研究者
J-GLOBAL ID:201101044253922447   更新日: 2020年09月01日

笹部 昌弘

Sasabe Masahiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • IEEE
  • IEICE
ホームページURL (1件): http://www-lsm.naist.jp/~sasabe/index.html
研究分野 (3件): 通信工学 ,  情報ネットワーク ,  計算機システム
研究キーワード (30件): FSA ,  衝突回避 ,  べき乗則 ,  べき則 ,  トポロジー ,  高速読出し ,  電子タグ ,  オーバーレイネットワーク ,  オーバーレイ ,  回線容量設計 ,  電子タグ(RFID) ,  通信方式(無線, 有線, 衛星, 光, 移動) ,  一括読出し ,  ネットワーク設計 ,  RFID ,  ファイル可用性 ,  P2P ,  情報通信工学 ,  到達率 ,  モバイル環境 ,  論理網 ,  分散システム ,  ネットワーク ,  パワー則 ,  キャッシング ,  検索遅延 ,  物理網特性 ,  ファイル検索・取得 ,  ロバスト性 ,  進化ゲーム理論
論文 (80件):
  • Yohei Nishi, Masahiro Sasabe, Shoji Kasahara. Optimality analysis of locality-aware tit-for-tat-based P2P file distribution. Peer-to-Peer Networking and Applications. 2020. 1-16
  • Masahiro Sasabe. Mathematical epidemiological analysis of dynamics of delay attacks on pull-based competitive information diffusion. Computer Networks. 2020. 1-9
  • Yuta Nakamura, Yuanyu Zhang, Masahiro Sasabe, Shoji Kasahara. Exploiting Smart Contracts for Capability-Based Access Control in the Internet of Things. Sensors. 2020. 20. 6
  • Yohei Nishi, Masahiro Sasabe, Shoii Kasahara. Impact of Locality-awareness on Tit-for-Tat-based P2P File Distribution. 2020 IEEE 17th Annual Consumer Communications & Networking Conference (CCNC). 2020. 1-6
  • Mirei Yutaka, Yuanyu Zhang, Masahiro Sasabe, Shoji Kasahara. Using Ethereum Blockchain for Distributed Attribute-Based Access Control in the Internet of Things. IEEE GLOBECOM 2019. 2019
もっと見る
MISC (5件):
  • 渡部 和馬, 笹部 昌弘, 滝根 哲哉. モバイルセンサネットワークにおける迅速な被覆のための分散協調制御 (コミュニケーションクオリティ). 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報. 2014. 114. 131. 45-50
  • 木村共孝, 松浦翼, 笹部昌弘, 松田崇弘, 滝根哲哉. ネットワーク環境に適応した蓄積運搬転送型ルーチング. 電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM). 2014. 2014. ROMBUNNO.DS-2-2
  • 水口 弘明, 笹部 昌弘, 滝根 哲哉. 線形容量制約付きオーバレイネットワークにおける高速なマルチキャストのための木集合選択手法 (情報ネットワーク). 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報. 2013. 112. 393. 51-56
  • KABIRI K. Habibul, 笹部 昌弘, 滝根 哲哉. フェリー支援型DTNにおける平均配送遅延を最小化するクラスタ群グループ化手法. 電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム. 2012. 111. 408. 87-92
  • 合田 慎, 笹部 昌弘, 滝根 哲哉. BitTorrentの実測に基づくユーザの振る舞いとシステム可用性の評価 (情報ネットワーク). 電子情報通信学会技術研究報告. 2010. 110. 116. 85-90
学位 (1件):
  • 博士(情報科学) (大阪大学)
経歴 (3件):
  • 2014/04 - 現在 奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 准教授
  • 2007/07 - 2014/03 大阪大学 大学院工学研究科 助教
  • 2004/07 - 2007/06 大阪大学 サイバーメディアセンター 助手
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る