研究者
J-GLOBAL ID:201101060372077998   更新日: 2021年10月27日

鈴木 治

スズキ オサム | Suzuki Osamu
所属機関・部署:
職名: 研究リーダー
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/70235935
研究分野 (2件): 産婦人科学 ,  実験動物学
研究キーワード (29件): 卵子体外成熟 ,  マウス ,  モルモット ,  卵子発生能獲得 ,  スナネズミ ,  Suppression Subtractive Hybridization ,  spindlin ,  系統保存 ,  アポトーシス ,  胚幹細胞 ,  発生工学 ,  ハムスター ,  レプチン ,  Subtraction法 ,  卵巣凍結 ,  モルモソト ,  Differential Display ,  リソゾーム病 ,  疾患モデル ,  β-ガラクトシダーゼ ,  ガングリオシドーシス ,  糖鎖遺伝子 ,  ノックアウトマウス ,  トランスジェニックマウス ,  β-ガラクトシドーシス ,  神経変性疾患 ,  トランスジェニック ,  遺伝子治療 ,  糖脂質
論文 (21件):
もっと見る
MISC (36件):
  • Kozue Uchio-Yamada, Keiko Yasuda, Yoko Monobe, Ken-Ichi Akagi, Osamu Suzuki, Noboru Manabe. Tensin2 is important for podocyte-glomerular basement membrane interaction and integrity of the glomerular filtration barrier. American journal of physiology. Renal physiology. 2020. 318. 6. F1520-F1530
  • Fuyu Ito, Minako Koura, Shoichi Suzuki, Toshiko Tsurumi, Fukuko Kishi, Kazuko Uno, Yosuke Kameoka, Osamu Suzuki, Kazuo Suzuki. MOESIN EXPRESSION LEVEL OF MPO-ANCA ASSOCIATED-VASCULITIS MODEL MICE. RHEUMATOLOGY. 2019. 58
  • Yosuke Kameoka, Fukuko Kishi, Minako Koura, Yoshio Yamakawa, Rora Nagasawa, Fuyu Ito, Junichiro Matsuda, Osamu Suzuki, Toshinori Nakayama, Kazuo Suzuki. NEW DRUG FOR VASCULITIS: EFFICACY OF A RECOMBINANT SINGLE-CHAIN FRAGMENT VARIABLE REGION, VASSF. RHEUMATOLOGY. 2019. 58. 158-158
  • O. Suzuki, M. Koura, K. Uchio-Yamada, M. Sasaki. Search of capacitation-related surface proteins in mouse sperm by differential fluorescent two-dimension electrophoresis. MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL. 2016. 27
  • 鈴木 治. 拡張型心筋症モデルマウス(4C30)に見られた心臓ミトコンドリア内フマラーゼの減少. 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集. 2015. 88回・38回. [1P1241]-[1P1241]
もっと見る
特許 (2件):
学位 (1件):
  • 農学博士 (東京大学大学院)
経歴 (1件):
  • 2010 - 2011 独立行政法人医薬基盤研究所 研究員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る