研究者
J-GLOBAL ID:201101057048978566   更新日: 2021年04月28日

戸田 重誠

トダ シゲノブ | TODA SHIGENOBU
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 金沢大学  医薬保健学域医学類   協力研究員
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/00323006
研究分野 (4件): 実験動物学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  精神神経科学
研究キーワード (20件): 作業記憶 ,  瞳孔径 ,  青斑核 ,  注意欠如多動性障害 ,  注意 ,  行動嗜癖 ,  気分障害 ,  発達障害 ,  線条体 ,  目標指向性行動 ,  習慣 ,  ノルアドレナリン ,  神経科学 ,  ドーパミン ,  グルタミン酸恒常性 ,  神経可塑性 ,  意思決定 ,  側坐核 ,  薬物依存 ,  精神医学
競争的資金等の研究課題 (32件):
  • 2020 - 2023 事象関連電位と瞳孔径変化から解明する発達障害におけるパニックの神経基盤
  • 2020 - 2021 pupillometryを用いたADHDの意思決定と注意制御の関係の解明
  • 2017 - 2020 統合失調症における免疫炎症過程亢進と大脳皮質ニューロンの変化
  • 2017 - 2020 病的習慣化の神経基盤;正常な習慣と依存症や強迫性障害はどのように異なるのか
  • 2019 - 2020 瞳孔径リアルタイム測定による定型発達者及びADHD患者の課題施行時におけるノルアドレナリン神経機能の解析
全件表示
論文 (32件):
  • Sou Nobukawa, Aya Shirama, Tetsuya Takahashi, Toshinobu Takeda, Haruhisa Ohta, Mitsuru Kikuchi, Akira Iwanami, Nobumasa Kato, Shigenobu Toda. Identification of attention-deficit hyperactivity disorder based on the complexity and symmetricity of pupil diameter. Scientific Reports. 2021. 11. 1. 8439
  • Sou Nobukawa, Aya Shirama, Tetsuya Takahashi, Toshinobu Takeda, Haruhisa Ohta, Mitsuru Kikuchi, Akira Iwanami, Nobumasa Kato, Shigenobu Toda. Pupillometric Complexity and Symmetricity Follow Inverted-U Curves Against Baseline Diameter Due to Crossed Locus Coeruleus Projections to the Edinger-Westphal Nucleus. Frontiers in Physiology. 2021. 12. 614479
  • Serum levels of glial cell line-derived neurotrophic factor as a biomarker for mood disorders and lithium response. Psychiatry Research. 2021
  • Keita Idemoto, Tamaki Ishima, Tomihisa Niitsu, Tatsuki Hata, Sumiko Yoshida, Kotaro Hattori, Tadasu Horai, Ikuo Otsuka, Hidenaga Yamamori, Shigenobu Toda, et al. Platelet-Derived Growth Factor BB: A Potential Diagnostic Blood Biomarker for Differentiating Bipolar Disorder from Major Depressive Disorder. Journal of Psychiatric Research. 2021. 134. 48-56
  • Aya Shirama, Toshinobu Takeda, Haruhisa Ohta, Akira Iwanami, Shigenobu Toda, Nobumasa Kato. Atypical alert state control in adult patients with ADHD: A pupillometry study. Plos One. 2020
もっと見る
MISC (20件):
  • Toda, S, Lin, Z, Nishikawa H, Iguchi Y, Hope, B. T, Minabe, Y. Identification of the learning process and neuronal circuits for instrumental learning. The 10th research area meeting Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas: Elucidation of the Neural Computation for Prediction and Decision Making. 2015
  • Iguchi, Y, Lin, Z, Nishikawa, H, Minabe, Y, Toda, S. Facilitated or delayed habit formation of appetitive instrumental learning in each subject of Sprague-Dawley rats. The 8th research area meeting Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas: Elucidation of the Neural Computation for Prediction and Decision Making. 2014
  • Iguchi, Y, Kosugi, S, Minabe, Y, Toda, S. Individual differences in pre-stress state predict distinct responses to chronic unpredictable stress in rats. The 7th research area meeting Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas: Elucidation of the Neural Computation for Prediction and Decision Making. 2014
  • 井口善生, 戸田重誠. コカイン行動感作形成における酸化ストレスの役割. 新学術領域「マイクロ精神病態」若手交流研究会. 2014
  • Shigenobu Toda, Yoshio Iguchi, Yoshio Minabe. Individual Differences in Instrumental Performance in Naive Rats Predict Distinctive Responses to Chronic Stress. NEUROPSYCHOPHARMACOLOGY. 2013. 38. S287-S287
もっと見る
特許 (1件):
  • 精神神経活動推定装置
書籍 (13件):
  • 生化学研究の長期展望
    2017
  • 依存症の生物学的メカニズムupdate
    西宮医師会医学雑誌 2016
  • 依存症の生物学的メカニズム
    先端医学社 2016
  • 線条体と依存症
    医学書院、東京 2012
  • 線条体ドーパミンと精神機能(疾患)
    北陸精神神経学会会誌 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (31件):
  • 依存症の生物学的メカニズム〜薬物依存およびアルコール依存を含む〜
    (第23回北信精神科医会学術講演会 2019)
  • 習慣モデル再考〜注意と可塑性の視点から〜
    (早稲田大学心理学科セミナー 2019)
  • アルコール依存の神経基盤
    (第9回広尾カンファランス 2019)
  • 薬物・アルコール依存症から行動嗜癖へ~患者の認知・行動特性と治療的対応~
    (兵庫県精神医療学術講演会 2019)
  • 睡眠薬の正しい使い方
    (荏原医師会研修会 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (東北大学)
経歴 (8件):
  • 2017/04 - 現在 昭和大学病院附属東病院精神神経科 精神神経科 准教授
  • 2020/04 - 金沢大学 精神行動科学 協力研究員
  • 2017/04 - 2020/03 金沢大学 精神行動科学 非常勤講師兼協力研究員
  • 2014/04 - 2017/03 金沢大学 子どもの心の研究発達センター 兼任講師
  • 2008/04 - 金沢大学附属病院神経科精神科 講師
全件表示
委員歴 (4件):
  • - 現在 日本神経精神薬理学会 評議員
  • - 現在 日本アルコール・アディクション医学会 評議員
  • - 現在 日本精神神経学会 専門医認定試験委員・専門医認定試験作成委員
  • 2008 - 2009 オランダ科学研究費海外審査員
所属学会 (9件):
日本総合病院精神医学会 ,  日本動物心理学会 ,  日本アルコール・アディクション医学会 ,  日本児童青年精神医学会 ,  日本神経精神薬理学会 ,  北米神経科学会 ,  日本アルコール・薬物医学会 ,  日本精神神経学会 ,  日本神経科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る