研究者
J-GLOBAL ID:201101029975423179   更新日: 2020年05月21日

大秦 正揚

オオハタ マサアキ | Masaaki Ohata
所属機関・部署:
職名: 実験助手
研究分野 (5件): 植物保護科学 ,  植物保護科学 ,  多様性生物学、分類学 ,  動物生理化学、生理学、行動学 ,  生態学、環境学
研究キーワード (6件): トレードオフ ,  食草選択 ,  植食性昆虫 ,  種間相互作用 ,  生活史形質 ,  適応
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2010 - 植食性昆虫の食草選択・利用に関する生態学的研究
MISC (3件):
講演・口頭発表等 (17件):
  • キンリョウヘンの誘引成分に基づくニホンミツバチの分蜂群誘引剤の開発
    (日本環境動物昆虫学会 2013)
  • 最後のピース:植食性昆虫の食草選択に対する繁殖干渉の影響
    (個体群生態学会 2013)
  • 死体は語るか-チョウの飛翔行動を死後硬直姿勢からさぐる-
    (日本動物行動学会 2012)
  • 親の過ちがこの食物を決める:チョウの食草決定と繁殖干渉
    (日本生態学会 2012)
  • 種間競争が植食性昆虫の食草を決めている
    (日本生態学会 近畿地区会 2011)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2001 京都大学
  • - 1999 京都大学
学位 (1件):
  • 農学博士 (京都大学)
経歴 (2件):
  • 2011/09 - 現在 京都学園大学 バイオ環境学部 実験助手
  • 2011/04 - 2011/09 京都大学 生態学研究センター 教務補佐員
受賞 (1件):
  • 2011/06 - 日本生態学会 近畿地区会 日本生態学会 近畿地区会 奨励賞 種間競争が植食性昆虫の食草を決めている
所属学会 (2件):
日本動物行動学会 ,  日本生態学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る