研究者
J-GLOBAL ID:201101062118844400   更新日: 2019年04月01日

荒井紀一郎

アライ キイチロウ | Kiichiro Arai
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.arai.polisci-tmu.jp/
研究分野 (1件): 政治学
研究キーワード (7件): 政治学 ,  実験経済学 ,  政治経済学 ,  社会系心理学 ,  世論調査 ,  政治参加研究 ,  投票行動研究
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2012 - 2014 二大政党化の進展と政策対立の停頓:選挙制度改革以降の有権者-政党関係の変容
  • 2011 - 2013 社会的ジレンマを克服する政治制度の構築:民主主義が機能する政治心理学的基盤の探求
  • 2007 - 2012 政治制度の選択と機能分析
  • 2008 - 2011 グローバル化と国内政治:世論調査と政策アクター分析を用いた総合的実証研究
  • 2009 - 2010 多数派形成のメカニズムと政権交代
論文 (10件):
  • Kiichiro Arai, Kyohei Yamada. EXAMINING THE EFFECT OF PROVIDING A PEN ON THE RESPONSE RATE TO A MAIL SURVEY. Behaviormetrika. 2016. 43. 2. 83-101
  • 荒井 紀一郎, 泉川 泰博. 日本人はどの程度武力行使に前向きなのか? : 尖閣諸島有事シミュレーションを用いた選択実験 (特集 外交と世論). レヴァイアサン. 2014. 54. 28-47
  • 荒井 紀一郎. 民意のベースライン : 新聞報道による議題設定効果の測定 (特集 民意). 年報政治学. 2014. 2014. 1. 104-122
  • 今井 亮佑, 荒井 紀一郎. 「ねじれ」状況下における業績評価と投票行動 (特集 震災と選挙). 選挙研究 : 日本選挙学会年報. 2013. 29. 1. 87-101
  • Kiichiro Arai, Masaru Kohno, Shin Toyoda. How did the Japanese Public React to Kim Jong Il's Death?. International Relations of Asia-Pacific. 2012
もっと見る
書籍 (10件):
  • 社会科学の実験アプローチ
    勁草書房 2007 ISBN:4326502924
  • Introducing the faculty of policy studies : integrating policy and culture
    Faculty of Policy Studies, Chuo University 2010 ISBN:9784990541705
  • 世論調査の新しい地平: CASI方式世論調査
    勁草書房 2013 ISBN:4326302194
  • 新しい政治経済学の胎動: 社会科学の知の再編へ
    勁草書房 2013 ISBN:4326302208
  • 参加のメカニズム-民主主義に適応する市民の動態
    木鐸社 2014 ISBN:4833224682
もっと見る
講演・口頭発表等 (15件):
  • Mechanism of Habitual Voting: Simulation Model of Voter's Turnout
    (GLOPE-CREED Workshop New Directions in Political-Economic Behavioral Research :Experiments, Social Research, Simulation 2007)
  • 有権者の2つの顔:会社員と党派人
    (第11回実験社会科学コンファランス 2007)
  • At the Nexus of Competition and Representation: Exploring Interaction between Elites’ Outside Lobbying and Voters’ Sense of Efficacy in Japan
    (Modeling Power Relationships in Japanese Democracy 2007)
  • 適応的な市民の政治参加メカニズム
    (2007年度日本選挙学会 2007)
  • 選挙分析とマルチエージェントシミュレーション・モデル
    (2008年度日本政治学会 2008)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(政治学) (早稲田大学)
経歴 (6件):
  • 2007/04 - 2008/03 日本学術振興会 特別研究員(DC2・21COE)
  • 2009/04 - 2012/03 中央大学 総合政策学部 特任助教
  • 2012/04 - 2014/03 早稲田大学 助教
  • 2014/04 - 2018/03 首都大学東京 准教授
  • 2018/04 - 2019/03 首都大学東京 准教授
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2014/10 - 2015/10 日本政治学会 2015年度企画委員会
  • 2012/10 - 2014/06 日本政治学会 年報2014年第I号 編集委員会
  • 2013/05 - 2014/05 日本選挙学会 2014年度 企画委員会
  • 2012/09 - 2013/12 日本選挙学会 年報第29号編集委員会
  • 2011/05 - 2015/03 日本選挙学会 事務局幹事
全件表示
受賞 (2件):
  • 2012/05 - 日本選挙学会 2011年度日本選挙学会賞優秀論文 政治的洗練性が規定する態度の安定性
  • 2011/05 - 日本選挙学会 2010年度日本選挙学会賞優秀ポスター 争点の種類と争点投票-対立軸の認知が生み出す投票行動のパターン-
所属学会 (6件):
International Society of Political Psychology ,  日本行動計量学会 ,  Midwest Political Science Association ,  American Political Science Association ,  日本社会心理学会 ,  日本政治学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る