研究者
J-GLOBAL ID:201101060372077998   更新日: 2020年09月23日

鈴木 治

スズキ オサム | Suzuki Osamu
所属機関・部署:
職名: 研究リーダー
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/70235935
研究分野 (2件): 産婦人科学 ,  実験動物学
研究キーワード (29件): 卵子体外成熟 ,  マウス ,  モルモット ,  卵子発生能獲得 ,  スナネズミ ,  Suppression Subtractive Hybridization ,  spindlin ,  系統保存 ,  アポトーシス ,  胚幹細胞 ,  発生工学 ,  ハムスター ,  レプチン ,  Subtraction法 ,  卵巣凍結 ,  モルモソト ,  Differential Display ,  リソゾーム病 ,  疾患モデル ,  β-ガラクトシダーゼ ,  ガングリオシドーシス ,  糖鎖遺伝子 ,  ノックアウトマウス ,  トランスジェニックマウス ,  β-ガラクトシドーシス ,  神経変性疾患 ,  トランスジェニック ,  遺伝子治療 ,  糖脂質
論文 (20件):
  • Osamu SUZUKI, Minako KOURA, Kozue UCHIO-YAMADA, Mitsuho SASAKI. Analysis of the transgene insertion pattern in a transgenic mouse strain using long-read sequencing. Experimental Animals. 2020. in press
  • Hamano Y, Ito F, Suzuki O, Koura M, Matsuoka S, Kobayashi T, Sugitani Y, Wali N, Koyanagi A, Hino O, et al. Vasculitis and crescentic glomerulonephritis in a newly established congenic mouse strain derived from ANCA-associated vasculitis-prone SCG/Kj mice. Autoimmunity. 2019. 52. 5-6. 208-219
  • 藤原 大, Mohsen Attayeb, 伊藤 眞理, 鈴木 治, 水口 賢司. 自然言語処理によるノックアウトマウス表現型予測の検討. 日本薬学会年会要旨集. 2019. 139年会. 4. 140-140
  • Hamano Y, Ito F, Suzuki O, Koura M, Matsuoka S, Kobayashi T, Sugitani Y, Wali N, Koyanagi A, Hino O, et al. Vasculitis and crescentic glomerulonephritis in a newly established congenic mouse strain derived from ANCA-associated vasculitis-prone SCG/Kj mice. 2019. 2. 1-12
  • Yosuke Kameoka, Fukuko Kishi, Minako Koura, Yoshio Yamakawa, Rora Nagasawa, Fuyu Ito, Junichiro Matsuda, Osamu Suzuki, Toshinori Nakayama, Kazuo Suzuki. Efficacy of a recombinant single-chain fragment variable region, VasSF, as a new drug for vasculitis. Drug design, development and therapy. 2019. 13. 13. 555-568
もっと見る
MISC (33件):
特許 (2件):
学位 (1件):
  • 農学博士 (東京大学大学院)
経歴 (1件):
  • 2010 - 2011 独立行政法人医薬基盤研究所 研究員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る