研究者
J-GLOBAL ID:201101061718026313   更新日: 2020年12月16日

佐藤 美由紀

Sato Miyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 細胞生物学
研究キーワード (13件): 線虫,細胞内輸送,受精,コレステロール,オートファジー,ミトコンドリア ,  mitochondria ,  autophagy ,  cholesterol ,  fertilization ,  membrane trafficking ,  C.elegans ,  ミトコンドリア ,  オートファジー ,  コレステロール ,  受精 ,  細胞内輸送 ,  線虫
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • Physiological roles of intracellular trafficking in living animals
  • Physiological roles of intracellular trafficking in model animals
  • 高次生命現象における細胞内輸送の生理機能
  • 高次生命現象における細胞内物質輸送の生理的役割の解明
  • 線虫を用いたコレステロールの取り込みと代謝を制御する分子基盤の解明
全件表示
論文 (65件):
もっと見る
MISC (65件):
  • 佐藤 美由紀, 佐藤 裕公, 佐藤 健. 初期発生におけるリソソーム分解の生理機能と分子メカニズム (特集 マルチモードオートファジー : 広がり続ける自食作用の世界). 生化学. 2019. 91. 5. 643-651
  • 佐藤 美由紀, 佐藤 健. 【ミトコンドリアと疾患・老化 細胞内代謝プラントとしての役割を知り、ミトコンドリアを標的とした創薬に挑む】(第1章)ミトコンドリアの基礎研究の飛躍的進展 マイトファジーの分子機構と生理的役割 受精卵における精子ミトコンドリアの排除機構. 実験医学. 2019. 37. 12. 1924-1929
  • Keiko Saegusa, Miyuki Sato, Nobukatsu Morooka, Taichi Hara, Ken Sato. SFT-4/Surf4 control ER export of soluble cargo proteins and participate in ER exit site organization. Journal of Cell Biology. 2018. 217. 6. 2073-2085
  • Keiko Saegusa, Miyuki Sato, Nobukatsu Morooka, Taichi Hara, Ken Sato. SFT-4/Surf4 control ER export of soluble cargo proteins and participate in ER exit site organization. Journal of Cell Biology. 2018. 217. 6. 2073-2085
  • Sato, Miyuki, Sato, Katsuya, Tomura, Kotone, Kosako, Hidetaka, Sato, Ken. The autophagy receptor ALLO-1 and the IKKE-1 kinase control clearance of paternal mitochondria in Caenorhabditis elegans. NATURE CELL BIOLOGY. 2018. 20. 1. 81
もっと見る
書籍 (5件):
  • Methods in Molecular Biology "Mitophagy"
    Springer 2017
  • Methods in Molecular Biology "Mitophagy"
    Springer 2017
  • 生命誌 年間号 つむぐ
    新曜社 2016
  • "メンブレントラフィックの奔流 分子から細胞,そして個体へ"
    共立出版 2008
  • タンパク質の一生 集中マスター 細胞における成熟・輸送・品質管理
    羊土社 2007
講演・口頭発表等 (47件):
  • The autophagy receptor ALLO-1 and the TBK1/IKKε-related kinase regulate clearance of paternal mitochondria in C. elegans.
    (第41回日本分子生物学会 2018)
  • Selective autophagy of paternal mitochondria for maternal inheritance of mitochondrial DNA
    (The 4th IMCR Symposium on Endocrine and Metabolism 2018)
  • キナーゼとアダプターによる父性オルガネラ選択的オートファジーの制御
    (第91回日本生化学会大会 2018)
  • オートファジーによる父性オルガネラ選択的分解の分子メカニズム
    (2018)
  • The mechanism of paternal mitochondria clearance via allophagy
    (The 8th International Symposium on Autophagy 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学大学院理学系研究科)
経歴 (2件):
  • 群馬大学 生体調節研究所
  • 群馬大学・生体調節研究所 准教授
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る