研究者
J-GLOBAL ID:201101055343387976   更新日: 2019年09月08日

富岡征大

トミオカ マサヒロ | Masahiro Tomioka
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/40466800
研究分野 (3件): 機能生物化学 ,  分子生物学 ,  神経科学一般
研究キーワード (13件): 選択的スプライシング ,  PI3キナーゼ ,  イメージング ,  記憶・学習 ,  感覚神経 ,  ライブイメージング ,  インスリン ,  線虫 ,  シグナル伝達 ,  行動 ,  学習 ,  Akt ,  包括脳ネットワーク
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2021 インスリン経路と脂質代謝経路の相互作用に基づく神経回路スイッチ機構の解明
  • 2019 - 2021 動物と微生物の相互作用による脳機能の調節機
  • 2018 - 2021 多様な生命活動を支える機能的RNA制御ネットワークの確立
  • 2015 - 高次神経機能の獲得に必要な遺伝子発現制御ネットワークの解明
  • 2013 - 2014 記憶学習において働くインスリンシグナル伝達の時空間的動態の解明
全件表示
論文 (15件):
  • Jang MS, Toyoshima Y, Tomioka M, Kunitomo H, Iino Y. Multiple sensory neurons mediate starvation-dependent aversive navigation in Caenorhabditis elegans. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2019
  • Takashi Nagashima, Yuichi Iino, *Masahiro Tomioka (*corresponding author). DAF-16/FOXO promotes taste avoidance learning independently of axonal insulin-like signaling. PLOS Genetics. 2019. 15. 7. e1008297
  • Sakai N, Ohno H, *Tomioka M, *Iino Y. (*corresponding author). The intestinal TORC2 signaling pathway contributes to associative learning in Caenorhabditis elegans. PLoS ONE. 2017. 12. 5
  • Wang L, Sato H, Satoh Y, Tomioka M, Kunitomo H, Iino Y. A gustatory neural circuit of Caenorhabditis elegans generates memory-dependent behaviors in Na+ chemotaxis. Journal of Neuroscience. 2017. 37. 8. 2097-2111
  • *Tomioka M, Naito Y, Kuroyanagi H, *Iino Y. (*corresponding author). Splicing factors control C. elegans behavioural learning in a single neuron by producing DAF-2c receptor. Nature Communications. 2016. 7
もっと見る
MISC (14件):
講演・口頭発表等 (7件):
  • C. elegansの学習を制御するインスリン様シグナル伝達経路の役割
    (第81回 日本動物学会大会 2010)
  • 飢餓時に起こる行動可塑性に必要な線虫のインスリン受容体アイソフォームの役割
    (第35回 日本神経科学大会 2012)
  • Regulation of starvation-induced taste learning by insulin-like signaling in C. elegans.
    (JSPS Core-to-Core Project International Seminar 2014)
  • Neuron-type-specific alternative splicing of the insulin receptor gene determines learning ability in C. elegans.
    (Cold Spring Harbor Conferences Asia (RNA Biology) 2016)
  • Role of the Insulin-Like Signaling Pathway in Learning in C. elegans.
    (Gordon Research Conferences (IGF & Insulin System in Physiology & Disease) 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1997 - 2001 東京工業大学 生命理工学部 生命理学科
  • 2001 - 2006 東京大学 大学院理学系研究科 生物化学専攻
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (3件):
  • 2006 - 2007 東京大学大学院理学系研究科 博士研究員
  • 2007 - 2009 東京大学大学院理学系研究科 特任助教
  • 2010 - 現在 東京大学大学院理学系研究科 助教
所属学会 (6件):
日本動物学会 ,  Genetics Society of America ,  日本RNA学会 ,  Society for Neuroscience ,  日本分子生物学会 ,  日本神経科学学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る