研究者
J-GLOBAL ID:201101056561823709   更新日: 2021年10月25日

坂本 良太

サカモト リョウタ | Sakamoto Ryota
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 生命、健康、医療情報学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2015 - 2018 運動教示のためのリアルタイム身体動作符号化
論文 (27件):
  • 坂本 良太, 稲垣 慎一, 野村 由司彦, 亀井 政孝, 坂倉 庸介, 島岡 要. SVMによる機械学習を用いた気管挿管手技の熟練者判別. Shock: 日本Shock学会雑誌. 2019. 34. 1. 68-68
  • L.Yang, T.Ichikawa, Y.Miyawaki, R.Sakamoto, N.Kato, K.Yano, S.Shimada. Maloperation Prevention Filter for Touchscreen Used in Robot Arm. Proc. of the 3rd International Conference on Artificial Intelligence, Automation and Control Technologies (AIACT 2019). 2019
  • Y.Miyawaki, L.Yang, K.Yano, R.Sakamoto, N.Kato, P.Minyong. Electric Wheelchair Control System without Gazing at the Operation Screen. Proc. of International Conference on Mechanical Engineering (TSME-ICoME 2018). 2018
  • T.Ichikawa, L.Yang, K.Yano, R.Sakamoto, S.Shimada, T.Shimada, P.Minyong. Gesture-based operation system for robot arm and electric wheelchair. Proc. of the 3rd International Symposium on Innovative Education and Technology (ISIET) 2018. 2018. 36-42
  • T.Ichikawa, K.Yano, R.Sakamoto, S.Shimada, T.Shimada, P.Minyong. Gesture Based Interface of Robot Arm “Udero” for Upper Limb Dysfunction. Proc. of International Conference on Mechanical Engineering (TSME-ICoME 2017). 2017. Paper No. DRC0021
もっと見る
MISC (9件):
  • 西村 卓也, 野村 由司彦, 坂本 良太. G-2-4 控えめなトルクを用いた動作教示 : 肘関節屈伸動作の知覚評価. IIP情報・知能・精密機器部門講演会講演論文集. 2014. 2014. "G-2-4-1"-"G-2-4-6"
  • 岩部 和樹, 野村 由司彦, Yusoh Syed Muammar Najib Syed, 坂本 良太. G-1-3 触運動覚による指先移動量の知覚. IIP情報・知能・精密機器部門講演会講演論文集. 2014. 2014. "G-1-3-1"-"G-1-3-6"
  • 伊藤 達哉, 西村 卓也, 野村 由司彦, 坂本 良太. J162012 手関節屈伸角度の知覚特性 : 装着型ハプティックインタフェースによる手首動作教示に向けて([J162]メカニカルデバイス・システムの知能化:機械の知能化を学際的に考える). 年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan. 2013. 2013. "J162012-1"-"J162012-5"
  • 加藤 大嗣, 野村 由司彦, 岩部 和樹, 坂本 良太. J162013 指先皮膚感覚による凸点知覚特性 : アクティブホイールマウスに向けて([J162]メカニカルデバイス・システムの知能化:機械の知能化を学際的に考える). 年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan. 2013. 2013. "J162013-1"-"J162013-5"
  • 野村 由司彦, 坂本 良太, 小林 大介. 1A2-R18 なぎなた学習のための動作教示アノテーションシステム(VRとインタフェース). ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集. 2013. 2013. "1A2-R18(1)"-"1A2-R18(2)"
もっと見る
講演・口頭発表等 (51件):
  • 前腕屈伸筋の筋力の知覚特性:知覚可能な小トルクを用いた動作教示に向けて
    (日本機械学会東海支部総会講演会講演論文集 2015)
  • Elbow joint motion support for C4 level cervical cord injury patient using an exoskeleton robot.
    (IEEE International Conference on Robotics and Automation, ICRA 2015, Seattle, WA, USA, 26-30 May, 2015 2015)
  • Motion lecture annotation system to learn Naginata performances
    (Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering 2014)
  • Proposal of tool path generation for recycle pad in Chemical Mechanical Polishing based on piecewise linear interpolation method
    (2014 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, SII 2014 2014)
  • Analysis of involuntary movement and development of a writing assistance system for adults with tension athetosis type cerebral palsy
    (2014 IEEE Conference on Control Applications, CCA 2014 2014)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学) (三重大学)
所属学会 (4件):
日本ロボット学会 ,  日本機械学会 ,  情報処理学会 ,  日本教育工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る