研究者
J-GLOBAL ID:201101032470927343   更新日: 2020年08月28日

末次 正知

スエツギ マサトモ | Suetsugi Masatomo
所属機関・部署:
職名: 大学院担当講師
研究分野 (1件): 精神神経科学
研究キーワード (2件): 精神神経科学 ,  Neuropsychiatry
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 1.Fmtheta の出現機構および臨床評価応用のための研究 2.Estrogen-related receptors の向精神薬の主作用・副作用への関与に関する研究 3.一酸化窒素の統合失調症に及ぼす影響に関する研究
  • 1.統合失調症における一酸化窒素および関連遺伝子の多型研究 2.estrogen-related receptors を介した抗うつ効果の研究。 3.Fm theta の出現機構の研究。
  • 1.神経可塑性の研究 2.睡眠覚醒障害の研究
  • ケタミンによるせん妄モデルラットに及ぼすドパミン系薬物の影響に関する研究
  • 不安に関する精神生理学的,精神薬理学的研究
全件表示
MISC (52件):
講演・口頭発表等 (6件):
  • 統合失調症患者における血清一酸化窒素代謝産物と脳波 gamma 帯域の活動
    (代38回日本臨床神経生理学会学術学会 2008)
  • Fmθと睡眠紡錘波に及ぼす向精神薬の影響
    (大1回日本薬物脳波学会学術集会ーシンポジウムI 2008)
  • Attention-demanding task induced theta oscillation (Fmθ) is a good predict marker for schizophrenic patients.
    (American Psychiatric Association Annual Meeting 2008 2008)
  • 統合失調症の生物学的指標としての Fmtheta
    (第37回日本臨床生理学会抄録集 2007)
  • 睡眠紡錘波との関係からみたFmの出現機構-ヒト脳深部脳波活動の測定-
    (第29回日本生物学的医学会抄録集 2007)
もっと見る
Works (1件):
  • ドパミン刺激薬の長期投与後に生ずる抑制性行動に関する研究(研究課題一般C 09670991)平成9年度科学研究費補助金実績報告書
    1997 -
学歴 (4件):
  • - 1992 山口大学 神経精神医学
  • - 1992 山口大学
  • - 1988 山口大学 医学科
  • - 1988 山口大学
学位 (1件):
  • 博士(医学)
経歴 (5件):
  • 2010 - - 山口大学医学部附属病院精神科神経科精神科神経科医学部附属病院精神科神経科精神科神経科 大学院担当講師
  • 2010 - 山口大学医学部附属病院精神科神経科精神科神経科医学部附属病院精神科神経科精神科神経科 大学院担当講師
  • 2010 - - Lecturer,Neuropsychiatry,Neuropsychiatry,University Hospital,YAMAGUCHI UNIVERSITY
  • 助手
  • Research Associate
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る