研究者
J-GLOBAL ID:201101057430543790   更新日: 2019年11月26日

菊嶌 孝太郎

キクシマ コウタロウ | KIKUSHIMA KOTARO
所属機関・部署:
職名: 助教
論文 (15件):
  • Hideyasu China, Daichi Koseki, Kazuki Samura, Kotaro Kikushima, Yasuko In, Toshifumi Dohi. Dataset on synthesis and crystallographicstructure of phenyl(TMP)iodonium(III) acetate. Data in brief. 2019. 25. 104063
  • 森内敏之、菊嶌孝太郎. ハロゲン化物塩をハロゲン源とする酸化的ハロゲン化反応. 有機合成化学協会誌. 2019. 77. 3. 227-235
  • Masato Ohashi, Haoyoshi Ishida, Kota Ando, Yu Hashimoto, Anna Shigaki, Kotaro Kikushima, Sensuke Ogoshi. CuI-Catalyzed Pentafluoroethylation of Aryl Iodides in the Presence of Tetrafluoroethylene and Cesium Fluoride: Determining the Route to the Key Pentafluoroethyl CuI Intermediate. Chemistry A European Journal. 2018. 24. 39. 9794
  • Kotaro, Kikushima, Mary Grellier, Masato Ohashi, Sensuke, Ogoshi. Transition-Metal-Free Catalytic Hydrodefluorination of Polyfluoroarenes via a Concerted Nucleophilic Aromatic Substitution with a Hydrosilicate. Angewandte Chemie International Edition. 2017. 56. 51. 16191
  • Masato Ohashi, Takuya Adachi, Naoyoshi Ishida, Kotaro Kikushima, Sensuke Ogoshi. Synthesis and Reactivity of Fluoroalkyl Copper Complexes by the Oxycupration of Tetrafluoroethylene. Angewandte Chemie International Edition. 2017. 56. 39. 11911
もっと見る
特許 (6件):
  • 含フッ素重合体
  • 含フッ素(シクロ)アルケニル基を有するフッ素化合物の製造方法
  • 置換されたオレフィンの製造方法
  • 置換されたオレフィン化合物の製造方法
  • 有機フッ素化合物の製造方法
もっと見る
講演・口頭発表等 (29件):
  • 臭化水素酸および分子状酸素存在下での銅触媒による2-シクロヘキセン-1-オン誘導体の芳香族化反応
    (第60回有機金属化学討論会 2013)
  • 銅触媒を用いた2-シクロヘキセノン誘導体の芳香族化反応:フェノールおよびベンゾフランの合成
    (第30回有機合成化学セミナー 2013)
  • Copper-catalyzed Aromatization Reaction toward Bottom-up Synthesis of π-Extended Compounds
    (The 11th International Symposium on Organic Reaction (ISOR-11) 2013)
  • 銅またはパラジウムを触媒とした芳香族化反応によるフェノー ル誘導体合成法の開発
    (日本化学会第94春季年会 2014)
  • ニッケル触媒を用いたテトラフルオロエチレンとエチレンとの選択的交差三量化反応
    (第3回JACI/GSCシンポジウム 2014)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2005 大阪大学 工学部 応用自然科学科
  • - 2010 大阪大学大学院 工学研究科 応用化学専攻
学位 (1件):
  • 博士(工学) (大阪大学)
経歴 (4件):
  • 2010/05/01 - 2011/01/31 カリフォルニア工科大学
  • 2011/02/01 - 2012/06/30 名古屋市立大学薬学部
  • 2012/07/01 - 2013/12/31 岡山大学異分野融合先端研究コア
  • 2014/01/01 - 2018/03/31 大阪大学大学院工学研究科
受賞 (2件):
  • 2015/08 - Japan Association for Chemical Innovation 7th International Conference on Green and Sustainable Chemistry and 4th JACI/GSC Symposium, Poster Award
  • 2015/05 - 日本化学会 日本化学会 第95春季年会(2015) 優秀講演賞(学術)
所属学会 (4件):
日本化学会 ,  有機合成化学協会 ,  日本フッ素化学会 ,  American Chemical Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る