研究者
J-GLOBAL ID:201101042528100172   更新日: 2020年05月21日

枝村 光浩

エダムラミツ ヒロ | Edamura Mitsuhiro
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 神経科学一般 ,  神経科学一般
研究キーワード (4件): オプトジェネティクス ,  薬物依存 ,  シナプス可塑性 ,  包括脳ネットワーク
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2016 - 2017 レーザー加工及び蛍光顕微鏡の導入による超小型無線光照射装置の付加価値向上及び生産体制の構築
  • 2013 - 2015 「光で神経活動を制御する無線式小型光照射装置(テレオプト)の開発と研究応用
論文 (4件):
  • Gen Murakami, Mitsuhiro Edamura, Tomonori Furukawa, Hideya Kawasaki, Isao Kosugi, Atsuo Fukuda, Toshihide Iwashita, Daiichiro Nakahara. MHC class I in dopaminergic neurons suppresses relapse to reward seeking. Science Advances. 2018. 4. 3
  • Mitsuhiro Edamura, Gen Murakami, Hongrui Meng, Makoto Itakura, Ryuichi Shigemoto, Atsuo Fukuda, Daiichiro Nakahara. Functional Deficiency of MHC Class I Enhances LTP and Abolishes LTD in the Nucleus Accumbens of Mice. PLOS ONE. 2014. 9. 9. e107099
  • 枝村光浩, 中原大一郎. MHCクラス1抗原とシナプス可塑性. 臨床検査. 2011. 55. 1. 75-78
  • Thomas Meyer, Katharina Stuerz, Elke Guenther, Mitsuhiro Edamura, Udo Kraushaar. Cardiac slices as a predictive tool for arrhythmogenic potential of drugs and chemicals. EXPERT OPINION ON DRUG METABOLISM & TOXICOLOGY. 2010. 6. 12. 1461-1475
特許 (1件):
学歴 (3件):
  • 2009 - 2014 浜松医科大学 博士(浜松医科大学医博第688号)
  • 2001 - 2003 名古屋大学生命農学研究科 修士
  • 1997 - 2001 名古屋大学農学部 学士
経歴 (1件):
  • 2003/04 - バイオリサーチセンター株式会社 開発部 (現職)
所属学会 (1件):
北米神経科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る