研究者
J-GLOBAL ID:201101048799674210   更新日: 2020年11月17日

齊藤 実

Saitoe Minoru
所属機関・部署:
職名: 副所長・参事研究員・プロジェクトリーダー
ホームページURL (1件): http://www.igakuken.or.jp/memory/
研究分野 (8件): 遺伝学 ,  神経科学一般 ,  医療薬学 ,  生理学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般
研究キーワード (18件): 長期記憶 ,  Mg^<2+>ブロック ,  NMDA受容体 ,  加齢性記憶障害 ,  神経修飾因子 ,  モノアミン ,  逆行性シグナル ,  グルタミン酸 ,  ドーパミン ,  シナプス可塑性 ,  イメージング ,  遺伝子 ,  老化 ,  シナプス伝達 ,  ショウジョウバエ ,  学習記憶 ,  行動遺伝学 ,  包括脳ネットワーク
競争的資金等の研究課題 (29件):
  • 2019 - 2023 一酸化炭素を介したドーパミン放出機構の解明とその生物学的役割の同定
  • 2018 - 2019 多様性から明らかにする記憶ダイナミズムの共通原理
  • 2016 - 2019 グリア細胞を支点とした加齢性長期記憶障害の分子・神経機構の解明
  • 2013 - 2018 記憶情報の変換ダイナミズムを担うショウジョウバエ神経・分子マシナリーの解明
  • 2013 - 2018 多様性から明らかにする記憶ダイナミズムの共通原理
全件表示
論文 (43件):
  • Kohei Ueno, Johannes Morstein, Kyoko Ofusa, Shintaro Naganos, Ema Suzuki-Sawano, Saika Minegishi, Samir P. Rezgui, Hiroaki Kitagishi, Brian W. Michel, Christopher J. Chang, et al. Carbon Monoxide, a Retrograde Messenger Generated in Postsynaptic Mushroom Body Neurons, Evokes Noncanonical Dopamine Release. The Journal of Neuroscience. 2020. 40. 18. 3533-3548
  • Tomonori Suzuki, Kuniko Kohyama, Kengo Moriyama, Mariko Ozaki, Setsuko Hasegawa, Taro Ueno, Minoru Saitoe, Tomohiro Morio, Masaharu Hayashi, Hiroshi Sakuma. Extracellular ADP augments microglial inflammasome and NF-κB activation via the P2Y12 receptor. European journal of immunology. 2020. 50. 2. 205-219
  • Motomi Matsuno, Junjiro Horiuchi, Kyoko Ofusa, Tomoko Masuda, Minoru Saitoe. Inhibiting Glutamate Activity during Consolidation Suppresses Age-Related Long-Term Memory Impairment in Drosophila. iScience. 2019. 15. 55-65
  • Tomoyuki Miyashita, Emi Kikuchi, Junjiro Horiuchi, Minoru Saitoe. Long-Term Memory Engram Cells Are Established by c-Fos/CREB Transcriptional Cycling. Cell reports. 2018. 25. 10. 2716-2728
  • Shoma Sato, Kohei Ueno, Minoru Saitoe, Takaomi Sakai. Synaptic depression induced by postsynaptic cAMP production in the Drosophila mushroom body calyx. The Journal of physiology. 2018. 596. 12. 2447-2461
もっと見る
MISC (20件):
  • Kohei Ueno, Shintaro Naganos, Minoru Saitoe. Correlated activation of dopamine receptor is an essential for associative synaptic plasticity relevant to olfactory aversive memory. NEUROSCIENCE RESEARCH. 2011. 71. E113-E113
  • Yukinori Hirano, Minoru Saitoe. Maintenance of long-term memory requires persistent regulation of gene expression. NEUROSCIENCE RESEARCH. 2011. 71. E90-E90
  • Motomi Matsuno, Minoru Saitoe. Neuron-glia interaction via Drosophila CAM Klingon modulates Repo-mediated glial gene expression required for long-term memory formation. NEUROSCIENCE RESEARCH. 2011. 71. E183-E183
  • Kohei Ueno, Minoru Saitoe. Transient dopamine application facilitated the calcium response in the mushroom body neurons in Drosophila melanogaster. NEUROSCIENCE RESEARCH. 2010. 68. E400-E400
  • Shintaro Nagano, Kohei Ueno, Minoru Saitoe. Mutation in chico, a Drosophila insulin receptor substrate homolog, disrupts neural plasticity of the mushroom bodies. NEUROSCIENCE RESEARCH. 2010. 68. E187-E187
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学 (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2019/04 - 現在 公益財団法人東京都医学総合研究所 学習記憶プロジェクト 副所長 兼 センター長 兼 プロジェクトリーダー 参事研究員
  • 2000 - 2009 (財)東京都医学研究機構 研究員
  • 2004 - 2007 (財)東京都医学研究機構・(財)東京都神経科学総合研究所 副参事研究員
  • 2002 - 2005 (財)東京都医学研究機構・(財)東京都神経科学総合研究所 主任研究員
  • 2001 - (財)東京都医学研究機構・(財)東京都神経科学総合研究所・財団法人 主任研究員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2019/04 - 文部科学省 文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門) 加齢と生理状態により変化する記憶機構の研究
  • 2017/07 - 日本神経科学学会 時実利彦記念賞 ショウジョウバエ微小脳による記憶回路動作機構の分子生理学的解析
  • 2007/10 - 財団法人東京都医学研究機構 東京都医学研究機構職員表彰 加齢による記憶力低下の分子メカニズムの研究
所属学会 (3件):
日本生理学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本神経科学学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る