研究者
J-GLOBAL ID:201101053902668082   更新日: 2021年01月25日

佐藤 友紀

サトウ トモノリ | Sato Tomonori
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): リハビリテーション科学
研究キーワード (3件): 肉眼解剖 ,  理学療法治療の効果 ,  機能解剖
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2009 - 徒手療法の効果
論文 (9件):
書籍 (3件):
  • 徒手理学療法 - パリス・アプローチ 実践編
    2012
  • 徒手理学療法 - パリス・アプローチ 腰・骨盤編
    2009
  • Neuropathology of Drug Addictions and Substance Misuse, Volume 2
講演・口頭発表等 (5件):
  • Pilot study of the relationship of tibial angle and posterior glide with deep knee flexion
    (2016)
  • Effectiveness of Manual Physical Therapy for HIP-SPINE Syndrome
    (American Academy of Orthopaedic Manual Physical Therapists 2011 Annual Conference 2014)
  • Effect of Initial Head Position on Range of Active Cervical Flexion
    (2013)
  • The Case that both Shoulders Elevation Restrictions Remained after The Chest Surgery.
    (2013)
  • A Radiographic Analysis of the Immediate Effect of Lumbar Side Bending Mobilization
    (2012)
学歴 (1件):
  • 2007 - 2011 国立大学法人浜松医科大学 高次機能医学専攻
学位 (1件):
  • 博士(医学)
経歴 (2件):
  • 2014/04 - 現在 常葉大学
  • 2009/04 - 2013/03 豊橋創造大学
委員歴 (2件):
  • 2013 - 2015 J Manual and Manipulative Therapy 査読委員
  • 2009 - 2014 日本理学療法士協会 徒手理学療法部門運営幹事
所属学会 (1件):
日本解剖学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る