研究者
J-GLOBAL ID:201101030816494624   更新日: 2020年11月04日

岡田 洋平

オカダ ヨウヘイ | Okada Yohei
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (4件): 神経科学一般 ,  神経内科学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般
研究キーワード (11件): 筋萎縮性側索硬化症 ,  球脊髄性筋萎縮症 ,  運動ニューロン疾患 ,  神経変性疾患 ,  疾患特異的iPS細胞 ,  iPS細胞 ,  ES細胞 ,  神経科学 ,  移植・再生医療 ,  胚性幹細胞 ,  脳神経疾患
競争的資金等の研究課題 (19件):
  • 2020 - 2024 MYRF遺伝子を起点とした発熱時言動異常の病態解明
  • 2020 - 2023 神経・筋相互作用を標的とした運動神経疾患の病態解明と治療開発
  • 2019 - 2022 疾患iPS細胞を活用した液性因子による運動ニューロン疾患の早期病態解明
  • 2019 - 2022 疾患iPS細胞を用いた球脊髄性筋萎縮症の骨格筋病態の解明
  • 2018 - 2021 分散型制御による麻痺治療を実現するサイバネティクス技術開発
全件表示
論文 (104件):
  • Takunori Nagashima, Stacy Hadiwidjaja, Saki Ohsumi, Akari Murata, Takumi Hisada, Ryuji Kato, Yohei Okada, Hiroyuki Honda, Kazunori Shimizu. In Vitro Model of Human Skeletal Muscle Tissues with Contractility Fabricated by Immortalized Human Myogenic Cells. Advanced biosystems. 2020. e2000121
  • Ryoichi Nakamura, Kazuharu Misawa, Genki Tohnai, Masahiro Nakatochi, Sho Furuhashi, Naoki Atsuta, Naoki Hayashi, Daichi Yokoi, Hazuki Watanabe, Hirohisa Watanabe, et al. A multi-ethnic meta-analysis identifies novel genes, including ACSL5, associated with amyotrophic lateral sclerosis. Communications biology. 2020. 3. 1. 526-526
  • Kazunari Onodera, Daisuke Shimojo, Yasuharu Ishihara, Masato Yano, Fuyuki Miya, Haruhiko Banno, Naoko Kuzumaki, Takuji Ito, Rina Okada, Bruno de Araújo Herculano, et al. Unveiling synapse pathology in spinal bulbar muscular atrophy by genome-wide transcriptome analysis of purified motor neurons derived from disease specific iPSCs. Molecular brain. 2020. 13. 1. 18-18
  • Rina Okada, Kazunari Onodera, Takuji Ito, Manabu Doyu, Hirotaka James Okano, Yohei Okada. Modulation of oxygen tension, acidosis, and cell density is crucial for neural differentiation of human induced pluripotent stem cells. Neuroscience research. 2020
  • Toshinori Hyodo, Md Lutfur Rahman, Sivasundaram Karnan, Takuji Ito, Atsushi Toyoda, Akinobu Ota, Md Wahiduzzaman, Shinobu Tsuzuki, Yohei Okada, Yoshitaka Hosokawa, et al. Tandem Paired Nicking Promotes Precise Genome Editing with Scarce Interference by p53. Cell reports. 2020. 30. 4. 1195-1207
もっと見る
MISC (63件):
  • 岡田 洋平. 【神経疾患の現在とこれから】研究の最前線 疾患特異的iPS細胞を用いた神経変性疾患の病態解析と新規治療法開発. 内科. 2019. 123. 6. 1315-1319
  • 新海 宏明, 丹羽 智史, 佐伯 将臣, 平田 仁, 岡田 洋平. 整形トピックス ES細胞由来運動神経細胞移植による末梢神経の運動機能再建. 整形外科. 2018. 69. 13. 1322-1322
  • 田中 智史, 今釜 史郎, 石黒 直樹, 岡田 洋平. 整形トピックス ゲノム編集を用いた神経変性疾患の病態解明と治療法開発. 整形外科. 2018. 69. 9. 922-922
  • 岡田洋平, 祖父江元. 疾患特異的iPS細胞を用いた神経変性疾患の病態解析・創薬研究. Clinical Neuroscience. 2018. 36. 3. 328-332
  • 岡田 梨奈, 李 家い, 小野寺 一成, 伊藤 卓治, 勝野 雅央, 祖父江 元, 岡野 栄之, 道勇 学, 岡野 ジェイムズ洋尚, 岡田 洋平. 低酸素がヒトiPS細胞由来神経系前駆細胞の分化成熟に与える影響. 生命科学系学会合同年次大会. 2017. 2017年度. [2P-1147]
もっと見る
特許 (2件):
  • ヒト分化細胞由来多能性幹細胞に由来する胚様体及び/又は神経幹細胞の培養方法
  • 人工多能性幹細胞のクローン選択方法
講演・口頭発表等 (53件):
  • iPS細胞を用いた神経疾患研究
    (SBMAの会 第8回医療セミナー 2019)
  • iPS細胞を用いた神経疾患研究
    (第66回 脳の医学生物学研究会 2019)
  • 末梢神経損傷におけるヒトiPS細胞由来運動神経前駆細胞を用いた運動機能再建
    (2018年度生理学研究所研究会「神経発達・再生研究会」 2018)
  • 末梢神経障害に対するヒトiPS細胞を用いた運動機能再建
    (第73回日本体力医学会大会「第35回筋肉の会」「第3回身体運動制御の会」ジョイントミーティング 2018)
  • Controversy3 PDの病態はiPS細胞で再現できるか - Yes -
    (第12回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2000 - 2004 名古屋大学大学院
  • 1991 - 1997 名古屋大学 医学科
経歴 (6件):
  • 2013/10 - 現在 愛知医科大学医学部 内科学講座(神経内科) 准教授
  • 2008/10 - 2013/09 慶應義塾大学医学部 特別研究講師・特任講師
  • 2006/04 - 2008/09 慶應義塾大学医学部 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2004/01 - 2006/03 慶應義塾大学医学部 生理学教室 特別研究助手
  • 1999/04 - 2000/03 名古屋第一赤十字病院 神経内科
全件表示
受賞 (6件):
  • 2018 - 愛知県特定疾患研究協議会 難病研究者表彰
  • 2014 - 上原記念生命科学財団 研究助成
  • 2014 - 武田科学振興財団 医学系研究奨励
  • 2013 - 持田記念医学薬学振興財団 持田記念研究助成
  • 2009 - かなえ医薬振興財団 研究助成
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る