研究者
J-GLOBAL ID:201101031348317678   更新日: 2020年08月27日

大谷 尚之

オオタニ ナオユキ | Otani Naoyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 商学
研究キーワード (3件): コンテンツ ,  マーケティング ,  地域資源
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2018 - 2021 アニメコンテンツをめぐる製作者・地域・ファンの関係の持続性に関する総合的研究
論文 (16件):
  • 大谷尚之. 地域ブランディングの視座からみた「餃子のまち」宇都宮. 日本都市学会年報. 2020. 53. 197-206
  • 大谷 尚之. 東日本大震災後の宮城県に対する応援消費と自治体アンテナショップの可能性に関する一考察. 東北都市学会研究年報. 2018. 17・18号. 1-14
  • 大谷 尚之. アニメコンテンツをめぐる製作者・ファン・地域の関係構築に関する一考察-茨城県大洗町を事例として-. 日本都市学会年報. 2017. 50. 125-134
  • 大谷 尚之. アニメ作品を活用した地域振興における作品関連の取り組みの受容-埼玉県鷲宮を事例として-. 日本都市学会年報. 2013. 46. 87-96
  • 大谷 尚之. B級ご当地グルメを活用したまちおこしの展開と課題-静岡県裾野市における「すその水ギョーザ」の開発と供給体制の構築を事例として-. 東北都市学会研究年報. 2012. 11/12. 27-42
もっと見る
MISC (9件):
  • 大谷尚之. イベントを通じた地域資源の創造と経営資源の調達-仲間を集める新たな活性化モデルへの期待-. 地域づくり. 2020. 374. 2-5
  • 大谷尚之. 食がつくる地域のイメージ. 宮城社交飲食新聞. 2020. 489. 1-1
  • 大谷尚之. アニメコンテンツが拓く地域の可能性. 舞たうん. 2019. 42. 1-5
  • 大谷尚之. 顧客望む価値探れ. 日本農業新聞. 2017. 2017年1月3日. 16-16
  • 大谷尚之. 新たな視点で地域の新たな価値を発見 思い切った発想の転換で地域資源を活かす. 愛媛大学「研究室からこんにちは!」. 2014. 8. 182-197
もっと見る
書籍 (5件):
  • 共生の思想と作法: 共によりよく生き続けるために (龍谷大学社会科学研究所叢書)
    法律文化社 2020 ISBN:4589040573
  • コンテンツが拓く地域の可能性 -コンテンツ製作者・地域社会・ファンの三方良しをかなえるアニメ聖地巡礼-
    同文舘出版 2018 ISBN:449539021X
  • 福島 農からの日本再生: 内発的地域づくりの展開 (シリーズ地域の再生)
    農山漁村文化協会 2014 ISBN:4540132075
  • 協働体主義-中間組織が開くオルタナティブ (慶應義塾大学東アジア研究所叢書)
    慶應義塾大学出版会 2009 ISBN:4766416864
  • 産地組織のマネジメント-「コミュニティ」と「リーダー」が創り出す新たな地域農業
    東北大学出版会 2009 ISBN:486163122X
学歴 (3件):
  • 1999 - 2002 東北大学大学院 資源環境経済学専攻
  • 1997 - 1999 東北大学大学院 農学専攻
  • 1993 - 1997 慶應義塾大学
学位 (1件):
  • 博士(経営学) (東北大学)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 宮城学院女子大学 現代ビジネス学部 教授
  • 2016/04 - 2020/03 愛媛大学 社会共創学部 准教授
  • 2011/04 - 2016/03 愛媛大学 法文学部 准教授
  • 2007/04 - 2011/03 宇都宮大学 農学部 助教
  • 2006/06 - 2007/03 宇都宮大学 農学部 助手
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る