研究者
J-GLOBAL ID:201101070889050041   更新日: 2020年01月18日

武田 洋平

タケダ ヨウヘイ | TAKEDA Youhei
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 日越大学  非常勤講師
ホームページURL (2件): http://www.chem.eng.osaka-u.ac.jp/~komaken/members/index.html#takedahttp://www.chem.eng.osaka-u.ac.jp/~komaken/english/members/index.html#takeda
研究分野 (4件): 有機化学 ,  機能物性化学 ,  デバイス関連化学 ,  機能材料・デバイス
研究キーワード (14件): 有機EL ,  発光材料 ,  メカノクロミズム ,  有機金属化学 ,  構造有機化学 ,  有機機能材料化学 ,  有機合成化学 ,  遷移金属触媒 ,  有機典型元素化学 ,  リン光 ,  熱活性化遅延蛍光 ,  ハロゲン結合 ,  複素環 ,  フラーレン
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2017 - 2020 直交性ドナー・アクセプターπ共役システムに基づく励起状態マネージメント
  • 2018 - 2019 外部刺激に応答して多様な発光色へ変幻する分子材料の創成と機能原理の解明
  • 2017 - 2019 しなやかな構造変化を機能の鍵とするπ造形
  • 2016 - 2019 ハロゲン結合形成を鍵とする触媒反応の遷移状態制御
  • 2017 - 2018 塗布型有機ELデバイスへの応用を指向した遅延蛍光ポリマー材料の創成
全件表示
論文 (12件):
  • Hydrostatic Pressure-Controlled Ratiometric Luminescence Responses of Dibenzo[a,j]phenazine-Cored Mechanoluminophore. ChemPhotoChem. 2019
  • Youhei Takeda, Tetsuya Matsuno, Akhilesh K. Sharma, W. M. C. Sameera, Satoshi Minakata. Asymmetric Synthesis of β 2 -Aryl Amino Acids through Pd-Catalyzed Enantiospecific and Regioselective Ring-Opening Suzuki-Miyaura Arylation of Aziridine-2-carboxylates. Chemistry - A European Journal. 2019
  • Akhilesh K. Sharma, W. M. C. Sameera, Youhei Takeda, Satoshi Minakata. Computational Study on the Mechanism and Origin of the Regioselectivity and Stereospecificity in Pd/SIPr-Catalyzed Ring-Opening Cross-Coupling of 2-Arylaziridines with Arylboronic Acids. ACS Catalysis. 2019. 4582
  • Przemyslaw Data, Youhei Takeda. Recent Advancements in and the Future of Organic Emitters: TADF- and RTP-Active Multifunctional Organic Materials. Chemistry - An Asian Journal. 2019
  • Hiroto Omori, Satoru Hiroto, Youhei Takeda, Heike Fliegl, Satoshi Minakata, Hiroshi Shinokubo. Ni(II) 10-Phosphacorrole: A Porphyrin Analogue Containing Phosphorus at the Meso Position. Journal of the American Chemical Society. 2019
もっと見る
MISC (18件):
もっと見る
特許 (1件):
  • Compositions, Methods, and Systems Comprising Fluorous-soluble Polymers
書籍 (4件):
  • Halogenated Heterocycles: Synthesis, Application and Environment, Topics in Heterocyclic Chemistry
    Springer 2012 ISBN:978-3-642-25103-0
  • Methods and Applications of Cycloaddition Reactions in Organic Syntheses
    Wiley-VCH 2014 ISBN:978-1-118-29988-3
  • フラーレン誘導体・内包技術の最前線
    シーエムシー出版 2014 ISBN:978-4-7813-0937-8
  • Science of Synthesis: Knowledge Updates 2019/2
    Georg Thieme Verlag KG 2019 ISBN:978-3132429635
講演・口頭発表等 (35件):
  • Development of Novel Oxidative Transformations of Aromatic Amines Toward Selective Construction of N-Containing Conjugated Compounds
    (Seminar, Massachusetts Institute of Technology 2013)
  • Development of Novel Oxidative Transformations of Aromatic Amines Toward Selective Construction of N-Containing Conjugated Compounds
    (Seminar, University of Calgary, Calgary 2013)
  • Pd/NHC-Catalyzed Enantiospecific and Regioselective Suzuki-Miyaura Cross-Coupling of 2-Arylaziridines with Arylboronic Acids to Construct a Tertiary Stereogenic Center
    (XXVI International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC 2014) Post-Symposium in Osaka 2014)
  • Development of Novel Oxidative Transformations of Aromatic Amines Toward Efficient and Selective Construction of N-Containing π-Conjugated Compounds
    (CBC Seminar at Nanyang Technological University 2014)
  • 芳香族アミン類の酸化的変換の新展開
    (セミナー“化学千一夜”「あすの化学への夢を語ろう」 2015)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2005 - 2010 京都大学 大学院工学研究科 材料化学専攻
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (7件):
  • 2009/04 - 2010/03 京都大学 日本学術振興会特別研究員(DC2)
  • 2010/04 - 2011/01 京都大学 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2010/04 - 2011/01 マサチューセッツ工科大学 博士研究員
  • 2011/02 - 2015/03 大阪大学 助教(テニュアトラック)
  • 2015/08 - 2019/07 日越大学 非常勤講師
全件表示
受賞 (6件):
  • 2018/12 - 公益社団法人 有機合成化学協会 平成30年度(第37回)有機合成化学奨励賞 含窒素芳香族化合物の新構築法に基づいた多機能性発光分子の創製
  • 2018/09 - パブロンズ Publons Peer Review Awards 2018 (top 1% in Chemistry)
  • 2015/07 - 大阪大学 第4回大阪大学総長奨励賞(研究部門) 遷移金属触媒によるアジリジンの選択的変換反応の研究
  • 2015/02 - 公益社団法人 有機合成化学協会 有機合成化学協会 東レ研究企画賞 アジリジンの酸化的付加を鍵とする多様な触媒的変換反応による光学活性アミン化合物の選択的合成法の開発
  • 2009/06 - 京都大学大学院工学研究科 桂インテックセンター高等研究院 融合ナノ基盤工学研究部門 第二回融合ナノ基盤若手研究者交流会奨励賞 ビス(アルケニル)ジペリジノベンゼンの固体発光特性
全件表示
所属学会 (9件):
Materials Research Society ,  ケイ素化学協会 ,  高分子学会 ,  基礎有機化学会 ,  日本化学会 ,  有機合成化学協会 ,  アメリカ化学会 ,  ヨウ素学会 ,  近畿化学協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る