研究者
J-GLOBAL ID:201101044874191985   更新日: 2021年02月12日

井上 貴雄

イノウエ タカオ | Inoue Takao
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (2件): http://takaoinoue.net/http://www.takaoinoue.net
研究分野 (6件): 生体医工学 ,  基盤脳科学 ,  医用システム ,  脳神経外科学 ,  神経科学一般 ,  リハビリテーション科学
研究キーワード (21件): 脳波 ,  ペルチェ素子 ,  抗てんかん薬 ,  マザリーズ ,  隠れマルコフモデル ,  難治性てんかん ,  頭部外傷 ,  近赤外線分光法 ,  ネコ ,  ブレイン・マシン・インターフェイス ,  局所脳冷却 ,  脳梗塞 ,  レーザースペックル ,  てんかん ,  電気生理 ,  霊長類 ,  脳血流 ,  頭蓋内圧 ,  脳温 ,  医工連携 ,  ニューロモデュレーション
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2023 深在性かつ広範に跨る脳疾患部位を効果的に冷却できるハイブリッド脳冷却技術の開発
  • 2015 - 2018 温度・電気・薬物の各ニューロモデュレーションによるてんかん発作抑制効果の比較研究
  • 2013 - 2015 局所脳冷却の各種脳外科疾患に対する至適冷却温度と冷却時間の統合的検討
  • 2014 - 2015 Development of evaluation and treatment methods for epilepsy using implantable focal brain cooling system
  • 2011 - 2013 脳血管障害に対する脳局所冷却を用いた急性期リハビリテーション法の開発
全件表示
論文 (30件):
MISC (64件):
特許 (3件):
講演・口頭発表等 (69件):
  • Effects of Intracranial Hypertension on the Cortical Spreading Depolarization
    (iCSD2019 2019)
  • The Attempt to Purify Electroencephalogram Data Using Empirical Mode Decomposition (EMD) Reconstruction Method
    (AES2018 2018)
  • Optimization of Channel Structure and Operating Condition of Neuroprotective Focal Brain Cooling Device
    (AES2018 2018)
  • Detailed Spectral Profile Analysis of Penicillin G-Induced Epileptiform Discharges During Freezing in Anesthetized
    (AES2018 2018)
  • Influence of a cooling compound, icilin, on penicillin G-induced epileptiform discharges in a rat model: Validation of focal cortical cooling effects by TRPM8 activation
    (Neuroscience2018 2018)
もっと見る
学歴 (6件):
  • 2003 - 2008 九州工業大学 脳情報専攻 博士後期課程
  • 2004 - 2006 九州工業大学 COEスチューデント
  • 2001 - 2003 九州大学 統合生理学教室 特別研究学生
  • 2001 - 2003 九州工業大学 脳情報専攻 博士前期課程
  • 1999 - 2001 宮崎大学 情報工学科
全件表示
学位 (1件):
  • 博士(学術) (九州工業大学)
経歴 (5件):
  • 2019/07 - 現在 山口大学 医学部先進温度神経生物学講座 講師(特命)
  • 2016/03 - 2019/06 山口大学 医学部附属病院 脳神経外科 講師
  • 2013/04 - 2016/02 山口大学 医学系研究科 脳神経外科 助教
  • 2010/04 - 2013/03 山口大学 医学系研究科 脳神経外科 学術研究員
  • 2008/04 - 2010/03 長崎大学 医歯薬学総合研究科 第二生理学 助教
受賞 (1件):
  • 2005/07 - 第5 回日韓脳科学・筋生理学シンポジウム 若手最優秀発表賞 Internal and external environmental signals modulate the performance of visual categorization of food and sex in rhesus monkey
所属学会 (2件):
SOCIETY FOR NEUROSCIENCE ,  日本神経科学学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る