研究者
J-GLOBAL ID:201101053680242030   更新日: 2022年05月28日

笹島 秀晃

ササジマ ヒデアキ | Sasajima Hideaki
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/30614656
研究分野 (1件): 社会学
研究キーワード (4件): 都市社会学 ,  アートの社会学 ,  組織社会学 ,  歴史社会学
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2020 - 2024 社会とアートの共進化的動態とartificationの諸相に関する領域横断的研究
  • 2020 - 2024 大阪大都市圏住民の社会的紐帯と近隣効果の研究:混合研究法による都市社会調査
  • 2021 - 2023 グローバルな作品市場の拡大と都市レベルの美術の制度変化に関する国際比較研究
  • 2018 - 2022 20世紀における美術の制度変化の歴史社会学:市民社会と国家に着目した日英米の比較
  • 2015 - 2018 芸術の制度転換の歴史社会学:1940年代前後のニューヨーク市を事例として
全件表示
論文 (9件):
  • Organizational account of symbolic boundaries in urban cultures: social network analysis of New York art world from 1940 to 1969. Poetics. 2022
  • 笹島秀晃. ニューヨークにおける1960年代後半以降のオルタナティブ・スペースの展開. 人文研究. 2022. 73. 113-130
  • 笹島 秀晃. ニューヨーク市SoHo地区における芸術家街を契機としたジェントリフィケーション : 1965-1971年における画廊の集積過程に着目して. 社会学評論 = Japanese sociological review. 2016. 67. 1. 106-121
  • 笹島秀晃. SoHoにおける芸術家街の形成とジェントリフィケーション. 日本都市社会学会年報. 2014. 32. 65-80
  • Hideaki Sasajima. From red light district to art district: Creative city projects in Yokohama's Kogane-cho neighborhood. CITIES. 2013. 33. 77-85
もっと見る
MISC (8件):
  • 笹島秀晃. 書評 堀川三郎著『町並み保存運動の論理と帰結』. 日本都市社会学会年報. 2019. 37
  • 笹島 秀晃. 書評 田村公人著『都市の舞台俳優たち : アーバニズムの下位文化理論の検証に向かって』. 日本都市社会学会年報 = The Annals of Japan Association for Urban Sociology. 2016. 34. 157-159
  • 笹島 秀晃. 都市と文化の社会学に向けて : 芸術家とジェントリフィケーションに関する近年の研究動向からの視座 (市大文学部と「都市文化研究」再考(大阪市立大学文学部創設60周年記念学術シンポジウム )). 都市文化研究 = Studies in urban cultures. 2015. 17. 97-102
  • 笹島秀晃. 災害と文化芸術. 防災の社会学 第二版. 2012. 303-311
  • 笹島秀晃. 著作紹介:デヴィッド・ハーヴェイ『ポストモダニティの条件』. 五十嵐太郎編『建築・都市ガイドブック21世紀』. 2010. 240-243
もっと見る
書籍 (4件):
  • 応答する「移動と場所」 : 21世紀の社会を読み解く
    ハーベスト社 2019 ISBN:9784863391109
  • 翻訳『フローと再帰性の社会学』
    晃洋書房 2018
  • 交響する空間と場所I:開かれた都市空間
    法政大学出版局 2015 ISBN:9784588672132
  • 安全・安心コミュニティの存立基盤 : 東北6都市の町内会分析
    御茶の水書房 2013 ISBN:9784275010155
講演・口頭発表等 (30件):
  • 1960年代末ニューヨーク、オルタナティブ・スペース・ムーブメントの分析: アート業界における制度批判の社会運動
    (日本社会学会第94回大会 2021)
  • 都市文化におけるバウンダリーの顕在化と運動の制度化: NYCのオルタナティブ・スペース・ムーブメントの事例
    (関西社会学会第72回大会 2021)
  • 1940-70年ニューヨーク・アート業界のネットワーク分析
    (日本社会学会・第92回大会 2019)
  • 1940-80年代のニューヨークにおけるアートワールドの展開:芸術家のオーラルヒストリーからみえる意味世界
    (日本都市社会学会第36回大会 2018)
  • Stats' Interventions and the Transformation of Urban Art Worlds
    (XIX ISA World Congress of Sociology 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2007 - 2011 東北大学
  • 2005 - 2007 東北大学
  • 2001 - 2005 東北大学
学位 (1件):
  • 博士(文学) (東北大学大学院文学研究科)
経歴 (9件):
  • 2018/04 - 現在 大阪市立大学大学院文学研究科 准教授
  • 2022/01 - 2022/03 シカゴ大学大学院社会学研究科 客員研究員
  • 2021/04 - 2022/03 一橋大学大学院社会学研究科 客員研究員
  • 2014/04 - 2017/03 近畿大学大学院 総合文化研究科 非常勤講師
  • 2013/04 - 2017/03 大阪市立大学 大学院文学研究科 専任講師
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2016/04 - 現在 大阪市立大学社会学研究会 『市大社会学』編集長
  • 2013/04 - 2015/03 日本都市社会学会 企画委員
  • 2009/10 - 2011/03 東北社会学研究会 編集委員
  • 2009/04 - 2011/03 東北社会学会 研究活動委員
  • 2007/04 - 2010/03 東北社会学会 会計委員
所属学会 (6件):
アメリカ社会学会 ,  東北社会学会 ,  日本都市社会学会 ,  日本社会学会 ,  東北社会学研究会 ,  国際社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る