御経路の障害と回復
全件表示
論文 (46件):
  • Meina Zhu, Deepa Kamath Kasaragod, Kazuya Kikutani, Kei Taguchi, Hidenori Aizawa. A novel microcontroller-based system for the wheel-running activity in mice. eNeuro. 2021
  • Hiroshi Giga, Bin Ji, Kazuya Kikutani, Shuji Fukuda, Takashi Kitajima, Seishi Katsumata, Miho Matsumata, Tetsuya Suhara, Shigeto Yamawaki, Nobuaki Shime, et al. Pharmacological and Genetic Inhibition of Translocator Protein 18 kDa Ameliorated Neuroinflammation in Murine Endotoxemia Model. Shock (Augusta, Ga.). 2020
  • Kazuya Kikutani, Hiroshi Giga, Koji Hosokawa, Nobuaki Shime, Hidenori Aizawa. Microglial translocator protein and stressor-related disorder. Neurochemistry international. 2020. 140. 104855-104855
  • Hikaru Ito, Kanako Nozaki, Kenji Sakimura, Manabu Abe, Shigeto Yamawaki, Hidenori Aizawa. Activation of proprotein convertase in the mouse habenula causes depressive-like behaviors through remodeling of extracellular matrix. Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology. 2020
  • Wanpeng Cui, Tomomi Aida, Hikaru Ito, Kenta Kobayashi, Yusaku Wada, Shigeki Kato, Takashi Nakano, Meina Zhu, Kaoru Isa, Kazuto Kobayashi, et al. Dopaminergic signaling in the nucleus accumbens modulates stress-coping strategies during inescapable stress. The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience. 2020
もっと見る
MISC (14件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (12件):
  • Role of the habenula in murine stress-coping behavior
    (Lateral habenula under the spotlight 2016)
  • ストレス対処行動の神経基盤としてのモノアミン制御経路
    (第121回日本解剖学会総会全国学術集会 2016)
  • Role of dopamine signaling in the murine stress-coping behavior
    (Dissecting and Understanding Mechanisms for Functional Shift of Brain Network 2016)
  • グルタミン酸神経伝達と精神・神経疾患の病態モデル
    (第14回脳神経内科ジョイントミーティング 2016)
  • うつ病様行動障害における手綱核グリア細胞の役割
    (日本解剖学会第70回中国・四国支部学術集会 2015)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学)
経歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 広島大学 医系科学研究科(医) 神経生物学 教授
  • 2015/06 - 2019/03 広島大学 医歯薬保健学研究院(医)神経生物学 教授
  • 2011/04 - 2015/05 東京医科歯科大学・難治疾患研究所・分子神経科学分野 准教授
  • 2007 - 2011/03 理化学研究所脳科学総合研究センター 発生遺伝子制御研究チーム 副チームリーダー
  • 2005 - 2007 理化学研究所脳科学総合研究センター 発生遺伝子制御研究チーム 研究員
受賞 (3件):
  • 2012/03 - 日本解剖学会 日本解剖学会奨励賞 左右非対称な脳発達の分子メカニズム
  • 2011/03 - 理化学研究所 研究奨励賞 Developmental and functional analyses of the asymmetric neural pathway in the brain
  • 2010/07 - 包括脳ネットワーク 優秀若手賞
所属学会 (3件):
日本解剖学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本神経科学学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る