研究者
J-GLOBAL ID:201101030792412672   更新日: 2019年12月12日

柳原伸洋

ヤナギハラノブヒロ | Yanagihara, Nobuhiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • アウクスブルク大学  客員研究員
研究分野 (2件): ヨーロッパ史・アメリカ史 ,  地域研究
研究キーワード (13件): ドイツ現代史 ,  現代史 ,  記憶文化 ,  地域研究 ,  ドイツ史 ,  ドイツ ,  東欧 ,  戦争 ,  空襲 ,  ヒストリーコミュニケーション ,  市民社会 ,  NPO ,  サブカルチャー
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2017 - 2020 戦後ドイツにおける空襲記憶の形成・継承の研究 -日独比較を通じて-
  • 2017 - 2023 【分担者】現代の戦争研究と総力戦研究とを架橋する学際的戦争社会学研究領域の構築
  • 2017 - 2021 【分担者】第一次世界大戦と民間人-「武器を持たない兵士」の出現と戦後社会への影響
  • 2015 - 2015 戦争社会学研究会大会
  • 2014 - 2017 東西ドイツにおける空襲記憶の形成(1945~1975年)
全件表示
論文 (16件):
  • 柳原伸洋. ナチ期ドイツの民間防空訓練 -「強制された自発性」の構築をめぐって-. ゲシヒテ. 2018. 17-30
  • 柳原伸洋. 戦後ドイツの歴史論争に空襲論争を位置づける -「被害者の国家」の形成-. 独語独文学研究年報. 2018. 44. 251-266
  • 柳原伸洋. ヴァイマル期ドイツの民間防空と「平和」の敗北 ー「守り」と「平和」の批判的検討に向けてー. 史論(東京女子大學讀史會). 2018. 71. 15-27
  • 柳原伸洋. ドイツの防空施設は人びとを守ったのか? 1930~40年代における「トータル」な防衛空間の可視化をめぐる諸相. 空襲通信. 2017. 19. 67-74
  • 柳原伸洋. 総力戦時代における「トータル」な防空施設 -1930年代の民間防空と防空建築-. 空襲・戦災を記録する会全国連絡会議. 2016. 81-84
もっと見る
MISC (88件):
  • 柳原伸洋. 書評『歴史修正主義とサブカルチャー』. 同時代史研究. 2019
  • 柳原伸洋. モヤっとドイツ(4)心の壁. 日独協会会誌『ブリュッケ』. 2019. 12月. 13-13
  • 柳原伸洋. 第15回 世界最大のビール祭りオクトーバーフェストと地域性. 奈良地域づくりマガジン『さとびごころ』. 2019. 39. 22-22
  • 柳原伸洋. モヤっとドイツ(3)主張する文化. 日独協会会誌『ブリュッケ』. 2019. 11
  • 柳原伸洋. 開戦八〇年とドイツ -パブリックヒストリー研究の視点から. 歴史地理教育. 2019. 899. 9月
もっと見る
書籍 (31件):
  • 第二帝国
  • 【記事投稿】<市民講座 いまに問う> ヒバクシャと戦後補償
    凱風社 2006 ISBN:4773631015
  • 【協力】ジャガイモの世界史-歴史を動かした「貧者のパン」 (中公新書)
    中央公論新社 2008 ISBN:412101930X
  • 【単著】ニセドイツ〈1〉 ≒東ドイツ製工業品 (共産趣味インターナショナル VOL 2)
    社会評論社 2009 ISBN:4784511121
  • 【単著】ニセドイツ〈2〉≒東ドイツ製生活用品 (共産趣味インターナショナル VOL 3)
    社会評論社 2009 ISBN:478451113X
もっと見る
講演・口頭発表等 (72件):
  • 「空爆の『脅威』とドイツ民間防空団体 ヴァイマル期を中心に」
    (西洋史学会 大会 2006)
  • ドレスデンと東京・重慶を結ぶもの
    (グローバルヒバクシャ研究会 2006)
  • ヴァイマル期ドイツの民間防空と国民ガスマスク
    (現代史研究会 2007)
  • Luftschutzgedanke in Deutschland und Japan(日独の防空思想)
    (Gesellschaft ohne Frieden. Kriegserfahrungen und Disziplinierungsregime in Europa und Nordamerika 1924-1929(ドイツ学術協会並びにフォルクスワーゲン研究者育成基金によるシンポジウム) 2008)
  • ドイツの空襲論争
    (平和学会 大会 2008)
もっと見る
Works (1件):
  • 展示「空襲を伝えるドイツの都市(まち) ドレスデン・ベルリン・ハンブルク」
    柳原伸洋 2013 - 2013
学位 (1件):
  • 修士(学術)
経歴 (15件):
  • 1997/04 - 2002/09 北海道大学文学部 学部生
  • 2002/09 - 2003/03 東京大学教養学部 研究生
  • 2003/04 - 2005/03 東京大学大学院総合文化研究科 修士課程
  • 2006/02 - 2006/05 独立行政法人国立公文書館 統括公文書専門室調査員
  • 2005/08 - 2006/07 NHK国際放送部 ドイツ語ニュース アシスタント・ディレクター
全件表示
委員歴 (13件):
  • 2017/06 - 2019/06 歴史学研究会 委員
  • 2017/04 - 2019/06 平和学会 編集委員
  • 2016/08 - 現在 空襲・戦災を記録する会 運営幹事
  • 2014/04 - 2019/04 戦争社会学研究会 運営委員
  • 2014/03 - 現在 コンテンツ文化史学会 運営委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2019/10 - 東京女子大学 エクセレント・ファカルティ
所属学会 (7件):
歴史学研究会 ,  平和学会 ,  日本西洋史学会 ,  コンテンツ文化史学会 ,  戦争社会学研究会 ,  現代史研究会 ,  西洋近現代史研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る