研究者
J-GLOBAL ID:201101042640307545   更新日: 2020年11月30日

岩田 慎平

イワタ シンペイ | Shimpei Iwata
所属機関・部署:
職名: 主任学芸員
研究分野 (1件): 日本史
研究キーワード (3件): 鎌倉幕府論 ,  武士論 ,  日本中世史
論文 (16件):
  • 岩田 慎平. 頼朝の征夷大将軍就任をめぐる『平家物語』と『吾妻鏡』 -『吾妻鏡』建久三年七月二十六日条・二十九日条について -. 『立命館文學』. 2017. 654. 43-55
  • 岩田 慎平. 北条時房論-承久の乱以前を中心に-. 『古代文化』. 2016. 68. 2. 38-49
  • 岩田 慎平. 牧氏事件・伊賀氏事件と鎌倉殿. 紫苑. 2016. 14. 114-124
  • 岩田 慎平. 実朝室周辺の人々をめぐって-鎌倉前期公武関係史に関する一考察-. 紫苑. 2015. 13. 1-14
  • 岩田 慎平. 頼家・実朝期における京下の鎌倉幕府吏僚-源仲章・源光行を中心に-. 紫苑. 2014. 12. 1-16
もっと見る
MISC (12件):
  • 岩田 慎平. 登場人物たちの知られざる素顔(後鳥羽上皇、北条義時). 歴史REAL承久の乱「武士の世」到来の契機となった大乱の謎. 2019. 54-65
  • 岩田 慎平. 天皇の子孫だった平将門が自称した「新皇」の謎. iRONNA. 2017
  • 岩田 慎平. 宗教・文化研究所公開講座講演録要旨 京都から鎌倉に集う人びと-武士政権を読みなおす-. 研究紀要. 2016. 29. 57-66
  • 岩田 慎平. 武士との対立をめぐる謎. 歴史REAL 重大事件でたどる歴代天皇125代. 2014
  • 岩田 慎平. <研究展望・動向>中世成立期における鎌倉幕府の位置づけをめぐって -佐藤進一・黒田俊雄両氏の説の比較を中心に-. 古代文化. 2014. 66. 2
もっと見る
書籍 (6件):
  • 日本中世の政治と制度
    吉川弘文館 2020 ISBN:9784642029667
  • 承久の乱の構造と展開-転換する朝廷と幕府の権力
    戎光祥出版 2019
  • 歴史の中の人物像-二人の日本史-
    小径社 2019
  • 公武権力の変容と仏教界 (中世の人物 京・鎌倉の時代編 第三巻)
    清文堂出版 2014 ISBN:4792409969
  • 平清盛
    新人物往来社 2011 ISBN:4404040873
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2013 関西学院大学 日本史学専攻
  • - 2004 佛教大学 日本史学専攻
  • - 2001 京都教育大学
学位 (2件):
  • 博士(歴史学) (関西学院大学)
  • 修士(文学) (佛教大学)
経歴 (4件):
  • 2017/09 - 2019/03 佛教大学 歴史学部 非常勤講師
  • 2013/04 - 2018/03 立命館大学 文学部 非常勤講師
  • 2011/04 - 2013/03 関西学院大学 文学部 非常勤講師
  • 2012/05 - 2012/09 立命館大学 スポーツ健康科学部 非常勤講師
所属学会 (4件):
中世史研究会 ,  日本歴史学会 ,  古代学協会 ,  日本史研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る