研究者
J-GLOBAL ID:201101084097500237   更新日: 2021年04月16日

道下 徳成

Michishita Narushige
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://researchmap.jp/narushigemichishita/資料公開/
研究分野 (1件): 国際関係論
研究キーワード (12件): South Korea ,  韓国 ,  defense ,  防衛 ,  Japan ,  日本 ,  korea ,  朝鮮半島 ,  security ,  安全保障 ,  North Korea ,  北朝鮮
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2011 - 2013 1970~80年代の日本の防衛政策の展開と意義
論文 (22件):
  • ブラッドフォード ジョン, 道下 徳成, フィヨン ダン. 対機雷戦 : 日米韓安全保障協力の新たなアジェンダ. 海幹校戦略研究 = Japan Maritime Self-Defense Force Staff College review. 2019. 8. 2. 99-106
  • 道下 徳成. 朝鮮半島 米中覇権競争の新たな前線 激動する東アジアの安保環境 日本が対する四つのシナリオ (特集 安倍三選のアキレス腱). 中央公論. 2018. 132. 10. 66-73
  • Narushige Michishita. The trump-kim summit, future scenarios, and Japan’s policy toward the Korean Peninsula. Asia-Pacific Review. 2018. 25. 2. 64-74
  • 道下 徳成. 北朝鮮問題 : 最適のアプローチを考える。 (世界の道標). 潮. 2017. 701. 46-51
  • 道下 徳成. 米国は制裁から対話への工程表を描けるか (特集 北朝鮮危機を克服できるか). 外交 = Diplomacy. 2017. 44. 39-45
もっと見る
MISC (2件):
  • 道下 徳成. 東風随筆 敵基地攻撃能力保有のメリット. 翼 : 航空自衛隊連合幹部会機関誌. 2018. 42. 0. 57-59
  • 松田 康博, 道下 徳成, 金杉 憲治. 急展開の北朝鮮情勢 米朝対話「成功」へのハードル : 座談会 (特集 東アジア国際秩序の地殻変動). 外交 = Diplomacy. 2018. 48. 12-25
書籍 (30件):
  • イラストでわかる集団的自衛権 (英和MOOK)
    英和出版社 2014 ISBN:4865450815
  • 北朝鮮 瀬戸際外交の歴史: 1966~2012年 (国際政治・日本外交叢書)
    ミネルヴァ書房 2013 ISBN:462306557X
  • Worldviews of Aspiring Powers: Domestic Foreign Policy Debates in China, India, Iran, Japan, and Russia
    Oxford University Press 2012 ISBN:0199937494
  • 中曽根康弘が語る戦後日本外交
    新潮社 2012 ISBN:9784104687022
  • North Korea's military-diplomatic campaigns, 1966-2008
    Routledge 2011 ISBN:9780415666893
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(国際関係学)
所属学会 (4件):
戦略研究学会 ,  現代韓国朝鮮学会 ,  日本国際政治学会 ,  国際安全保障学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る