研究者
J-GLOBAL ID:201101035903985377   更新日: 2020年05月31日

沖田 泰良

オキタタ イラ | Okita Taira
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.n.t.u-tokyo.ac.jp/sekimura/okita/index.html
研究分野 (3件): 原子力工学 ,  環境材料、リサイクル技術 ,  環境負荷低減技術、保全修復技術
研究キーワード (8件): 非破壊検査 ,  ナノ組織観察 ,  計算機シミュレーション ,  原子力材料 ,  non-destructive evaluation ,  nano-scale observation ,  Computer simulations ,  Nuclear Materials
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • データベースと物理モデル統合による材料劣化挙動解明に関する研究
  • マルチスケールモデリングによる極限環境下材料挙動予測に関する研究
  • 弾性論と分子シミュレーション統合による結晶欠陥と転位の相互作用に関する研究
  • 結晶性材料の線量率効果に関する研究
  • 材質変化検出のための非破壊検査技術開発
全件表示
MISC (60件):
  • F.A. Garner, T. Okita, N. Sekimura. Swelling of pure vanadium and V-5Cr at 430 ̊C in response to variation in neutron flux-spectra in FFTF. Journal of Nuclear Materials. 2011. 417. 1-3. 314-318
  • M. Sagisaka, Y. Isobe, F. A. Garner, S. Fujita, T. Okita. Development of nondestructive inspection techniques for measurement of void swelling in irradiated microscopy disks. JOURNAL OF NUCLEAR MATERIALS. 2011. 417. 1-3. 992-995
  • T. Okita, N. Sekimura, F. A. Garner. Effects of dpa rate on swelling in neutron-irradiated Fe-Cr and Fe-Cr-Mo alloys. JOURNAL OF NUCLEAR MATERIALS. 2011. 417. 1-3. 944-948
  • F. A. Garner, T. Okita, N. Sekimura. Swelling of pure vanadium and V-5Cr at similar to 430 degrees C in response to variations in neutron flux-spectra in FFTF. JOURNAL OF NUCLEAR MATERIALS. 2011. 417. 1-3. 314-318
  • M. Sagisaka, Y. Isobe, F. A. Garner, S. Fujita, T. Okita. Development of nondestructive inspection techniques for measurement of void swelling in irradiated microscopy disks. JOURNAL OF NUCLEAR MATERIALS. 2011. 417. 1-3. 992-995
もっと見る
講演・口頭発表等 (116件):
  • Development for a non-destructive evaluation method detecting irradiation-induced microstructure change
    (the 5th Annual Asia-Pacific Nuclear Energy Forum on Materials for Nuclear Applications 2011)
  • Research at the University of Tokyo
    (PSU-UT knowledge sharing for the latest achievements 2011)
  • Our possible collaboration by utilizing the surveillance test specimens for RPV steels
    (Initiative of collaboration for Westinghouse-NFI-the University of Tokyo 2011)
  • Development for a non-destructive evaluation method detecting irradiation-induced microstructure change
    (the 5th Annual Asia-Pacific Nuclear Energy Forum on Materials for Nuclear Applications 2011)
  • Research at the University of Tokyo
    (PSU-UT knowledge sharing for the latest achievements 2011)
もっと見る
学歴 (6件):
  • - 2002 東京大学 システム量子工学科
  • - 2002 東京大学
  • - 1999 東京大学 システム量子工学専攻
  • - 1999 東京大学
  • - 1997 東京大学 システム量子工学科
全件表示
学位 (1件):
  • 工学博士 (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2011/04 - -:東京大学人工物工学研究センター准教授
  • 2008/04 - 2011/03 :東京大学大学院工学系研究科原子力国際専攻准教授
  • 2007/04 - 2008/03 :東京大学大学院工学系研究科システム量子工学科准教授
  • 2005/03 - 2007/03 :東京大学大学院工学系研究科システム量子工学科助手
  • 2004/11 - 2005/03 :東京大学大学院工学系研究科システム量子工学科Research fellow
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2009 - 2011 日本原子力学会 プログラム編集委員、枠組み編集委員、関東甲越地区教育委員
  • 2009 - 2011 日本原子力学会 プログラム編集委員、枠組み編集委員、関東甲越地区教育委員
  • 2009 - 日本保全学会 学術講演会幹事、状態把握新技術適用性分科会副主査、編集委員
  • 2009 - 日本保全学会 学術講演会幹事、状態把握新技術適用性分科会副主査、編集委員
所属学会 (4件):
日本保全学会 ,  日本原子力学会 ,  日本保全学会 ,  日本原子力学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る