研究者
J-GLOBAL ID:201101058438859874   更新日: 2020年10月10日

平田 光司

ヒラタ コウジ | HIRATA Kohji
所属機関・部署:
職名: 所長
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://jspsusa.org/wp/
研究分野 (2件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論 ,  科学社会学、科学技術史
研究キーワード (13件): History of Science ,  STS ,  Beam Physics ,  Oral History ,  Archives ,  科学史 ,  ビーム物理 ,  科学技術社会論 ,  サイエンスコミュニケーション ,  大学院教育 ,  巨大科学 ,  オーラルヒストリー ,  アーカイブズ
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2019 - 2023 高エネルギー加速器研究者集団と機種変更
  • 2016 - 2020 科学をめぐる専門的判断の不定性に関する実証的研究
  • 2016 - 2020 高エネルギー物理学の歴史から見る「民主主義」
  • 2013 - 2018 科学技術の不確実性と法的規制-学際的観点からの包括的制度設計の試み
  • 2013 - 2017 科学の多様な不定性と意思決定:当事者性から考えるトランスサイエンス
全件表示
論文 (15件):
  • 平田光司, 高岩義信. 共同利用研究所における自治の相克. 科学史研究. 2020. 第III期59. 293. 38-52
  • 平田光司, 高岩義信. 日本の高エネルギー研究者集団の形成における科研費総合研究宮本班の役割. 科学史研究. 2017. 56. 281. 17-31
  • 平田光司. トランスサイエンスとしての先端巨大技術. 科学技術社会論研究. 2015. 11. 31-49
  • 平田光司. マンハッタン計画の現在. 歴史学研究. 2011. 854. 40-47
  • 桂有加子, 平田光司. Science Program of TV and Science: A Case Study on "Woman and Man" of NHK (in Japanese; 科学番組と科学 : NHK「女と男」を例に). Japanese Journal of Science Communication 科学技術コミュニケーション. 2010. 8. 3-13
もっと見る
MISC (15件):
  • Kohji HIRATA. Social History of High Energy Physics (English version). Science and Society 2010. 2018
  • 平田光司. 高エネルギー物理学研究所の誕生 ー共同利用機関とは. 現代思想. 2016. 44. 12. 210-220
  • 平田光司. 法と科学のハンドブック (ver.20120816). 2012
  • 平田光司. 核の平和利用、軍事利用. 科学(岩波書店). 2011. 81. 12. 1272-1276
  • 平田光司. マンハッタン計画の現在. 歴史学研究. 2011. 884. 40-47
もっと見る
書籍 (8件):
  • 科学技術社会論の挑戦2 科学技術と社会: 具体的課題群
    東京大学出版会 2020
  • 科学の不定性と社会 - 現代の科学リテラシー -
    信山社 2017
  • オーラルヒストリーの理論と実践 --人文・社会科学を学ぶすべての人のために
    出版社名 インターブックス 2011
  • 地震予知と社会
    古今書院 2003
  • 加速器とビームの物理
    岩波書店 2002
もっと見る
講演・口頭発表等 (6件):
  • Incertitude of the Science in case of the Highest Luminosity Accelerator
    (Annual Meeting of the Society for Social Studies of Science 2017)
  • 法と科学の類似性
    (科学技術社会論学会第14回年次研究大会 2015)
  • Oral History Approach to Big Science Laboratories
    (The 9th East Asia Science, Technology, and Society Networks Conference 2009)
  • オーラルヒストリーによる巨大科学の現代史資料システムの構築と共有化 --現状-
    (日本オーラルヒストリー学会 2008)
  • Oral History, Big Science and STS
    (核子物理學史國際工作坊 清華大學(台湾) 2008)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 1976 - 1979 筑波大学 物理学専攻(理学博士 理論物理学)
  • 1974 - 1976 東京教育大学 物理学専攻
  • 1973 - 1974 慶応義塾大学大学院 計測工学専攻
  • 1969 - 1973 慶應義塾大学 計測工学科
  • 1957 - 1963 港区立 氷川小学校
学位 (1件):
  • 理学博士 (筑波大学)
経歴 (14件):
  • 2017/04 - 現在 特別教授 加速器研究施設
  • 2017/04 - 現在 日本学術振興会ワシントン研究連絡センター 所長
  • 2016/04 - 現在 総合研究大学院大学 名誉教授
  • 2012/04 - 2016/03 総合研究大学院大学学融合推進センター センター長
  • 2007/04 - 2016/03 総合研究大学院大学先導科学研究科 生命共生体進化学専攻 教授
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2001/10 - 2017/03 科学技術社会論学会 理事
  • 2007/04 - 2009/03 科学技術社会論学会 会長
  • 2004/09 - 2006/08 日本物理学会 理事(庶務)
  • 2000/04 - 2002/03 ビーム物理研究会 会長
  • 1994/01 - 2000/12 将来の加速器のための国際委員会ビーム力学小委員会 委員長
所属学会 (10件):
日本科学史学会 ,  Beam Physics Club ,  Japan Oral History Association ,  Particle Accelerator Society of Japan ,  Physical Society of Japan ,  日本オーラルヒストリー学会 ,  科学技術社会論学会 ,  高エネルギー物理学研究者会議 ,  ビーム物理研究会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る