研究者
J-GLOBAL ID:201101082540697461   更新日: 2021年06月15日

山本 哲也

ヤマモト テツヤ | Yamamoto Tetsuya
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://www.catlab.info
研究分野 (4件): 神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  実験心理学 ,  臨床心理学
研究キーワード (18件): e-Health ,  COVID-19 ,  仮想現実(VR) ,  認知矯正療法 ,  機械学習 ,  バイオマーカー ,  NIRS ,  f-MRI ,  MEG ,  包括脳ネットワーク ,  認知行動療法 ,  神経心理学 ,  EEG ,  事象関連電位 ,  認知リハビリテーション ,  記憶 ,  認知機能 ,  うつ病
論文 (45件):
  • Akira Hasegawa, Noboru Matsumoto, Yuko Yamashita, Keisuke Tanaka, Jun Kawaguchi, Tetsuya Yamamoto. Response inhibition deficits are positively associated with trait rumination, but attentional inhibition deficits are not: aggressive behaviors and interpersonal stressors as mediators. Psychological Research. 2021. in press
  • Carla Quiroga, Juan José Barberena, Jocelyne Alcaraz-Silva, Sérgio Machado, Claudio Imperatori, Ali Yadollahpour, Henning Budde, Tetsuya Yamamoto, Diogo Telles-Correia, Eric Murillo-Rodríguez. The Role of Peroxisome Proliferator-Activated Receptor in Addiction: A Novel Drug Target. Current Topics in Medicinal Chemistry. 2021. in press
  • Naho Suzuki, Tetsuya Yamamoto, Chigusa Uchiumi, Nagisa Sugaya. Effects of Interoceptive Sensibility on Mental Health during the Coronavirus Disease 2019 Pandemic. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2021. 18. 9. 4616
  • 山本哲也, 吉本潤一郎. 機械学習アプローチの臨床応用:デジタル革新がもたらすメンタルヘルスケアの新たな形. 認知行動療法研究. 2021. in press
  • Eric Murillo-Rodríguez, Sérgio Machado, Claudio Imperatori, Tetsuya Yamamoto, Henning Budde. Natural Cannabinoids as Templates for Sleep Disturbances Treatments. Advances in Experimental Medicine and Biology. 2021. 1297. 133-141
もっと見る
MISC (97件):
書籍 (15件):
  • Methodological Approaches for Sleep and Vigilance Research
    Elsevier 2021
  • Cannabinoids and Sleep Molecular, Functional and Clinical Aspects
    Springer Nature Switzerland AG 2021
  • 公認心理師の向き合う精神障害 2うつ病の心理学的見方・考え方
    朝倉書店 in press 2020
  • 社会福祉学習双書2021 第11巻心理学
    全国社会福祉協議会 in press 2020
  • 遠隔心理支援 物理的距離を超えてケアを継続するヒント
    誠信書房 2020
もっと見る
講演・口頭発表等 (51件):
  • 機械学習の臨床応用ー心の脆弱性を理解するー
    (徳島大学研究クラスターシンポジウム 脳・心・運動×機械学習・AI 2021)
  • 情報通信技術を活用して心身の問題を解決する
    (2020年度第12回脳科学クラスター・ミニリトリート 2021)
  • 情報技術を活用したwithコロナ時代の心理臨床実践
    (日本心理学会第84回大会,大会公募シンポジウム「精神の情報工学 -情報技術の臨床応用、ロボットライフレビュー、セラピーの自然言語処理 そして、恋愛感情の脳機能画像法-」 2020)
  • 情報技術を活用した心性の可視化・予測・制御
    (『予測的符号化の原理による心性の創発と共有-認知科学・人文学・情報学の統合的研究-』研究集会 2020)
  • 緊急事態宣言下における日本国民のメンタルヘルスの特徴
    (「言説と情動」研究会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2009 - 2012 早稲田大学大学院 博士後期課程
  • 2007 - 2009 早稲田大学大学院 修士課程
  • - 2007 東京学芸大学 人間福祉課程
学位 (1件):
  • 博士(人間科学)
経歴 (8件):
  • 2018/10 - 現在 徳島大学 大学院社会産業理工学研究部 准教授
  • 2017/04 - 2018/09 徳島大学 大学院社会産業理工学研究部 特任講師
  • 2016/04 - 2017/03 徳島大学 大学院総合科学研究部 特任講師
  • 2015/10 - 2016/03 徳島大学 大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部 特任講師
  • 2014/04 - 2015/09 University of Pittsburgh Department of Psychiatry Research Scholar
全件表示
委員歴 (15件):
  • 2020/08 - 現在 公認心理師の会 研究推進・学術情報提供委員会
  • 2019/07 - 現在 心理学ワールド編集委員会 編集委員
  • 2019/06 - 現在 日本健康心理学会 編集委員会 委員
  • 2019/06 - 現在 日本健康心理学会 研究推進委員会 副委員長
  • 2018/07 - 現在 日本認知・行動療法学会 企画委員会 委員
全件表示
受賞 (13件):
  • 2021/05 - 現代美術家協会 第77回 現展 入選
  • 2021/03 - 徳島県 第10回「ICTとくしま大賞」ソフトバンク賞
  • 2021/03 - 徳島県 第10回「ICTとくしま大賞」ニューノーマル大賞(とくしま産業振興機構特別賞)
  • 2021/03 - 徳島県 第10回「ICTとくしま大賞」STNet賞(単独)
  • 2020/11 - e-とくしま推進財団 e-とくしま推進財団表彰
全件表示
所属学会 (11件):
ABCT Technology & Behavior Change SIG Group ,  Neurocognitive Therapies/Translational Research Special Interest Group ,  Association for Behavioral and Cognitive Therapies ,  日本ワーキングメモリ学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本認知療法学会 ,  日本うつ病学会 ,  日本心身医学会 ,  日本健康心理学会 ,  日本行動療法学会 ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る