研究者
J-GLOBAL ID:201101054490951724   更新日: 2018年03月30日

大塚 由美子

オオツカ ユミコ | Yumiko Otsuka
所属機関・部署:
職名: 非常勤講師
研究分野 (1件): ヨーロッパ文学
研究キーワード (1件): カナダ文学・文化, アメリカ文学・文化
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • マーガレット・アトウッド研究、カナダ文学・文化研究。シルヴィア・プラス研究、アメリカ文学・文化研究。
MISC (9件):
  • 大塚由美子. (書評)「佐藤アヤ子訳 Margaret Atwood著『またの名をグレイス』上・下」. 『カナダ文学研究』. 2008. 16. 113-114
  • 大塚由美子. マーガレット・アトウッドの小説におけるサバイバルの重層性. 博士(学術)学位請求論文. 2008
  • 大塚由美子. 「Margaret AtwoodのTrue Storiesにおける目撃証言」. KASUMIGAOKA REVIEW. 2007. 13. 1-12
  • 大塚由美子. 「ロストワールドとサバイバル-Margaret AtwoodのLife Before Man」. 『九州英文学研究』. 2005. 22. 47-60
  • 大塚由美子. 「The Edible Womanにおける拒食症のメタファー」. KASUMIGAOKA REVIEW. 2004. 10. 1-18
もっと見る
書籍 (2件):
  • オール・アバウト・ラブ-愛をめぐる13の試論
    春風出版 2017
  • 『マーガレット・アトウッド論:サバイバルの重層性「個人・国家・地球環境」』
    彩流社 2011
講演・口頭発表等 (9件):
  • 「マーガレット・アトウッドの作品における抵抗する人々--全体主義的傾向への警鐘」-日本カナダ文学会30周年記念シンポジウム
    (日本カナダ文学会30周年記念シンポジウム「マーガレット・アトウッドの文学を読み解く」 2012)
  • 「サバイバルの重層性-Life Before Manを中心に」
    (日本カナダ文学会第27回大会 2009)
  • 「暴力と権力の構図--Margaret AtwoodのBodily Harm」
    (日本アメリカ文学会第44回大会 2005)
  • 「Margaret AtwoodのTrue Stories における目撃証言--“Witness is what you must bear”--」
    (日本現代英米詩学会第18回大会 2005)
  • 「Margaret AtwoodのThe Edible Womanにおける拒食症-マリアンの抵抗」
    (九州アメリカ文学会第49回大会 2003)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2007 - 2008 北九州市立大学
  • 1998 - 2003 福岡県立福岡女子大学
  • 1996 - 1998 福岡県立福岡女子大学
  • 1966 - 1970 北九州市立大学
学位 (1件):
  • 学術博士 (北九州市立大学)
経歴 (6件):
  • 2000/10 - 現在 北九州市立大学非常勤講師
  • 1999/04 - 現在 下関市立大学 非常勤講師
  • 2007/04 - 2018/03 西南学院大学 非常勤講師
  • 2013/04 - 2017/03 西南女学院 非常勤講師
  • 2000/04 - 2001/03 九州共立大学 非常勤講師
全件表示
所属学会 (7件):
アメリカ学会 ,  九州アメリカ文学会 ,  日本アメリカ文学会 ,  日本英文学会九州支部 ,  日本英文学会 ,  日本カナダ学会 ,  日本カナダ文学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る