研究者
J-GLOBAL ID:201101047602882937   更新日: 2021年08月02日

松田 岳士

MATSUDA Takeshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 教育工学
研究キーワード (6件): インスティチューショナル・リサーチ ,  教育工学 ,  ネットワーク基盤 ,  教育学 ,  知識共有 ,  実践知
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2016 - 2019 学生のアカデミックな意志決定を支援する教学IR情報提示システムの開発と評価
  • 2013 - 2016 学生の自己管理学習を支援する教学IR情報提示システム開発と評価
論文 (16件):
  • 大山 牧子, 松田 岳士. アクティブラーニングにおけるICT 活用の動向と展望. 日本教育工学会論文誌. 2019. 42. 3. 211-220
  • 松田 岳士, 渡辺 雄貴. 教学IR,ラーニング・アナリティクス,教育工学. 日本教育工学会論文誌. 2018. 41. 3. 199-208
  • Masanori Yamada, Yoshiko Goda, Takeshi Matsuda, Yutaka Saito, Hiroshi Kato, Hiroyuki Miyagawa. Self-Regulator: Preliminary Research of the Effects of Supporting Time Management on Learning Behaviors. Proceedings - IEEE 17th International Conference on Advanced Learning Technologies, ICALT 2017. 2017. 370-372
  • 松田 岳士, 山田 政寛, 合田 美子, 加藤 浩, 宮川 裕之. 自己調整学習を支援するセルフ・レギュレータの開発と形成的評価. 日本教育工学会論文誌. 2017. 40. Suppl. 137-140
  • Masanori Yamada, Yoshiko Goda, Takeshi Matsuda, Yutaka Saito, Hiroshi Kato, Hiroyuki Miyagawa. How does self-regulated learning relate to active procrastination and other learning behaviors?. JOURNAL OF COMPUTING IN HIGHER EDUCATION. 2016. 28. 3. 326-343
もっと見る
MISC (37件):
  • 松田岳士, 近藤伸彦, 渡辺雄貴, 重田勝介, 加藤浩. 履修科目選択支援システムDSIR の改善を目指す評価. 日本教育工学会論文誌. 2021. 44. Suppl. 209-212
  • 松田 岳士, 木本 充, 山下 彰洋. 小中学生は新型コロナの下でどのように学んだか : 学習履歴と学習塾による実力テストの結果から (教育の情報化/一般). 日本教育工学会研究報告集. 2020. 20. 3. 199-204
  • 松田 岳士. 特集号「アクティブラーニングのデザイン・実践・評価」刊行にあたって. 日本教育工学会論文誌. 2019. 42. 3. 187-189
  • 近藤伸彦, 松田岳士, 渡辺雄貴, 重田勝介, 加藤浩. 科目選択支援のためのSDLRSに基づく成績予測に関する考察. 教育システム情報学会全国大会講演論文集(CD-ROM). 2018. 43rd. ROMBUNNO.H4-3
  • 合田美子, 山田政寛, 松田岳士, 加藤浩, 齋藤裕, 宮川裕之. 学習方法の選択に関する認識と実際の学習行動の関係が学習成果に及ぼす影響. 日本教育工学会 第33回全国大会発表論文集. 2017. 725-726
もっと見る
書籍 (2件):
  • 教育工学選書II14 大学授業改善とインストラクショナルデザイン
    ミネルヴァ書房 2017
  • 大学IRスタンダード指標集 教育質保証から財務まで
    玉川大学出版部 2017
講演・口頭発表等 (5件):
  • 内部質保証を支援する教学IR:位置づけの再考
    (高等教育質保証学会第7回大会 2017)
  • Designing a Dashboard for Students in Japanese Universities
    (AiR Annual Forum2014 2014)
  • SDLRSと学習活動の関係性 -科目特性と自己教育力のマッチングの検討-
    (日本教育工学会研究会 2014)
  • ルーブリックとLearning Analyticsを組み合わせたジェネリックスキル測定の試み
    (電子情報通信学会技術研究会(ET) 2014)
  • 教学IRシステムに関する検討課題の整理-汎用性を備えたダミーデータ作成の試み-
    (日本教育工学会第29回全国大会 2013)
学位 (1件):
  • 博士(国際コミュニケーション)
経歴 (8件):
  • 2015/04 - 現在 東京都立大学(旧首都大学東京) 大学教育センター 教授
  • 2014/04 - 2015/03 島根大学 教学企画IR室 教授
  • 2013/04 - 2015/03 島根大学 教学企画IR室 室長
  • 2011/11 - 2013/04 島根大学 教育開発センター 准教授
  • 2011/01 - 2011/10 山形大学教育企画室 准教授
全件表示
受賞 (4件):
  • 2019/05 - IARIA, The Eleventh International Conference on Mobile, Hybrid, and On-line Learning, Athens Best Presentation Award at eLmL 2019 Development of Minimum Support Model in e-Learning
  • 2018/06 - 大学教育学会 JACUEセレクション 認定
  • 2013/09 - 島根大学 優良教育実践表彰 共通教養科目「雲から天気を読もう」
  • 2006/11 - 日本教育工学会 第20回日本教育工学会論文賞 同期CMCにおける学習課題に関するディスカッション成立過程
所属学会 (4件):
日本インスティテューショナル・リサーチ協会 ,  日本教育メディア学会 ,  教育システム情報学会 ,  日本教育工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る