研究者
J-GLOBAL ID:201101063012086189   更新日: 2020年10月03日

横谷 明徳

Yokoya Akinari | Yokoya Akinari
所属機関・部署:
職名: 統括グループリーダー
ホームページURL (1件): https://www.qst.go.jp/site/iqls/
研究分野 (3件): 生物物理学 ,  化学物質影響 ,  放射線影響
研究キーワード (8件): 量子生命科学 ,  システム生物学 ,  シンクロトロン放射 ,  DNA損傷の物理化学的過程 ,  クラスターDNA損傷 ,  DNA修復 ,  放射線DNA損傷 ,  放射線生物物理学
競争的資金等の研究課題 (24件):
  • 2020 - 2024 放射線DNA損傷の量子過程と制御
  • 2020 - 2023 DNA二重鎖切断の認識と修復及び細胞応答統御におけるDNAーPKの機能と存在意義
  • 2018 - 2022 放射線によるDNA損傷形成における水和水の作用の解明
  • 2016 - 2019 放射線生体ストレス応答のシステム生物学
  • 2015 - 2018 クラスターDNA損傷に対する細胞内修復動態と損傷の局在化メカニズム
全件表示
論文 (126件):
  • Misaki Hirato, Misato Onizawa, Yuji Baba, Yoshinori Haga, Kentaro Fujii, Shin-ichi Wada, Akinari Yokoya. Electronic properties of DNA-related molecules containing a bromine atom. International Journal of Radiation Biology. 2020. 1-7
  • 福永久典, 横谷明徳. マイクロビームと組織培養を用いた放射線組織生物学-保健物理学と放射線生物学の接点として. 保健物理. 2020. 55. 2. 92-96
  • Hisanori Fukunaga, Kiichi Kaminaga, Takuya Sato, Ritsuko Watanabe, Takehiko Ogawa, Akinari Yokoya, Kevin M Prise. The Tissue-Sparing Effect of Spatially Fractionated X-rays for Maintaining Spermatogenesis: A Radiobiological Approach for the Preservation of Male Fertility after Radiotherapy. Journal of clinical medicine. 2020. 9. 4
  • Akinari Yokoya, Noriko Usami. Targeting Specific Sites in Biological Systems with Synchrotron X-Ray Microbeams for Radiobiological Studies at the Photon Factory. Quantum Beam Science. 2020. 4. 1. 2-2
  • Marie-Anne Hervé du Penhoat, Anis Hamila, Marie-Pierre Gaigeot, Rodolphe Vuilleumier, Kentaro Fujii, Akinari Yokoya, Marie-Françoise Politis. Ab Initio Molecular Dynamics Simulations to Interpret the Molecular Fragmentation Induced in Deoxyribose by Synchrotron Soft X-Rays. Quantum Beam Science. 2019. 3. 4. 24-24
もっと見る
MISC (36件):
  • Hisanori Fukunaga, Kevin M. Prise, Akinari Yokoya. Micro-slit X-ray irradiation reveals testicular tissue-sparing effects: an attempt for high-precision radiotherapy for male fertility preservation. PF Highlights 2019. 2020
  • 福永久典, 横谷明徳. ストライプ状照射を用いた精子形成能維持と臨床応用. Isotope News. 2020. 771
  • 福永久典, 神長輝一, 佐藤卓也, 渡辺立子, 宇佐美徳子, 小川毅彦, 横谷明徳, Kevin M. Prise. 器官培養したマウス精巣に対するすだれ状X線マイクロビーム照射と精子形成に与える影響. Photon Factory Activity Report 2018. 2019. 36. 2017G565
  • 藤巻秀, 五十嵐龍治, 高草木洋一, 安達基泰, 横谷明徳, 玉田太郎, 河野秀俊, 鹿園直哉, 今岡達彦, 赤松憲, et al. 最先端の研究開発 量子科学技術研究開発機構 第4回「量子生命科学」の発進. ΑΤΟΜΟΣ. 2019. 61. 6. 477-481
  • 福永久典, 神長輝一, 佐藤卓也, Butterworth KT, 横谷明徳, 小川毅彦, Prise KM. 精巣組織器官培養法を用いた放射線照射影響の検討と治療への応用. 生命科学系学会合同年次大会 2017年度. 2017. 4AT180500
もっと見る
書籍 (1件):
  • Charged particle and photon interactions with matter-recent advances, applications and interfaces
    CRC/Taylor & Francis Group 2011
講演・口頭発表等 (1件):
  • Various modes of DNA damage formation by the direct effect of radiation
    (The 56th Annual Meeting of Radiation Research Society 2010)
学歴 (4件):
  • 1992 - 筑波大学大学院 博士(理学)修得
  • 1987 - 1991 筑波大学大学院(博士課程後期) 生物物理化学専攻(単位取得退学)
  • 1985 - 1987 筑波大学大学院(博士課程前期) 生物物理化学専攻
  • 1981 - 1985 筑波大学 生物学類
学位 (1件):
  • 博士(理学) (筑波大学)
経歴 (9件):
  • 2019/04 - 現在 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 量子生命科学領域 上席研究員・統括グループリーダー
  • 2016/04 - 現在 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 東海量子ビーム応用研究センター 上席研究員
  • 2010 - 現在 茨城大学大学院 理工学研究科 客員教授
  • 2012/04 - 2016/03 独立行政法人日本原子力研究開発機構 研究主席
  • 2004/04 - 2012/03 独立行政法人日本原子力研究開発機構 先端基礎研究センター 研究主幹
全件表示
所属学会 (5件):
量子生命科学研究会 ,  日本放射線化学会 ,  日本放射線影響学会 ,  日本生物物理学会 ,  日本放射光学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る