研究者
J-GLOBAL ID:201101072153240679   更新日: 2021年02月02日

ラーデマッハ クリストフ

ラーデマッハ クリストフ | Rademacher Christoph
所属機関・部署:
職名: 准教授
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2018 - 2023 パブリック・ドメインの醸成と確保という観点からみた各種知的財産法の横断的検討
  • 2018 - 2022 Balancing Open-Close Strategy Options to Foster Innovation Policy in Japan: Navigating the Conflict between Patent Disclosure and Corporate Secrecy
  • 2017 - 2022 複数国間の共通的知的財産制度及び関連法制度の研究
  • 2017 - 2021 デザイン保護法制の国際的調和-創作実態を踏まえた世界的なデザイン保護のあり方-
  • 2015 - 2018 Promoting Innovation through the Definition of an Appropriate Scope for Patent Protection in Asia
全件表示
論文 (8件):
  • Christoph Rademacher. The Parody Exception in Japanese Copyright Law. Patents & Licensing. 2019. 49-5. 9-16
  • Christoph Rademacher. ドイツにおけるデザインの保護. デザイン学研究特集号. 2017. 98. 25-2. 16-27
  • Christoph Rademacher. Patent Damages in Japan: Why do Japanese Courts award so little?. Patents & Licensing. 2017. 47-4. 9-18
  • Christoph Rademacher. 待望の決定を経て-標準必須特許は欧州でも無用となったか. 知的財産法政策学研究. 2016. 48. 193-212
  • Christoph Rademacher. 営業秘密保護法制の要諦 -保護客体と保護手段の比較法的考察を踏まえて-. 日本工業所有権法学会年報. 2016. 39. 35-55
もっと見る
書籍 (4件):
  • Japanese Design Law and Practice
    Wolters Kluwer 2020 ISBN:9789403506418
  • デザイン保護法制の現状と課題 - 法学と創作の視点から
    日本評論社 2016
  • Patent Enforcement in the US, Germany and Japan
    Oxford University Press 2015 ISBN:9780199679201
  • Die gerichtliche Durchsetzung von Patent- und Markenrechten in Deutschland, Japan und den USA
    Nomos 2010 ISBN:3832953264
講演・口頭発表等 (1件):
  • アメリカの特許法の差止請求権制度の差について
    (第33回RCLIP研究会 2012)
学位 (1件):
  • 博士
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る