研究者
J-GLOBAL ID:201101061211037356   更新日: 2020年09月01日

高橋 由香里

タカハシ ユカリ | Takahashi Yukari
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): http://www.jikei-neuroscience.com/website
研究キーワード (2件): 電気生理学 ,  シナプス可塑性
論文 (27件):
  • 高橋由香里, 宮沢 祐太, 有村 大吾, 杉村 弥恵, 加藤 総夫. 三叉神経支配領域炎症性疼痛モデルにおける扁桃体疼痛制御機構. Pain research. 2020. 35. 1. 10-16
  • Oto Y, Takahashi Y, Kurosaka D, Kato F. Alterations of voluntary behavior in the course of disease progress and pharmacotherapy in mice with collagen-induced arthritis. Arthritis research & therapy. 2019. 21. 1. 284
  • 浮地 里佳子, 高橋 由香里, 杉村 弥恵, 西村 理明, 加藤 総夫. 社会階位-血糖制御連関を司る生物学的メカニズムの解明. 肥満研究. 2019. 25. Suppl. 252-252
  • Shogo Soma, Junichi Yoshida, Shigeki Kato, Yukari Takahashi, Satoshi Nonomura, Yae K. Sugimura, Alain Ríos, Masanori Kawabata, Kazuto Kobayashi, Fusao Kato, et al. Ipsilateral-Dominant Control of Limb Movements in Rodent Posterior Parietal Cortex. The Journal of Neuroscience. 2019. 39. 3. 485-502
  • Arimura D, Shinohara K, Takahashi Y, Sugimura YK, Sugimoto M, Tsurugizawa T, Marumo K, Kato F. Primary Role of the Amygdala in Spontaneous Inflammatory Pain- Associated Activation of Pain Networks - A Chemogenetic Manganese-Enhanced MRI Approach. Frontiers in neural circuits. 2019. 13. 58
もっと見る
MISC (61件):
  • 篠原 恵, 有村 大吾, 奥津 裕也, 池田 亮, 高橋 由香里, 加藤 総夫, 丸毛 啓史. 慢性痛成立時の自発的脳活動におけるCGRPの関与 マンガン造影MRIを用いた解析. 日本整形外科学会雑誌. 2018. 92. 8. S1751-S1751
  • 有村 大吾, 篠原 恵, 釣木澤 朋和, 高橋 由香里, 奥津 裕也, 池田 亮, 加藤 総夫, 丸毛 啓史. 炎症性疼痛慢性化過程におけるマウス自発脳活動可視化. 日本整形外科学会雑誌. 2018. 92. 8. S1751-S1751
  • 有村 大吾, 篠原 恵, 丸毛 啓史, 釣木澤 朋和, 高橋 由香里, 加藤 総夫. 整形トピックス マンガン造影MRIを用いた小動物自発脳活動可視化. 整形外科. 2018. 69. 7. 738-738
  • 加藤 総夫, 高橋 由香里, 木下 淳, 落合 敏平, 杉本 真理子. 神経障害の病態と治療 痛みを科学する 有痛性糖尿病神経障害における痛覚過敏の中枢メカニズム. 糖尿病. 2018. 61. Suppl.1. S-73
  • 有村 大吾, 篠原 恵, 釣木澤 朋和, 高橋 由香里, 奥津 裕也, 池田 亮, 加藤 総夫, 丸毛 啓史. 慢性疼痛発症のメカニズムと治療 炎症性疼痛慢性化過程におけるマウス自発脳活動可視化. 日本整形外科学会雑誌. 2017. 91. 8. S1685-S1685
もっと見る
書籍 (1件):
  • Annual Review 神経 2019
    中外医学社 2019
講演・口頭発表等 (70件):
  • Neuropathic pain-associated plasticity in the nociceptive amygdala
    (第48回内藤コンファレンス 2019)
  • Synaptic regulation by CGRP in the nociceptive amygdala
    (Neuro2019 2019)
  • 三叉神経支配領域炎症性疼痛モデルにおける扁桃体疼痛制御機構
    (第41回日本疼痛学会 2019)
  • From nociception to emotion and vice versa -Role of the amygdala in pain chronification
    (9th FAOPS CONGRESS / the 96th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 2019)
  • Effect of neuropathic pain on the optogenetically activated feedforward inhibition in the central amygdala of rats
    (Neuroscience2018 2018)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る