研究者
J-GLOBAL ID:201101033614192854   更新日: 2020年10月06日

後藤 由季子

ゴトウ ユキコ | Gotoh Yukiko
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/70252525
研究分野 (8件): 細胞生物学 ,  神経科学一般 ,  ゲノム生物学 ,  発生生物学 ,  細胞生物学 ,  システムゲノム科学 ,  ゲノム生物学 ,  神経科学一般
研究キーワード (35件): 神経幹細胞 ,  アポトーシス ,  MAPキナーゼ ,  細胞運動 ,  カスペース ,  ニューロン ,  がん遺伝子 ,  神経細胞 ,  PI3キナーゼ ,  細胞生存 ,  細胞死 ,  細胞極性 ,  上皮間葉転換 ,  Scratch ,  増殖因子 ,  ニューロンサブタイプ ,  包括脳ネットワーク」 ,  JNK ,  MST1 ,  MAPKK ,  p38 ,  Bax ,  PDK1 ,  Mdm2 ,  SEKI ,  XMEK2 ,  Ras ,  MST ,  Cdc42 ,  Rho ,  actin, ,  増殖シグナル伝達 ,  PAK ,  AKT ,  生存シグナル
競争的資金等の研究課題 (21件):
  • 2019 - 2025 胎児における神経幹細胞の制御はいかにして生後脳の発達と自閉症様行動に影響するか
  • 2016 - 2021 神経幹細胞の発生タイマー実行因子の解析
  • 2015 - 2020 神経幹細胞の分化運命を決める統合的メカニズムの解明
  • 2014 - 2020 環境適応・ストレス応答の生体恒常性を司る神経幹細胞の制御と破綻
  • 2015 - 2017 神経幹細胞の発生時期特異的な運命決定機構の解明
全件表示
論文 (161件):
  • Naohiro Kuwayama, Yusuke Kishi, Yurie Maeda, Yurie Nishiumi, Yutaka Suzuki, Haruhiko Koseki, Yusuke Hirabayashi, Yukiko Gotoh. In utero gene transfer system for embryos before neural tube closure reveals a role for Hmga2 in the onset of neurogenesis. bioRxiv. 2020
  • Imaizumi, Y., Furutachi, S., Watanabe, T., Miya, H., Kawaguchi, D., Gotoh, Y. Role of the imprinted allele of the Cdkn1c gene in mouse neocortical development. Sci. Rep. 2020. 10. 1884-1884
  • Masafumi Tsuboi, Yukiko Gotoh. Endfoot regrowth for neural stem cell renewal. Nature cell biology. 2020. 22. 1. 3-5
  • Masafumi Tsuboi, Yusuke Hirabayashi, Yukiko Gotoh. Diverse gene regulatory mechanisms mediated by Polycomb group proteins during neural development. Current opinion in neurobiology. 2019. 59. 164-173
  • Hiroshi Sakai, Yuki Fujii, Naohiro Kuwayama, Keita Kawaji, Yukiko Gotoh, Yusuke Kishi. Plag1 regulates neuronal gene expression and neuronal differentiation of neocortical neural progenitor cells. Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms. 2019. 24. 10. 650-666
もっと見る
MISC (44件):
  • 原田雄仁, 方凌艶. 神経幹細胞の形成・維持メカニズム. Annual Review 神経2019. 2019. 41-48
  • 後藤昂弘, 表伯俊, 川口大地. 大脳皮質神経系前駆細胞(放射状グリア)とアストロサイトの多様性. 実験医学. 2019
  • Tomohiko Okazaki. ASK family in infection and inflammatory disease. Advances in Biological Regulation. 2017. 66. 37-45
  • 湯泉直也, 原田雄仁. 成体神経幹細胞の形成・維持メカニズム. BRAIN and NERVE-神経研究の進歩. 2017. 69. 9. 1027-1034
  • 青山幸恵子, 後藤由季子, 岡崎朋彦. ウイルス感染に対するI型インターフェロン産生と細胞死誘導の使い分け機構の解析 (特集 ウイルスに対する免疫反応). 臨床免疫・アレルギー科. 2017. 68. 57-63
もっと見る
講演・口頭発表等 (361件):
  • Epigenetic regulation of neural stem-progenitor cell fate in the developing mouse neocortex
    (2nd Neuroepigenetics & Neuroepitranscriptomics’ Conference 2020)
  • A division of labour for the type i interferon and apoptosis induction after viral infection
    (AMED International Symposium 2020)
  • Identification of immune cells protecting from lethal viral infection in the central nervous system
    (AMED International Symposium 2020)
  • First line defense mechanisms against viral infection
    (AMED International Symposium 2020)
  • Mechanistic links between cell cycle arrest and postnatal/adult neural stem cells at the mouse subventricular zone
    (German-Japanese Developmental Neuroscience Meeting 2020 2020)
もっと見る
経歴 (3件):
  • 2013/10 - 東京大学 大学院薬学系研究科 教授
  • 2005/04 - 2013/09 東京大学 分子細胞生物学研究所 教授
  • 1999/03 - 2005/03 東京大学 分子細胞生物学研究所 助教授
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る