研究者
J-GLOBAL ID:201101062509699587   更新日: 2020年08月31日

上原 明

ウエハラ アキラ | Akira Uehara
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 神経科学一般 ,  神経科学一般
研究キーワード (1件): 心筋リアノジン受容体
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2016 - 2018 ヒト心臓突然死の再現マウスとiPS細胞由来心筋細胞を用いた発症機講解明と治療薬探索
  • 2014 - 2017 変異リアノジン受容体のカルシウム漏れによる心室頻拍:催不整脈性のインビトロ再構成
  • 2014 - 2017 遺伝性不整脈疾患の基礎研究と治療法開発
  • 2011 - 2013 細胞シグナル研究
  • 2010 - 2013 リアノジン受容体の機能サブドメインを介する筋小胞体Ca2+遊離の制御機構の解明
全件表示
論文 (32件):
もっと見る
MISC (2件):
  • 景浦 宏, 古賀 正明. 背軸の形成と機能発現機構の解析. Research. 2017. 22. 4. 59-60
  • 景浦 宏, 上原 明, 古賀 正明. 神経・筋肉系応答における細胞シグナルの研究. Reserch. 2014. 19
書籍 (1件):
  • Chapter 16. Bocking pharmacology of batrachotoxin-activated sodium channels In ion cahnnel reconstitution
    Plenum Press, New York 1986
講演・口頭発表等 (8件):
  • 致死性不整脈を誘発する変異リアノジン受容体の機能障害
    (日本生理学会 2014)
  • Ryanodine receptor channels are regulated by specific binding of a membrane phospholipid metabolite
    (Biophysical Meeting 2010)
  • 脳神経に発現するKCNQ3チャネルにおけるポア領域の構造機能相関
    (第83回日本生理学会 2006)
  • 脳型KCNQ3変異体のチャネル機能解析
    (西日本生理学会 2005)
  • 心筋型リアノジン受容体のチャネル活性の細胞内調節機構
    (第82回日本生理学会 2005)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (福岡大学)
所属学会 (1件):
日本生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る