研究者
J-GLOBAL ID:201101062118844400   更新日: 2020年10月28日

荒井 紀一郎

アライ キイチロウ | Arai Kiichiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.arai.fps-chuo-univ.jp/
研究分野 (1件): 政治学
研究キーワード (6件): 世論調査 ,  政治参加研究 ,  投票行動研究 ,  政治学 ,  政治経済学 ,  社会系心理学
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2019 - 2023 選挙ガバナンスが正確な投票(CorrectVoting)に与える影響に関する研究
  • 2018 - 2021 実験アプローチによる行政組織の研究
  • 2018 - 2021 学習する市民の政治的価値観の形成過程:分極化による集団間対立を抑制する条件の探求
  • 2017 - 2020 日本におけるヘイトスピーチの心的基盤と法規範形成の研究
  • 2018 - 2019 自然災害を克服するコミュニティの構築:市民と地域を結ぶ政治心理的基盤の探求
全件表示
論文 (12件):
  • Kyohei Yamada, Kiichiro Arai. Do boundary consolidations alter the relationship between politicians and voters? The case of municipal mergers in Japan. Local Government Studies. 2020. forthcoming. 1-27
  • 河野勝・荒井紀一郎. 競争と代表:2つの民主主義の共振. 選挙研究. 2019. 35. 2. 5-18
  • Kiichiro Arai, Kyohei Yamada. EXAMINING THE EFFECT OF PROVIDING A PEN ON THE RESPONSE RATE TO A MAIL SURVEY. Behaviormetrika. 2016. 43. 2. 83-101
  • 荒井 紀一郎. 民意のベースライン:-新聞報道による議題設定効果の測定-. 日本政治學會年報政治學. 2014. 65. 1. 1_104-1_122
  • 荒井 紀一郎, 泉川 泰博. 日本人はどの程度武力行使に前向きなのか? : 尖閣諸島有事シミュレーションを用いた選択実験 (特集 外交と世論). レヴァイアサン. 2014. 54. 28-47
もっと見る
書籍 (11件):
  • 基礎ゼミ 政治学
    世界思想社 2019 ISBN:9784790717249
  • Japan decides 2017 : the Japanese general election
    Palgrave Macmillan 2018 ISBN:9783319764740
  • 日本の夜の公共圏:スナック研究序説
    白水社 2017 ISBN:4560095477
  • 実験政治学 (フロンティア実験社会科学)
    勁草書房 2016 ISBN:4326349131
  • Electoral Survey Methodology: Insight from Japan on using computer assisted personal interviews (Routledge-WIAS Interdisciplinary Studies)
    Routledge 2016 ISBN:0415859379
もっと見る
講演・口頭発表等 (23件):
  • 最適配置は可能か?: パーソナリティとパフォーマンス
    (2020年度 日本政治学会研究大会 2020)
  • How to Make Hawkish Voters: The Japanese Case
    (2019 APSA Annual Meeting & Exhibition 2019)
  • Voters’ Preferences over Local Leaders after Natural Disasters
    (2019 the MPSA Annual Conference 2019)
  • 自然災害がもたらす有権者-政治家関係の変化
    (2018年度日本政治学会大会 2018)
  • 政治家の選好ははかれるか?
    (日本行動計量学会第46回大会 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(政治学) (早稲田大学)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 中央大学 総合政策学部 准教授
  • 2019/04 - 2020/03 首都大学東京 法学部 教授
  • 2018/04 - 2019/03 首都大学東京 法学部 准教授
  • 2014/04 - 2018/03 首都大学東京 都市教養学部法学系 准教授
  • 2012/04 - 2014/03 早稲田大学 政治経済学術院 助教
全件表示
委員歴 (9件):
  • 2018 - 現在 日本行動計量学会 編集委員
  • 2018/10 - 2019/10 日本政治学会 企画委員
  • 2016 - 2018 ICPSR国内利用協議会 副会長
  • 2014/10 - 2015/10 日本政治学会 2015年度企画委員会
  • 2011/05 - 2015/03 日本選挙学会 事務局幹事
全件表示
受賞 (2件):
  • 2012/05 - 日本選挙学会 2011年度日本選挙学会賞優秀論文 政治的洗練性が規定する態度の安定性
  • 2011/05 - 日本選挙学会 2010年度日本選挙学会賞優秀ポスター 争点の種類と争点投票-対立軸の認知が生み出す投票行動のパターン-
所属学会 (6件):
International Society of Political Psychology ,  日本行動計量学会 ,  Midwest Political Science Association ,  American Political Science Association ,  日本社会心理学会 ,  日本政治学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る