研究者
J-GLOBAL ID:201101051769463674   更新日: 2019年10月07日

髙橋 俊

Takahashi Shun
論文 (9件):
  • Takashi Hirama, Takefumi Yamaguchi, Hitoshi Miyazawa, Tomoaki Tanaka, Giichi Hashikita, Etsuko Kishi, Yoshimi Tachi, Shun Takahashi, Keiji Kodama, Hiroshi Egashira, et al. Prediction of the Pathogens That Are the Cause of Pneumonia by the Battlefield Hypothesis. PLoS One. 2011
  • 渡辺典之, 高橋俊, 橋北義一, 阿部良伸, 樽本憲人, 山口敏之, 前崎繁文. 気道由来検体からアスペルギルス属が分離された症例の臨床的意義. 日本臨床微生物学雑誌. 2010. 20. 2. 113-117
  • TAKAHASHI Syun, YAMAZAKI Tsutomu, SATOH Kozue, INOUE Miyuki, TAKAHASHI Sachiko, ISHIHARA Osamu, OKA Yohko, HORIGUCHI Yuji, OKUWAKI Yoshiyuki, SUZUKI Satowa, et al. Longitudinal Epidemiology of Chlamydia trachomatis Serovars in Female Patients in Japan. Jpn J Infect Dis. 2007. 60. 6. 374-376
  • 橋北義一, 山口敏行, 舘良美, 岸悦子, 河村亨, 高橋俊, 新井幸枝, 小山幸枝, 古籏敏文, 板橋明, et al. 肺炎患者における尿中肺炎球菌きょう膜抗原迅速検出キットの有用性に関する検討. JARMAM. 2005. 16. 2. 153-161
  • YAMAGUCHI Toshiyuki, HASHIKITA Giichi, TAKAHASHI Shun, ITABASHI Akira, YAMAZAKI Tsutomu, MAESAKI Shigefumi. In vitro activity of .BETA.-lactams, macrolides, telithromycin, and fluoroquinolones against clinical isolates of Streptococcus pneumoniae: correlation between drug resistance and genetic characteristics. J Infect Chemother. 2005. 11. 5. 262-264
もっと見る
講演・口頭発表等 (55件):
  • MRSAにおける精油の抗菌作用の検討(2)-精油濃度に伴う抗菌作用への影響-
    (第54回関東甲信地区医学検査学会 2017)
  • MRSAにおける精油の抗菌作用の検討(1)-各種精油における抗菌作用の比較-
    (第54回関東甲信地区医学検査学会 2017)
  • DEPIMを利用した薬剤感受性検査への応用(ESBLスクリーニングの迅速化)
    (第28回日本臨床微生物学会総会・学術集会 2017)
  • 誘電泳動インピーダンス計測法(DEPIM)を用いた薬剤感受性検査
    (第44回埼玉県医学検査学会 2015)
  • DEPIMを利用した薬剤感受性検査への応用-微量液体希釈法との比較-
    (第26回日本臨床微生物学会総会・学術集会 2015)
もっと見る
学位 (1件):
  • 修士(保健学) (女子栄養大学)
経歴 (1件):
  • 埼玉医科大学 保健医療学部臨床検査学科 専任講師
受賞 (1件):
  • 2016/03 - 公益社団法人埼玉県臨床検査技師会 埼臨技奨励賞
所属学会 (4件):
日本生体医工学会 ,  日本感染症学会 ,  日本臨床微生物学会 ,  日本臨床衛生検査技師会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る