研究者
J-GLOBAL ID:201101077632567285   更新日: 2020年09月01日

山中 裕樹

ヤマナカ ヒロキ | Hiroki Yamanaka
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 龍谷大学生物多様性科学研究センター  研究員
ホームページURL (2件): http://edna-lab.org/ja/welcome/http://edna-lab.org/en/welcome-2/
研究分野 (3件): 分子生物学 ,  動物生理化学、生理学、行動学 ,  生態学、環境学
研究キーワード (7件): 環境DNA分析 ,  水域生態学 ,  Environmental DNA ,  Animal behavior ,  Physiological ecology of animals ,  魚類生態学 ,  環境疾患学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2012 - 2013 環境DNAをもちいた魚類相解析による河川横断工作物の生態学的影響評価法の確立
  • 2012 - 2013 実証的群集生態学に革新をもたらす環境DNA分析手法の確立
  • 2010 - 2012 複雑食物網の構築・解析による生物群集維持機構の解明
  • 2007 - 2011 病原生物と人間の相互作用環
論文 (61件):
  • Toshifumi Minamoto, Masaki Miya, Tetsuya Sado, Satoquo Seino, Hideyuki Doi, Michio Kondoh, Keigo Nakamura, Teruhiko Takahara, Satoshi Yamamoto, Hiroki Yamanaka, et al. An illustrated manual for environmental DNA research: Water sampling guidelines and experimental protocols. Environmental DNA. 2020
  • Teruhiko Takahara, Junya Taguchi, Satoshi Yamagishi, Hideyuki Doi, Shigeki Ogata, Hiroki Yamanaka, Toshifumi Minamoto. Suppression of eDNA degradation in water samples associated with different storage temperature and period using benzalkonium chloride. Limnology and Oceanography: Methods. 2020. (in press)
  • Akihide Kasai, Shingo Takada, Aya Yamazaki, Reiji Masuda, Hiroki Yamanaka. The effect of temperature on environmental DNA degradation of Japanese eel. Fisheries Science. 2020. 86. 3. 465-471
  • TSUJI Satsuki, MARUYAMA Atsushi, MIYA Masaki, USHIO Masayuki, SATO Hirotoshi, MINAMOTO Toshifumi, YAMANAKA Hiroki. Environmental DNA analysis shows high potential as a tool for estimating intraspecific genetic diversity in a wild fish population. Molecular Ecology Resources. 2020. (in press)
  • HAYAMI Kana, SAKATA Masayuki K., INAGAWA Takashi, OKITSU Jiro, KATANO Izumi, DOI Hideyuki, NAKAI Katsuki, ICHIYANAGI Hidetaka, GOTOH Ryo O., MIYA Masaki, et al. Effects of sampling seasons and locations on fish environmental DNA metabarcoding in dam reservoirs. Ecology and Evolution. 2020. (in press)
もっと見る
MISC (10件):
  • Yoshihisa Akamatsu, Masuji Goto, Ryutei Inui, Hiroki Yamanaka, Takashi Komuro, Yoshihito Kono. Monitorring of Myocastor coypus using environmental DNA and estimation of the potential habitat in yamaguchi prefecture. Ecology and Civil Engineering. 2018. 21. 1-8
  • 潮雅之, 潮雅之, 村上弘章, 益田玲爾, 佐土哲也, 宮正樹, 櫻井翔, 山中裕樹, 源利文, 近藤倫生. 大量シーケンスと標準DNAを利用した魚類環境DNAの網羅的・定量的モニタリング:京都府舞鶴湾での解析事例. 水産海洋研究. 2017. 81. 4. 305-307
  • 源利文, 内井喜美子, 山中裕樹, 高原輝彦, 片野泉, 土居秀幸. 環境DNA分析のさらなる進展にむけて. 日本生態学会誌. 2016. 66. 3. 621-623
  • 内井貴美子, 源利文, 土居秀幸, 高原輝彦, 山中裕樹, 片野泉. 環境DNA分析:新しい水棲生物分布調査法. 日本生態学会誌. 2016. 66. 3. 581-582
  • A. Maruyama, K. Nakamura, H. Yamanaka, M. Kondoh, T. Minamoto. The Release Rate of Environmental DNA from Juvenile and Adult Fish (vol 9, e114639, 2014). PLOS ONE. 2015. 10. 3
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2002 - 2007 京都大学
  • - 2007 京都大学 生物科学専攻
  • 1998 - 2002 三重大学
  • - 2002 三重大学 生物資源学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (京都大学)
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 龍谷大学 先端理工学部 准教授
  • 2013/04 - 2020/03 龍谷大学 理工学部 講師
  • 2009/10 - 2013/03 龍谷大学 理工学部 実験助手
  • 2007/04 - 2009/09 総合地球環境学研究所 プロジェクト研究員
委員歴 (4件):
  • 2018/05 - 現在 一般社団法人環境DNA学会 理事
  • 2011/04 - 2012/03 Ecological Society of Japan Organizing Committee of ESJ59
  • 2011 - 2012 日本生態学会第59回大会実行委員
  • 2012 - 日本陸水学会第78回大会実行委員
受賞 (1件):
  • 2019/09 - 日本陸水学会 Limnology Excellent Paper Award 2019
所属学会 (6件):
日本魚類学会 ,  日本陸水学会 ,  日本生態学会 ,  イギリス生態学会 ,  アメリカ生態学会 ,  環境DNA学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る