研究者
J-GLOBAL ID:201101029540279505   更新日: 2020年01月20日

柿崎喜宏

カキザキ ヨシヒロ | Yoshihiro Kakizaki
所属機関・部署:
職名: 研究推進員
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 東京大学  理学系研究科 地球惑星科学専攻   特任研究員
研究分野 (4件): 層位・古生物学 ,  層位・古生物学 ,  層位・古生物学 ,  地球宇宙化学
研究キーワード (10件): 地質学 ,  層位・古生物学 ,  堆積学 ,  古海洋学 ,  安定同位体 ,  炭酸塩岩 ,  厚歯二枚貝 ,  ガスハイドレート ,  日本海 ,  泥火山
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2013 - 2016 化学指標の地理的パターンから復元する中生代温室期の異様な海洋・炭素循環
  • 2009 - 2010 化石燃料が生成した頃の全球的海洋循環の復元
  • 2007 - 2008 鳥巣式石灰岩のSr同位体による堆積年代と炭素同位体層序から推定されるジュラ紀後期~白亜紀前期の古海洋循環
論文 (15件):
もっと見る
MISC (8件):
  • 柿崎喜宏 松田博貴 奥村知世 高島千鶴. 夜間小集会 炭酸塩堆積学に関する懇親会. 日本地質学会News. 2016. 19. 11. 10-11
  • 柿崎喜宏. 深田研究助成と私. 公益財団法人 深田地質研究所60周年記念事業 記念小冊子. 2014. 38-28
  • 柿崎喜宏. 地震発生から2年3ヶ月後の四川大地震の震源地の様子. 日本地質学会News. 2011. 13. 10. 6-6
  • Sedimentology and Sr isotopic Ages of the Bau Limestone Formation in Northwestern Borneo, Malaysia. Earth Science Frontiers (Short papers for the 8th International Congress on the Jurassic System ). 2010. 17 Special Issue. 32-33
  • 柿崎喜宏. 第8回国際白亜系シンポジウムと巡検の参加報告. 日本地質学会News. 2010. 13. 1. 10
もっと見る
書籍 (2件):
  • Uppermost Jurassic limestone mounds and the recent tufa deposits in southern Shikoku Province
    International Sedimentological Congress 2006 Excursion guidebook B08. 13p. 2006
  • 鳥巣式石灰岩のSr同位体による堆積年代と炭素同位体層序から推定されるジュラ紀後期~白亜紀前期の古海洋循環
    平成19年度深田地質研究助成報告書 2008
講演・口頭発表等 (5件):
  • The Upper Jurassic - the Earliest Cretaceous limestones related sea-level change, Japan.
    (第17回 国際堆積学会議 2006)
  • Chemostratigraphy of Torinosu-type limestone; as palaeoceanographic records of Late Jurassic - Early Cretaceous, Panthalassa.
    (ICGP 507 第2回会合 2007)
  • Carbon isotopic stratigraphy of the Torinosu-type Limestone and its impact for palaeoceanography (Late Jurassic - earliest Cretaceous, Japan).
    (国際白亜系シンポジウム 2009)
  • Sedimentology and Sr Isotopic Ages of the Bau Limestone Formation in Northwestern Borneo, Malaysia.
    (第8回 国際ジュラ系学会 2010)
  • Carbon, oxygen, and strontium isotopic composition of methane-derived authigenic carbonates in methane seep areas, eastern margin of Japan Sea
    (アメリカ地球物理学連合大会 2016)
学歴 (3件):
  • 2000 - 2004 新潟大学 理学部 地質科学科
  • 2004 - 2006 広島大学 理学研究科 地球惑星システム学専攻 博士課程前期
  • 2006 - 2009 広島大学 理学研究科 地球惑星システム学専攻 博士課程後期
学位 (1件):
  • 理学博士 (広島大学)
経歴 (6件):
  • 2009/05 - 2009/09 九州大学 比較社会文化研究院 学術研究員
  • 2010/10 - 2010/12 スイス連邦工科大学 チューリッヒ校 客員研究員
  • 2009/10 - 2012/03 金沢大学 理工研究域 自然システム学系 博士研究員
  • 2012/04 - 2014/03 九州大学 学術研究員
  • 2017/04 - 現在 東京大学 特任研究員 (兼任)
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2017/07 - 2018/05 日本地質学会 選挙管理委員会
所属学会 (2件):
日本地球惑星科学連合 ,  日本地質学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る