研究者
J-GLOBAL ID:201101046890997518   更新日: 2024年03月28日

古谷 裕

フルタニ ユタカ | Furutani Yutaka
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): https://nrid.nii.ac.jp/ja/nrid/1000080392108/
研究分野 (2件): 消化器内科学 ,  ウイルス学
研究キーワード (10件): 創薬 ,  血管新生 ,  バソヒビン ,  インターフェロン ,  肝線維化 ,  B型肝炎ウイルス ,  細胞接着分子 ,  プロテオミクス ,  プロテアーゼ阻害剤 ,  TGF-β活性化
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2022 - 2025 ノックインマウスを用いた血漿カリクレイン依存的TGF-β活性化と肝線維化の解析
  • 2016 - 2018 バソヒビンによる血管新生と肝線維化抑制が誘導する肝癌制御機構の解析
  • 2012 - 2015 テレンセファリン依存的な神経細胞による死細胞のクリアランス機構の解析
  • 2011 - 2013 終脳特異的細胞接着分子テレンセファリンへ結合する分子群による神経可塑性の制御機構
  • 2010 - 2011 テレンセファリンのリガンド・ビトロネクチンによるシナプス形成制御機構の解析
全件表示
論文 (42件):
  • Yali Xu, Ting Su, Hricha Mishra, Reiko Ando, Yutaka Furutani, Jun Lu, Muyi Cai, Harukazu Suzuki, Wenkui Yu, Xian-Yang Qin. Corn Oligopeptide Alleviates Nonalcoholic Fatty Liver Disease by Regulating the Sirtuin Signaling Pathway. Journal of agricultural and food chemistry. 2024. 72. 12. 6360-6371
  • Xian-Yang Qin, Yohei Shirakami, Masao Honda, Shiou-Hwei Yeh, Kazushi Numata, Ya-Yun Lai, Chiao-Ling Li, Feifei Wei, Yali Xu, Kenji Imai, et al. Serum MYCN as a predictive biomarker of prognosis and therapeutic response in the prevention of hepatocellular carcinoma recurrence. International journal of cancer. 2024
  • Yutaka Furutani, Yoshinori Hirano, Mariko Toguchi, Shoko Higuchi, Xian-Yang Qin, Kaori Yanaka, Yumi Sato-Shiozaki, Nobuaki Takahashi, Marina Sakai, Pornparn Kongpracha, et al. A small molecule iCDM-34 identified by in silico screening suppresses HBV DNA through activation of aryl hydrocarbon receptor. Cell death discovery. 2023. 9. 1. 467-467
  • 越智 小枝, 古谷 裕, 宮本 博康, 宮坂 政紀, 目崎 喜弘, 野尻 明由美, 永森 收志, 政木 隆博, 國澤 研大, 歳川 伸一, et al. 質量分析装置を用いた血清25(OH)D測定における、採血管の影響についての検討. 日本臨床検査医学会誌. 2023. 71. 補冊. 199-199
  • Xian-Yang Qin, Yutaka Furutani, Kento Yonezawa, Nobutaka Shimizu, Miyuki Kato-Murayama, Mikako Shirouzu, Yali Xu, Yumiko Yamano, Akimori Wada, Luc Gailhouste, et al. Targeting transglutaminase 2 mediated exostosin glycosyltransferase 1 signaling in liver cancer stem cells with acyclic retinoid. Cell Death & Disease. 2023. 14. 6
もっと見る
MISC (11件):
特許 (5件):
  • イソインドリン誘導体
  • 抗HBV剤
  • 抗HBV剤
  • 抗B型肝炎ウイルス薬
  • 抗B型肝炎ウイルス薬
書籍 (1件):
  • Control of TG functions depending on their localization
    Springer 2015
講演・口頭発表等 (8件):
  • HBV RNaseH阻害剤のスクリーニング
    (日本肝臓学会総会 2019)
  • 肝線維化におけるVASH1とVASH2の機能解析
    (第14回Vasohibin研究会 2019)
  • B型肝炎ウイルス抑制剤のスクリーニングと抗B型肝炎ウイルス活性の測定
    (第9回スクリーニング学研究会 2018)
  • ドラッグフリーの実現を目指したcccDNA抑制剤CDM-3008とエンテカビルとの併用によるHBV再活性化の抑制
    (54回日本肝臓学会総会 2018)
  • 肝線維化モデルマウスにおけるVASH2の機能解析
    (第13回Vasohibin研究会 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 理学博士 (東京工業大学大学院)
経歴 (7件):
  • 2022/04 - 現在 東京慈恵会医科大学 臨床検査医学講座 講師
  • 2019/10 - 2022/03 国立研究開発法人理化学研究所 開拓研究本部肝がん予防研究ユニット 上級研究員
  • 2018 - 2019/09 国立研究開発法人理化学研究所 生命医科学研究センター 肝がん予防研究ユニット 上級研究員
  • 2013 - 2018 国立研究開発法人理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター 微量シグナル制御技術開発特別ユニット 研究員
  • 2005 - 2013 独立行政法人理化学研究所 シナプス分子機構研究チーム 研究員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2021/10 - 日本レチノイド研究会 武藤賞
所属学会 (5件):
抗ウイルス療法学会 ,  肝類洞壁細胞研究会 ,  日本分子生物学会 ,  日本肝臓学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る