研究者
J-GLOBAL ID:201101039676293540   更新日: 2020年08月31日

小松 悟

コマツ サトル | Komatsu Satoru
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://www.hss.nagasaki-u.ac.jp/http://www.hss.nagasaki-u.ac.jp/
研究分野 (3件): 経済政策 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  環境影響評価
研究キーワード (8件): 国際開発 ,  都市化 ,  農村電化 ,  太陽光発電 ,  国際協力 ,  気候変動 ,  エネルギー経済学 ,  環境経済学
競争的資金等の研究課題 (19件):
  • 2019 - 2025 費用対効果の高い保健医療管理情報システム改善策:ネパールにおける超学際研究の 試み
  • 2019 - 2024 高負荷環境汚染問題に対処する持続可能な地域イノベーションの共創
  • 2019 - 2024 太陽光発電を利用した分散型農村電化事業の将来: バングラデシュ農村部を事例として
  • 2016 - 2019 インドネシアの金鉱山地域における水銀汚染リスクの低減に関する超学際的研究
  • 2014 - 2019 長期観察データの整備を通じた太陽光発電を利用した農村電化事業の評価
全件表示
論文 (25件):
  • 山崎陽子, 伊藤高弘, 伊藤豊, 金子慎治, 小松悟. ネパール丘陵・山岳地帯における利他性と社会的距離. 国民経済雑誌. 2020. 221. 2. 85-99
  • Satoru Komatsu, Katsuya Tanaka, Masayuki Sakakibara, Yayu Indriati Arifin, Sri Manovita Pateda, Intan Noviantari Manyoe. Sociodemographic Attributes and Dependency on Artisanal and Small-scale Gold Mining: the Case of Rural Gorontalo, Indonesia. IOP Conference Series: Earth and Environmental Science. 2019
  • 小松 悟. SDGs 時代における発展途上国の母子保健課題を考える. 多文化社会研究. 2019. 5. 385-400
  • Kurumi Hirooka, Satoru Komatsu. Determinants of Voting Behaviors in the UK’s EU Referendum. 多文化社会研究. 2019. 5. 95-110
  • Ram P. Dhital, Takahiro Ito, Shinji Kaneko, Satoru Komatsu, Yuichiro Yoshida. Household Access to Water and Education for Girls: The Case of Mountain Villages in Nepal. Hiroshima University Graduate School for International Development and Cooperation, Development Policy Discussion Paper Series. 2018. 7. 5. 1-29
もっと見る
MISC (4件):
  • Yutaka Ito, Ram Dhital, Daisaku Goto, Masaru Ichihashi, Takahiro Ito, Keisuke Kawata, Satoru Komatsu, Yuki Yamamoto, Yuichiro Yoshida, Shinji Kaneko. Social Factors Determining the Physical Design Performances of the Solar Water Pumping Systems in Rural Nepal. IDEC Discussion Paper Series. 2014. 3
  • 藤井秀道, 馬奈木俊介, 金子慎治, 西谷公孝, 小松悟. 環境規制に伴う機会費用評価分析-VOC排出に着目した国内製造業7業種の比較研究-. 環境システム研究論文発表会講演集. 2011. 39th. 93-98
  • 金子慎治, 小松悟, 西谷公孝, 藤井秀道. エコ商品の購買行動に関する研究. 土木計画学研究・講演集(CD-ROM). 2011. 43. ROMBUNNO.40
  • 豊田知世, 小松悟, 金子慎治. インフラ円借款の温室効果ガス削減効果 -石炭火力発電所を事例とした一考察-. 第21回国際開発学会全国大会報告論文集. 2010. 337-340
書籍 (6件):
  • 国際開発学事典
    丸善出版 2018 ISBN:4621303406
  • 市民生活行動学
    土木計画学研究委員会 2015 ISBN:9784810608502
  • エネルギー経済学
    2014
  • Climate Change Mitigation and International Development Cooperation
    Routledge 2012
  • アジアの都市と水環境
    古今書院 2011 ISBN:9784772220132
もっと見る
講演・口頭発表等 (42件):
  • Effect of Grid-based Electrification on the Solar Electrified Rural Villages: Case Study of Bangladesh
    (環境経済政策学会2019年大会 2019)
  • Household Attributes and Dependency on Artisanal and Small-scale Gold Mining of Villagers in Rural Gorontalo
    (3rd International Conference of Transdisciplinary Research on Environmental Problems in Southeast Asia 2018)
  • Social capital and job opportunities for improving livelihoods: Case of rural villages of Gorontalo
    (International Conference on Transdisciprinary Approach Research 2017)
  • 分散型太陽光発電設備の利用世帯におけるグリッド型電化整備の導入の影響:バングラデシュ農村部を事例として
    (環境経済・政策学会2016年大会 2016)
  • Implications of Living Urban Slum on Residential Energy Consumption: The Case Study in Dhaka
    (第25回国際開発学会全国大会 2014)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2006 - 2009 広島大学 国際協力研究科 開発科学専攻
学位 (1件):
  • 博士(学術) (広島大学)
経歴 (8件):
  • 2016/04 - 現在 人間文化研究機構総合地球環境学研究所 共同研究員
  • 2015/04 - 現在 長崎大学 准教授(兼務)
  • 2014/04 - 現在 長崎大学 准教授
  • 2014/01 - 2014/03 広島大学 特任准教授
  • 2013/05 - 2013/12 広島大学 研究員
全件表示
所属学会 (1件):
環境経済・政策学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る