研究者
J-GLOBAL ID:201101052740766852   更新日: 2020年10月19日

前波 晴彦

Maenami Haruhiko
研究分野 (2件): 科学社会学、科学技術史 ,  科学教育
研究キーワード (7件): 社会シミュレーション ,  宇宙教育 ,  イノベーション ,  産学連携 ,  科学教育 ,  科学技術政策 ,  産学官連携
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2016 - 2017 ゲーミングを活用したリカレント教育プログラムの開発と実践
  • 2015 - 2016 宇宙開発を題材としたゲーミング教材の開発
  • 2013 - 2016 産学官連携支援ファンドと地域の支援リソースとの連関に関する実証的研究
  • 2012 - 2016 天文ドーム一般公開
  • 2012 - 2015 STIに向けた政策プロセスへの関心層別関与フレーム設計
全件表示
論文 (15件):
  • KANO Kei, KUDO Mitsuru, YOSHIZAWA Go, MIZUMACHI Eri, SUGA Makiko, AKYA Naonori, EBINA Kuniyoshi, GOTO Takayuki, ITOH Masayuki, JOH Ayami, et al. How science, technology and innovation can be placed in broader visions? -Public opinions from inclusive public engagement activities-. Journal of Science Communication. 2019. 18. 3. A02
  • Haruhiko Maenami, Yohei Katano, Mika Fukada, Kazuoki Inoue, Keishi Tanimoto. Design of University Internal Fund for Activities Addressing Local Issues: Case from Local University in Japan. Scientific Proceedings of the 2019 University-Industry Interaction Conference. 2019
  • 山口健太郎, 谷本圭志, 長曽我部まどか, 前波晴彦. 防災に関する社会的関心と学術的関心の近接度の分析~テキスト解析を用いて~. 土木学会論文集F6(安全問題). 2019. 74. 2. 111-121
  • Haruhiko Maenami, Masashi Miura. Study on Support Method Using ABM for Interdisciplinary Research Teams. Scientific Proceedings of the 2017 University-Industry Interaction Conference. 2017. 74-86
  • 前波晴彦. 産学連携支援人材を活用した支援制度の変遷. 産学連携学. 2016. 12. 2. 37-42
もっと見る
MISC (49件):
  • Masashi Miura, Haruhiko Maenami, Shingo Takahashi. Game-Based Situation Prototyping for Collaborative Social Modeling. International Conference on Computational Social Science (IC2S2 2019). 2019
  • Yuji Oyamada, Mikihiko Mori, Haruhiko Maenami. Vision Based Analysis on Trajectories of Notes Representing Ideas Toward Workshop Summarization. 2019年度 人工知能学会全国大会(第33回)国際セッション. 2019
  • 三浦政司, 前波晴彦, 高橋慎吾. Game-Based Situation Prototypingを用いた協働モデリングの実践. 計測自動制御学会第18回社会システム部会研究会資料. 2019
  • 前波晴彦前波晴彦, 桑野将司, 山本将太. 決定木分析を用いた組織内ファンディング効果の検討. 計測自動制御学会第18回社会システム部会研究会資料. 2019
  • 前波晴彦. Usage Factors of Support Programs for University-Industry Collaboration: Case from Regional University in Japan. University-Industry Interaction Conference 2018. 2018. 2018
もっと見る
書籍 (2件):
  • オープンイノベーションによる新事業創出、早期事業化とその実践事例
    株式会社技術情報協会 2017
  • 産学連携学入門
    2016
講演・口頭発表等 (7件):
  • ナッシュ均衡をこえて-URAによる組織間連携の意義-
    (RA協議会第1回年会 2015)
  • 鳥取大学COC事業の取組み
    (サイエンスカフェ2014 大学は何が出来るのか ~大学と地域間連携の未来を考える~ 2014)
  • 産学連携成功の秘訣
    (地域貢献・産学官連携強化URA研究会 2014)
  • 「産学連携」で何が起きているのか
    (サイエンス・コミュニケーション研究会関西支部勉強会 2012)
  • 復興のための地域イノベーションを考える前に ~地方大学における産学連携の現在~
    (科学技術社会論学会シンポジウム 2012)
もっと見る
委員歴 (6件):
  • 2016/04 - 現在 (国研)科学技術振興機構 JST産学官連携ジャーナル編集委員
  • 2015/08 - 現在 産学連携学会 学術誌委員
  • 2014/04 - 現在 日本科学教育学会 鳥取県会長
  • 2013/09 - 現在 日本科学教育学会 中国支部幹事
  • 2011/04 - 現在 鳥取大学 産学・地域連携推進機構運営委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 計測自動制御学会社会システム部会 優秀論文賞 Game-Based Situation Prototypingによる協働型モデリングの提案
所属学会 (8件):
University Industry Innovation Network ,  REGIONAL STUDIES ASSOCIATION ,  American Association for the Advancement of Science ,  Association of University Technology Managers ,  日本地域政策学会 ,  研究・技術計画学会 ,  産学連携学会 ,  日本科学教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る