研究者
J-GLOBAL ID:201101032636239149   更新日: 2021年08月06日

渡部 聡

ワタナベ サトシ | Watanabe Satoshi
所属機関・部署:
職名: 上級研究員
研究分野 (1件): 細胞生物学
研究キーワード (3件): 遺伝子改変 ,  シグナル伝達 ,  糖鎖生物学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2020 - 2023 アデノ随伴ウイルスベクターを用いた抗病性ブタの効率的作出法の開発
  • 2014 - 2015 ブタ脂肪前駆細胞におけるゲノム編集を用いた細胞分化制御メカニズムの解析
  • 2010 - 2012 Sez12ノックアウトマウスで認められた顎形態異常の分子機序に関する研究
論文 (42件):
  • Shingo Nakamura, Naoko Ando, Satoshi Watanabe, Eri Akasaka, Masayuki Ishihara, Masahiro Sato. Hydrodynamics-Based Transplacental Delivery as a Useful Noninvasive Tool for Manipulating Fetal Genome. Cells. 2020. 9. 7
  • Masahiro Sato, Emi Inada, Issei Saitoh, Satoshi Watanabe, Shingo Nakamura. piggyBac-Based Non-Viral In Vivo Gene Delivery Useful for Production of Genetically Modified Animals and Organs. Pharmaceutics. 2020. 12. 3
  • Shingo Nakamura, Satoshi Watanabe, Naoko Ando, Masayuki Ishihara, Masahiro Sato. Transplacental Gene Delivery (TPGD) as a Noninvasive Tool for Fetal Gene Manipulation in Mice. International journal of molecular sciences. 2019. 20. 23
  • Masahiro Sato, Emi Inada, Issei Saitoh, Shingo Nakamura, Satoshi Watanabe. In Vivo Piggybac-Based Gene Delivery towards Murine Pancreatic Parenchyma Confers Sustained Expression of Gene of Interest. International journal of molecular sciences. 2019. 20. 13
  • Masahiro Sato, Issei Saitoh, Emi Inada, Shingo Nakamura, Satoshi Watanabe. Potential for Isolation of Immortalized Hepatocyte Cell Lines by Liver-Directed In Vivo Gene Delivery of Transposons in Mice. Stem cells international. 2019. 2019. 5129526-5129526
もっと見る
MISC (17件):
  • 佐藤正宏, 渡部聡, 大塚正人. 医用ブタにおける遺伝子組換え動物作製の実際とその可能性について. 日本実験動物技術者協会総会講演要旨集. 2016. 50th. 59
  • 佐藤 正宏, 前田 昂亮, 郡山 実優, 稲田 絵美, 齋藤 一誠, 大塚 正人, 中村 伸吾, 桜井 敬之, 渡部 聡, 三好 和睦. piggyBac遺伝子導入系により複数遺伝子が同時導入されたブタ細胞は核移植後のクローン胚の発生を保証する. The Journal of Reproduction and Development. 2016. 62. Suppl. j139-j139
  • 佐藤正宏, 稲田絵美, 齋藤一誠, 三浦浩美, 大塚正人, 中村伸吾, 桜井敬之, 渡部聡. マウスすい臓内へのpiggyBac系を介した直接生体内遺伝子導入は外来遺伝子の長期発現を可能とする. 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web). 2016. 39th. ROMBUNNO.2P-0845 (WEB ONLY)
  • 渡部聡, 中村伸吾, 桜井敬之, 大塚正人, 佐藤正宏. piggyBacベクターシステムとin vivo gene transferを用いた新たな肝細胞株樹立の試み. 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web). 2016. 39th. ROMBUNNO.2P-0839 (WEB ONLY)
  • M. Sato, A. Kagoshima, I. Saitoh, E. Inada, K. Miyoshi, M. Ohtsuka, S. Nakamura, T. Sakurai, S. Watanabe. Generation of α-1,3-Galactosyltransferase-Deficient Porcine Embryonic Fibroblasts by CRISPR/Cas9-Mediated Knock-in of a Small Mutated Sequence and a Targeted Toxin-Based Selection System. Reproduction in Domestic Animals. 2015. 50. 5. 872-880
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(学術) (総合研究大学院大学)
経歴 (1件):
  • 2001/04 - 独立行政法人農業生物資源研究所 研究員
所属学会 (2件):
日本癌学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る