研究者
J-GLOBAL ID:201101076419943617   更新日: 2020年09月01日

福田 孝一

Fukuda Takaichi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/50253414
研究分野 (3件): 神経形態学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般
研究キーワード (61件): 包括脳ネットワーク ,  嗅嗅 ,  皮質 ,  電気的カップリング ,  LTP ,  化学シナプス ,  1-ブロモプロパン ,  嗅覚 ,  神経毒性 ,  神経細胞 ,  免疫電顕 ,  化学的シナプス ,  stereology ,  局所回路 ,  同期的活動 ,  アストロサイト ,  細胞内シグナル伝達 ,  脳スライス標本 ,  雷気シナプス ,  中枢神経系 ,  GABA抑制 ,  mossy cell ,  免疫細胞組織化学 ,  disector ,  嗅球 ,  主ニューロン ,  定量解析 ,  disector法 ,  グリア ,  GABAニューロン ,  カルシウム結合蛋白 ,  レーザー顕微鏡 ,  免疫細胞化学 ,  ニュ-ロン ,  シナプス ,  介在ニューロン ,  ステレオロジー ,  資格 ,  同期 ,  ガンマ帯域振動 ,  扁桃体 ,  synchro nization ,  神経情報処理・ギャップ結合大脳皮質 ,  連合皮質 ,  連合野 ,  OSCillation ,  parvalbumin ,  線条体 ,  視覚皮質 ,  共焦点レーザー顕微鏡 ,  免疫組織化学 ,  gap junction ,  視覚 ,  コネキシン36 ,  パルブアルブミン ,  インターニューロン ,  海馬 ,  電子顕微鏡 ,  大脳皮質 ,  ギャップ結合 ,  GABA
競争的資金等の研究課題 (20件):
  • 2018 - 2022 Gap junctionが形成する樹状突起の網を脳の神経回路に正しく組み込む
  • 2016 - 2019 脳内の秩序的構成原理と並立して同じ組織空間を共有する無秩序構成原理の解明
  • 2015 - 2018 体性感覚野ミニバレル領域の形態学的特徴が同領域の予想外の重要性を示唆する可能性
  • 2012 - 2015 ヒト大脳半球完全連続切片標本に基づきヒト脳を直接調べヒト脳固有の構造を発見する
  • 2012 - 2015 大脳皮質神経回路の不可欠な構成要素としてのギャップ結合性神経細胞連結の解明
全件表示
論文 (61件):
  • Sefan Asamitsu, Yoshiki Imai, Yasushi Yabuki, Susumu Ikenoshita, Masayuki Takeuchi, Hirohito Kashiwagi, Yuki Tanoue, Takaichi Fukuda, Norifumi Shioda. Identification and immunohistochemical characterization of G-quadruplexes in mouse brain. Biochemical and biophysical research communications. 2020
  • Yoshihisa Ishihara, Takaichi Fukuda, Fumi Sato. Internal structure of the rat subiculum characterized by diverse immunoreactivities and septotemporal differences. Neuroscience Research. 2020. 150. 17-28
  • Yuta Miyamoto, Issei Nagayoshi, Akinori Nishi, Takaichi Fukuda. Three divisions of the mouse caudal striatum differ in the proportions of dopamine D1 and D2 receptor-expressing cells, distribution of dopaminergic axons, and composition of cholinergic and GABAergic interneurons. Brain structure & function. 2019. 224. 8. 2703-2716
  • Naoki Shigematsu, Akinori Nishi, Takaichi Fukuda. Gap junctions interconnect different subtypes of parvalbumin-positive interneurons in barrels and septa with connectivity unique to each subtype. Cerebral Cortex. 2019. 29. 4. 1414-1429
  • Ken'ichi Morooka, Ryota Matsubara, Shoko Miyauchi, Takaichi Fukuda, Takeshi Sugii, Ryo Kurazume. Ancient pelvis reconstruction from collapsed component bones using statistical shape models. Mach. Vis. Appl. 2019. 30. 1. 59-69
もっと見る
MISC (14件):
  • 宮内 翔子, 諸岡 健一, 辻 徳生, 宮城 靖, 福田 孝一, 倉爪 亮. 内部組織を有する臓器ボリュームモデルの目標体への写像 (医用画像). 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報. 2016. 116. 160. 49-54
  • 宮内 翔子, 諸岡 健一, 宮城 靖, 福田 孝一, 辻 徳生, 倉爪 亮. 幾何情報を保存する自己組織化可変モデルに基づく目標曲面への人体組織表面モデルの写像 (学生論文特集). 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems. 2014. 97. 3. 381-392
  • 宮内翔子, 諸岡健一, 辻徳生, 宮城靖, 福田孝一, 倉爪亮. 等面積・等角性を保存した生体組織表面モデルの目標曲面への写像. 電子情報通信学会技術研究報告. 2014. 113. 410(MI2013 56-125). 143-148
  • 宮内 翔子, 諸岡 健一, 宮城 靖, 福田 孝一, 辻 徳生, 倉爪 亮. 任意曲面への脳表メッシュモデルの写像 (医用画像). 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報. 2013. 113. 146. 39-44
  • 宮城 靖, 諸岡 健一, 福田 孝一, 倉岡 晃夫, 砂川 賢二, 岡本 剛, 吉浦 敬, 陳 献, 早見 武人, 飛松 省三. ジストニア・パーキンソン病の定位脳手術支援のための脳座標アトラス. 生体医工学. 2011. 49. 5. 778-778
もっと見る
講演・口頭発表等 (28件):
  • Dopamine D1 receptor/cAMP?PKA signaling is differently regulated in subregions of the striatum.
    (Neuroscience 2019 2019)
  • 体性感覚野ミニバレル領域におけるパルブアルブミン陽性ニューロンの分布と形態の3次元的解析
    (第124回日本解剖学会総会・全国学術集会 2019)
  • 海馬と新皮質の制御系を構成するGABAニューロンがギャップ結合を介して連結するネットワークを既知の神経回路にいかに組み込むか?
    (第124回日本解剖学会総会・全国学術集会 2019)
  • 中枢神経系におけるVGAT欠損は致死性の発生異常を起こす
    (第124回日本解剖学会総会・全国学術集会 2019)
  • マウス線条体および脚内核におけるCB1 receptorの免疫組織化学的特徴
    (第124回日本解剖学会総会・全国学術集会 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士
経歴 (15件):
  • 2010 - 現在 熊本大学大学院生命科学研究部 教授
  • 2008 - 2010 九州大学 医学(系)研究科(研究院) 准教授
  • 2007 - 2008 九州大学 大学院・医学研究院 准教授
  • 2007 - 九州大学 医学(系)研究科(研究院) 助教授
  • 2005 - 2006 九州大学 大学院医学研究院 講師
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る