研究者
J-GLOBAL ID:201101040367377222   更新日: 2020年09月01日

菅原 春菜

Sugahara Haruna
所属機関・部署:
職名: 特任助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (2件): 分析化学 ,  宇宙惑星科学
研究キーワード (20件): ガスクロマトグラフィー ,  火星 ,  地球外生命 ,  太陽系探査 ,  生命の起源 ,  ホモキラリティー ,  彗星 ,  隕石 ,  地球外物質 ,  星間氷 ,  有機化学分析 ,  同位体比 ,  光学分割分析 ,  太古代 ,  超高圧 ,  衝撃実験 ,  アンモニア ,  糖 ,  アミン ,  アミノ酸
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2020 - 2022 光化学反応による有機硫黄化合物の分子進化と同位体的進化
  • 2020 - 2021 火星アナログ炭酸塩を用いたバイオシグネチャー 探索法の開発
  • 2019 - 2020 地球外有機物の地上分析および探査天体上での「その場」分析に向けた有機化学分析法の開発
  • 2017 - 2019 円偏光と彗星内水質変成作用によるアミノ酸・糖の不斉の形成と増幅プロセスの解明
  • 2016 - 2017 アンモニアの表面吸着反応からアプローチする彗星の異常な窒素同位体比の謎
全件表示
論文 (13件):
  • Mizuho Koike, Ryoichi Nakada, Iori Kajitani, Tomohiro Usui, Yusuke Tamenori, Haruna Sugahara, Atsuko Kobayashi. In-situ preservation of nitrogen-bearing organics in Noachian Martian carbonates. Nature Communications. 2020. 11. 1988
  • Tomohiro Usui, Ken-ichi Bajo, Wataru Fujiya, Yoshihiro Furukawa, Mizuho Koike, Yayoi N. Miura, Haruna Sugahara, Shogo Tachibana, Yoshinori Takano, Kiyoshi Kuramoto. The Importance of Phobos Sample Return for Understanding the Mars-Moon System. Space Science Reviews. 2020. 216. 49
  • Adrien D. Garcia, Cornelia Meinert, Haruna Sugahara, Nykola C. Jones, Søren V. Hoffmann, Uwe J. Meierhenrich. The Astrophysical Formation of Asymmetric Molecules and the Emergence of a Chiral Bias. Life. 2019. 9. 29
  • Haruna Sugahara, Yoshinori Takano, Shogo Tachibana, Iyo Sugawara, Yoshito Chikaraishi, Nanako O. Ogawa, Naohiko Ohkouchi, Akira Kouchi, Hisayoshi Yurimoto. Molecular and isotopic compositions of nitrogen-containing organic molecules formed during UV-irradiation of simulated interstellar ice. Geochemical Journal. 2019. 53. 1. 5-20
  • Haruna Sugahara, Yoshinori Takano, Yuzuru Karouji, Kazuya Kumagai, Toru Yada, Naohiko Ohkouchi, Masanao Abe, Hayabusa2 project team. Amino acids on witness coupons collected from the ISAS/JAXA curation facility for the assessment and quality control of the Hayabusa2 sampling procedure. Earth, Planets and Space. 2018. 70. 194
もっと見る
MISC (1件):
  • Tomohiro Usui, Ken-ichi Bajo, Wataru Fujiya, Yoshihiro Furukawa, Mizuho Koike, Yayoi N. Miura, Haruna Sugahara, Shogo Tachibana, Yoshinori Takano, Kiyoshi Kuramoto. The Importance of Phobos Sample Return for Understanding the Mars-Moon System. SPACE SCIENCE REVIEWS. 2020. 216. 4
講演・口頭発表等 (21件):
  • Examination of analytical accuracy of GC/IRMS: Nitrogen isotopic composition of 15N-enriched amino acids
    (Japan Geoscience Union-American Geophyisical Union (JpGU-AGU) Joint Meeting 2020 2020)
  • Chirality of Amino Acids in the Solar System: Perspective for Space Missions
    (The 4th International Conference of D-Amino Acid Research 2019)
  • 太陽系におけるアミノ酸のキラリティーの解明に向けて
    (第 37 回有機地球化学シンポジウム 2019)
  • 宇宙における生命前駆物質の分子進化と地球外物質による初期地球への供給
    (生命の起源および進化 アストロバイオロジー 夏の学校2019 2019)
  • Amino acids on witness coupons collected from the ISAS/JAXA curation facility for the assessment and quality control of the Hayabusa2 sampling procedure
    (日本地球惑星科学連合2019年大会 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2010 - 2014 名古屋大学大学院 地球環境科学専攻 博士課程(後期課程)
  • 2008 - 2010 名古屋大学大学院 地球環境科学専攻 博士課程(前期課程)
  • 2007 - 2008 ブリストル大学(イギリス) 名古屋大学交換留学生
  • 2003 - 2008 名古屋大学 地球惑星科学科
経歴 (4件):
  • 2019 - 現在 国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 特任助教
  • 2017 - 2019 Université Nice Sophia Antipolis (France) Institut de Chimie de Nice 日本学術振興会 海外特別研究員
  • 2014 - 2017 国立研究開発法人海洋研究開発機構 生物地球化学研究分野 ポストドクトラル研究員
  • 2010 - 2013 名古屋大学大学院 環境学研究科 地球環境科学専攻 日本学術振興会 特別研究員(DC)
受賞 (4件):
  • 2017/08 - 日本有機地球化学会 有機地球化学会奨励賞(田口賞)
  • 2015/08 - 日本地球化学会 Geochemical Journal Award
  • 2011/09 - 日本地球化学会 学生優秀発表賞(口頭発表)
  • 2009/09 - 名古屋ゾンタクラブ 女子研究者助成金
所属学会 (4件):
日本地球惑星科学連合 ,  日本有機地球化学会 ,  日本惑星科学会 ,  日本地球化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る