研究者
J-GLOBAL ID:201101085686978321   更新日: 2024年04月10日

木村 智樹

キムラ トモキ | KIMURA Tomoki
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): https://dept.tus.ac.jp/tomoki-kimura/https://scholar.google.co.jp/citations?user=T9Rkwd8AAAAJ&hl=en
研究分野 (1件): 宇宙惑星科学
研究キーワード (1件): 巨大惑星、氷衛星、プラズマ、内部海、大気
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2020 - 2024 木星氷衛星と宇宙プラズマとの相互作用:氷衛星本格探査の国際協力に向けた布石
  • 2020 - 2023 氷天体の表層・内部進化の解明に向けた長期プラズマ宇宙風化の再現
  • 2019 - 2022 宇宙・地上望遠鏡・探査機・及びモデルを融合させた木星磁気圏の粒子加速に関する研究
  • 2019 - 2021 惑星量子ビームとミュオン分析の連携で迫る氷天体物質の合成と蓄積
  • 2018 - 2020 実験室実験と飛翔体探査で解明する氷天体の地球外生命環境進化
全件表示
論文 (140件):
  • Rikuto Yasuda, Tomoki Kimura, Baptiste Cecconi, Hiroaki Misawa, Fuminori Tsuchiya, Yasumasa Kasaba, Shinnosuke Satoh, Shotaro Sakai, Corentin Louis. Ray tracing for Jupiter’s icy moon ionospheric occultation of Jovian auroral radio sources. 2024
  • Tomoki Kimura, Misako Otsuki, Tomohiro Kitano, Ryo Hoshino, Yusuke Nakauchi, Shunsuke Haganuma, Ryu Haganuma, Tetsuo Haganuma, Fuminori Tsuchiya, Toru Tamagawa, et al. A plasma irradiation system optimized for space weathering of solar system bodies. Earth, Planets and Space. 2023. 75. 1
  • Shinnosuke Satoh, Fuminori Tsuchiya, Shotaro Sakai, Yasumasa Kasaba, Rikuto Yasuda, Tomoki Kimura. Interpretation of the North-South Asymmetric Oxygen Aurora Morphology on Europa Using Test Particle Simulation. Journal of Geophysical Research: Space Physics. 2023. 128. 9
  • K. Saito, Y. Katoh, Y. Kawazura, M. Kitahara, T. Kimura, A. Kumamoto. Plasma Distribution Solver: A Model for Field-Aligned Plasma Profiles Based on Spatial Variation of Velocity Distribution Functions. Journal of Geophysical Research: Space Physics. 2023. 128. 8
  • Yuki Nakamura, Koichiro Terada, Chihiro Tao, Naoki Terada, Yasumasa Kasaba, François Leblanc, Hajime Kita, Aoi Nakamizo, Akimasa Yoshikawa, Shinichi Ohtani, et al. Simulation of Dawn-To-Dusk Electric Field in the Jovian Inner Magnetosphere via Region 2-Like Field-Aligned Current. Journal of Geophysical Research: Space Physics. 2023. 128. 6
もっと見る
MISC (64件):
  • Yudai Suzuki, Kazuo Yoshioka, Kei Masunaga, Hideyo Kawakita, Yoshiharu Shinnaka, Go Murakami, Tomoki Kimura, Fuminori Tsuchiya, Atsushi Yamazaki, Ichiro Yoshikawa. Contribution of multiple scattering to the distribution of Lyman alpha emission in comet comae. 2023
  • Fuminori Tsuchiya, Yasumasa Kasaba, Ichiro Yoshikawa, Go Murakami, Atsushi Yamazaki, Kazuo Yoshioka, Tomoki Kimura, Chihiro Tao, Ryoichi Koga, Hajime Kita, et al. Major results from the Hisaki mission and future perspectives. 2023
  • Kei Masunaga, Naoki Terada, Nao Yoshida, Yuki Nakamura, Takeshi Kuroda, Kazuo Yoshioka, Yudai Suzuki, Hiromu Nakagawa, Tomoki Kimura, Fuminori Tsuchiya, et al. Hisaki space telescope observations of the large oscillations of Martian hydrogen and oxygen upper atmospheres. 2023
  • 齋藤幸碩, 加藤雄人, 熊本篤志, 木村智樹, 川面洋平. オーロラ電子加速過程に関わる木星-イオ間の磁力線上のプラズマ分布についての研究. 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2020. 2020
  • 齋藤幸碩, 加藤雄人, 熊本篤志, 木村智樹, 川面洋平. オーロラ電子加速過程に関わる電磁圏プラズマの沿磁力線分布についての研究. 地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会(Web). 2020. 148th
もっと見る
講演・口頭発表等 (106件):
  • 無水鉱物への水素イオン照射実験による水星表層における太陽風起源H2O生成過程の解明
    (Japan Geoscience Union Meeting 2023 2023)
  • 塩化ナトリウムへのプラズマ照射実験と物理化学モデリングによるエウロパの希薄大気生成と表層組成の解明
    (Japan Geoscience Union Meeting 2022 2023)
  • Neutral Helium Emission in Interplanetary Space from the Earth's Exosphere by the Hisaki Satellite
    (American Geophysical Union Fall meeting 2022 2022)
  • Cooling of thermal electrons in the Jovian inner magnetosphere due to the solar wind effect: the HISAKI observation
    (American Geophysical Union Fall meeting 2022 2022)
  • Characteristics of dispersive Alfvén waves inferred from the newly developed magnetospheric plasma distribution model
    (American Geophysical Union Fall meeting 2022 2022)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2007 - 2010 東北大学 理学研究科 地球物理学専攻 博士課程
  • - 2010 東北大学 理学研究科
  • 2005 - 2007 東北大学 理学研究科 地球物理学専攻 修士課程
  • 2001 - 2005 東北大学 理学部 宇宙地球物理学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東北大学)
経歴 (11件):
  • 2021/04 - 現在 東京理科大学 理学部第一部 物理学科 准教授
  • 2020/05 - 2021/03 東北大学ディスティングイッシュトリサーチャー
  • 2018/04 - 2021/03 東北大学 学際科学フロンティア研究所 助教
  • 2015/04 - 2018/03 理化学研究所 仁科加速器研究センター 基礎科学特別研究員
  • 2015/04 - 2016/03 立教大学 理学部物理学科 非常勤講師(兼任)
全件表示
委員歴 (12件):
  • 2020 - 現在 JAXA 火星衛星探査計画MMX 火星科学サブチーム、衛星表層科学サブチーム、質量分析器チーム メンバー
  • 2020 - 現在 JAXA 次世代紫外宇宙望遠鏡計画LAPYUTA 提案ワーキンググループメンバー
  • 2019 - 現在 地球電磁気・地球惑星圏学会 将来構想検討ワーキンググループ委員
  • 2019 - 現在 NASA 木星探査機Juno Participating Scientist
  • 2019 - 現在 ESA&JAXA 水星探査機BepiColombo Guest Investigator
全件表示
受賞 (9件):
  • 2023/11 - 地球電磁気・地球惑星圏学会 2023年総会 学生発表賞(オーロラメダル) 塩化ナトリウムへのプラズマ照射実験と物理化学モデリングによるエウロパの希薄大気生成と表層組成の解明
  • 2023/07 - 日本地球惑星科学連合 2023年大会 学生優秀発表賞 初期の火星・地球大気における太陽高エネルギー粒子照射による複数種アミノ酸の解離と合成の化学サイクルの再現
  • 2022/11 - 地球電磁気・地球惑星圏学会 第152回総会 学生優秀発表者 無水鉱物への水素イオン照射実験による水星表層における太陽風起源H2O生成過程の解明
  • 2022/11 - 地球電磁気・地球惑星圏学会 第152回総会 学生優秀発表者 硫酸塩へのプラズマ照射実験によるエウロパ表層物質の内部海起源説の検証
  • 2022/01 - ショウワノート ジャポニカ学習帳裏表紙に論文プレスリリース図が採用
全件表示
所属学会 (5件):
高エネルギー宇宙物理連絡会 ,  米国地球物理学会 ,  日本地球惑星科学連合 ,  日本惑星科学会 ,  地球電磁気・地球惑星圏学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る