研究者
J-GLOBAL ID:201101025671370510   更新日: 2021年09月01日

檜山 明彦

ヒヤマ アキヒコ | Hiyama Akihiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/00514382
研究分野 (1件): 整形外科学
研究キーワード (7件): コンピューター支援手術 ,  細胞内シグナル ,  腰痛研究 ,  最小侵襲脊椎手術 ,  椎間板再生 ,  脊椎脊髄病 ,  運動器再生
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2017 - 2020 椎間板変性におけるWntシグナルを介す転写制御機構の解析と新規腰痛治療薬の探索
  • 2016 - 2020 iPS技術とIn Silico創薬よる髄核前駆細胞の分化制御と椎間板修復
  • 2017 - 2020 椎間板変性におけるWntシグナルを介す転写制御機構の解析と新規腰痛治療薬の探索
  • 2014 - 2017 椎間板変性におけるWntシグナルとアラキドン酸カスケードとの分子メカニズムの解析
  • 2012 - 2015 椎間板線維輪再生に向けた至的細胞ソースの解析研究
全件表示
論文 (113件):
  • Akihiko Hiyama, Hiroyuki Katoh, Satoshi Nomura, Daisuke Sakai, Masato Sato, Masahiko Watanabe. Radiographs assessment of changes in the psoas muscle at L4-L5 level after single-level lateral lumbar interbody fusion in patients with postoperative motor weakness. Journal of Clinical Neuroscience. 2021. 90. 165-170
  • Tsutomu Akazawa, Gen Inoue, Masahiro Tanaka, Tasuku Umehara, Toshihiro Nagai, Yusuke Oshita, Takayuki Imura, Masayuki Miyagi, Wataru Saito, Kosuke Sako, et al. Somnolence and Dizziness During Mirogabalin Treatment in Patients With Neuropathic Pain Related to Lumbar Disease Who Switched From Pregabalin: A Retrospective Study. Global spine journal. 2021. 21925682211031185-21925682211031185
  • Akihiko Hiyama, Kaori Suyama, Daisuke Sakai, Masahiro Tanaka, Masahiko Watanabe. Correlational analysis of chemokine and inflammatory cytokine expression in the intervertebral disc and blood in patients with lumbar disc disease. Journal of orthopaedic research : official publication of the Orthopaedic Research Society. 2021
  • Tatsuya Yamamoto, Eijiro Okada, Takehiro Michikawa, Toshitaka Yoshii, Tsuyoshi Yamada, Kei Watanabe, Keiichi Katsumi, Akihiko Hiyama, Masahiko Watanabe, Yukihiro Nakagawa, et al. The impact of diabetes mellitus on spinal fracture with diffuse idiopathic skeletal hyperostosis: A multicenter retrospective study. Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association. 2021
  • Akihiko Hiyama, Hiroyuki Katoh, Daisuke Sakai, Masato Sato, Masahiro Tanaka, Masahiko Watanabe. Accuracy of Percutaneous Pedicle Screw Placement after Single-Position versus Dual-Position Insertion for Lateral Interbody Fusion and Pedicle Screw Fixation Using Fluoroscopy. Asian spine journal. 2021
もっと見る
MISC (315件):
  • 酒井 大輔, 田中 真弘, 檜山 明彦, 加藤 裕幸, 佐藤 正人, 渡辺 雅彦. 日本の頸椎人工椎間板置換術の最前線 頸椎人工椎間板置換術の臨床成績と椎間可動性 術後1年経過例を含む評価. 関東整形災害外科学会雑誌. 2021. 52. 臨増号外. 83-83
  • 田中 真弘, 酒井 大輔, 加藤 裕幸, 檜山 明彦, 野村 慧, 迫 浩輔, 佐藤 正人, 渡辺 雅彦. 高エネルギー外傷に伴う第5腰椎脱臼骨折の治療経験(2例報告). 関東整形災害外科学会雑誌. 2021. 52. 臨増号外. 175-175
  • 田中 真弘, 檜山 明彦, 酒井 大輔, 加藤 裕幸, 佐藤 正人, 渡辺 雅彦. 転移性脊椎腫瘍に対する手術治療成績 徳橋スコア8点以下に対する姑息的手術. 日本整形外科学会雑誌. 2021. 95. 3. S709-S709
  • 檜山 明彦, 隅山 香織, 酒井 大輔, 渡辺 雅彦. ヒト変性椎間板におけるCCL20-CCR6系と炎症性サイトカインの相関解析. 日本整形外科学会雑誌. 2021. 95. 3. S1080-S1080
  • 酒井 大輔, 檜山 明彦, 田中 真弘, 加藤 裕幸, 佐藤 正人, 渡辺 雅彦. 特発性側彎症Hypokyphosis症例に対するST2R法は矢状面での頂椎の移動と後彎角の獲得,QOL改善に貢献する. Journal of Spine Research. 2021. 12. 3. 138-138
もっと見る
書籍 (3件):
  • 整形外科Surgical Technique 9(2)
    メディカ出版 2019
  • 若手医師のための脊椎外傷の診断・保存的治療・手術
    メディカ出版 2018
  • ベッドサイドの高齢者運動器の診かた
    南江堂 2014
講演・口頭発表等 (106件):
  • ヒト変性椎間板におけるCCL20-CCR6系と炎症性サイトカインの相関解析
    (第94回 日本整形外科学会学術総会 (Web) 2021)
  • 階層型クラスター分析を用いた単椎間LLIF後の間接除圧因子の検討
    (第50回 日本脊椎脊髄病学会(Web) 2021)
  • CAOSを用いた側臥位PPSによるスクリュー逸脱と椎間関節障害の検討
    (第50回 日本脊椎脊髄病学会(Web) 2021)
  • コンピューター支援装置を用いたDirect PPS手技の試み
    (第50回 日本脊椎脊髄病学会(Web) 2021)
  • コンピューター支援下低侵襲側方進入腰椎椎体間固定術 -Navigation assisted LLIF (NALIF)手技の実際-
    (第7回 日本脊椎前方側方進入手術学会 (JALAS) 2021)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2007 - 2008 Thomas Jefferson University
  • 2004 - 2008 東海大学 大学院医学研究科
  • 2004 - 東海大学 整形外科学
  • - 2002 東海大学
学位 (1件):
  • 医学博士
経歴 (3件):
  • 2021/04 - 現在 東海大学医学部 整形外科学 准教授
  • 2014/04 - 2021/03 東海大学医学部 整形外科学 講師
  • 2009/04 - 2014/03 東海大学医学部 整形外科学 助教
委員歴 (12件):
  • 2020 - 現在 Healthcare Editorial board
  • 2020 - 現在 Journal of Integrative Neuroscience Reviewer Board
  • 2018 - 現在 Orthopaedic Research Society JOR Spine, Advisory Review Board
  • 2018 - 現在 日本整形外科学会 Journal of Orthopaedic Science, Editorial Board
  • 2017 - 2020/10 神奈川整形災害外科研究会 責任幹事
全件表示
受賞 (14件):
  • 2019 - 神奈川整形災害外科研究会 第4回 優秀演題賞
  • 2016 - 東日本整形災害外科学会 第64回東日本整形災害外科学会学術奨励賞 腰痛患者における下肢症状の有無がQOLに与える影響について
  • 2016 - 日本脊椎脊髄病学会 第11回 日本脊椎脊髄病学会 Asia Traveling Fellowship
  • 2015 - Japan Association of Spine Surgeons with Ambition (JASA) Best Discusser
  • 2014 - 日本整形外科学会 日本整形外科基礎学術集会 優秀演題賞 炎症性サイトカインTNFαはNFκβとCOX-2/PGE2 経路を介しWntシグナルを発現制御する
全件表示
所属学会 (12件):
米国整形外科基礎学会 ,  東日本整形災害外科学会 ,  関東整形災害外科学会 ,  日本運動器再生医療学会 ,  日本軟骨代謝学会 ,  日本脊椎脊髄病学会 ,  日本整形外科学会 ,  International society for study of lumbar spine ,  日本側弯症学会 ,  日本MISt学会 ,  日本脊椎インストゥルメンテーション学会 ,  日本腰痛学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る