研究者
J-GLOBAL ID:201101048251132061   更新日: 2019年11月21日

田戸 朝美

タド アサミ | Tado Asami
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 臨床看護学
研究キーワード (1件): 救急看護、重症集中ケア、周手術期看護
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2018 - 2021 人工呼吸器患者の口腔ケア支援アプリケーションを用いた教育効果と口腔機能管理の向上
  • 2017 - 2021 クリティカルケアにおける臨床倫理分析・調整システムツールの開発
  • 2016 - 2020 脳死下臓器提供における家族看護ケア指針の開発
  • 2017 - 2019 脳死下・心停止下における臓器・組織提供ドナー家族における満足度の向上及び効率的な提供体制構築に資する研究
  • 2016 - 2017 標準化された看護実践用語分類を用いた電子看護記録の質評価に関する研究
全件表示
論文 (16件):
  • 丸林美代子, 山勢博彰, 田戸朝美. 脳死下臓器提供プロセスにかかわる看護師の心理的ストレスと影響要因. 日本救急看護学会雑誌. 2019. 21. 39-50
  • 田戸 朝美, 落合 加菜恵, 柴田 晃貴, 那須 春香, 山勢 博彰, 山本 小奈実, 佐伯 京子. ブラッシング技術に影響する要因の検証. 日本看護学会論文集: ヘルスプロモーション. 2018. 48. 122-125
  • 田戸 朝美. 気管挿管患者の口腔ケアにおける汚染物の回収の効果と口腔衛生状態及び流れ込みの程度. 日本クリティカルケア看護学会誌. 2018. 14. 103-111
  • Yuko Kuroda, Mitsumi Masuda, Kazuaki Fukuda, Hiroaki Yamase, Ryoma Seto, Misae Ito, Kimiyo Shimomai, Hidetoshi Furukawa, Junko Tatsuno, Asami Tado. Fact-finding survey on the operational status of electronic medical record systems in Japan. Online Journal of Nursing Informatics. 2017. 21
  • 田戸 朝美. 山口県における救急外来のトリアージナースの役割実践の度合いと影響を与える因子. 日本臨床救急医学会雑誌. 2017. 20. 1. 55-63
もっと見る
MISC (14件):
  • 田戸 朝美. 【患者が最善の選択をするために何ができる?救急・集中治療における終末期医療と看護倫理】救急・集中治療における終末期患者を支える家族への支援. 重症集中ケア. 2019. 18. 3. 25-30
  • 立野 淳子, 山勢 博彰, 田戸 朝美, 山本 小奈実, 佐伯 京子. 家族支援で活用できる臨床倫理分析ツールACTce-CCM(プロトタイプ版)の作成. 日本集中治療医学会雑誌. 2018. 25. Suppl. [O57-1]
  • 相楽 章江, 田戸 朝美. 患者・家族看護の迷宮の道しるべ こんなとき、なんと言う?(第1回) 「もうダメってことですか?」. EMERGENCY CARE. 2017. 30. 2. 169-172
  • 田戸 朝美. 【クリティカルケア領域における 口腔ケアベストプラクティス】 (Part4)クリティカルケア領域における 口腔ケアの技術とエビデンス. 看護技術. 2015. 61. 13. 1353-1358
  • 田戸 朝美. 【クリティカルケア領域における 口腔ケアベストプラクティス】 (Part1)クリティカルケア領域における 口腔ケアの意義と看護師の役割. 看護技術. 2015. 61. 13. 1341-1343
もっと見る
書籍 (8件):
  • 複数疾患をもつ患者の"実践"看護過程
    学研メディカル秀潤社, 学研プラス (発売) 2017 ISBN:9784780912678
  • 救命救急ディジーズ : 疾患の看護プラクティスがみえる
    学研メディカル秀潤社, 学研マーケティング (発売) 2015 ISBN:9784780911794
  • まるごとやりなおしのフィジカルアセスメント : チャートとイラストで見てわかる!
    メディカ出版 2015 ISBN:9784840454476
  • 成人看護技術 : 急性・クリティカルケア看護
    メヂカルフレンド社 2015 ISBN:9784839215897
  • 救急・重症ケアに今すぐ生かせるみんなの危機理論 : 事例で学ぶエビデンスに基づいた患者・家族ケア
    メディカ出版 2013 ISBN:9784840442503
もっと見る
講演・口頭発表等 (76件):
  • 救急看護実践に活かす!シミュレーターを使って学ぶフィジカルアセスメント
    (日本救急看護学会学術集会 2019)
  • CPR実施者の身体的特徴が心肺蘇生技術に及ぼす影響
    (日本救急看護学会学術集会 2019)
  • クリティカルケアにおける臨床倫理の問題と看護師による倫理調整の実際〜ACTce-CCMの構成概念の明確化〜
    (日本救急看護学会学術集会 2019)
  • 口腔ケアにおける口腔用ウェットティッシュの有用性
    (日本救急看護学会学術集会 2019)
  • 人工呼吸器離脱プロトコル導入による看護師の実践
    (日本クリティカルケア看護学会学術集会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2011 山口大学 医学系研究科 保健学
  • - 2001 山口県立大学 看護学部 看護学科
学位 (1件):
  • 保健学修士 (山口大学)
経歴 (4件):
  • 2017/04 - 現在 山口大学大学院医学系研究科 准教授
  • 2015/04 - 2017/03 山口大学大学院医学系研究科 講師
  • 2011/04 - 2015/03 山口大学 大学院医学系研究科 助教
  • 2007/04 - 2011/04 山口大学 助手
所属学会 (8件):
日本専門看護師協議会 ,  日本看護倫理学会 ,  日本看護科学学会 ,  日本看護研究学会 ,  日本臨床救急医学会 ,  日本集中治療医学会 ,  日本クリティカルケア看護学会 ,  日本救急看護学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る