研究者
J-GLOBAL ID:201101086111719720   更新日: 2024年07月17日

小野 直亮

オノ ナオアキ | Naoaki Ono
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 計算科学 ,  ゲノム生物学 ,  生命、健康、医療情報学
研究キーワード (5件): 深層学習 ,  マルチオミクス ,  複雑系 ,  システムズバイオロジー ,  バイオインフォマティクス
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2021 - 2027 PETを用いた代謝疾患の動態解析のための統計モデルの開発
  • 2022 - 2025 統合ゲノム解析に基づく抗腫瘍性リグナン生合成機構の解明
  • 2021 - 2024 分散学習ネットワークモデルを用いた病理組織画像の特徴抽出の最適化
  • 2017 - 2019 深層学習を用いたすい癌の病理組織画像からの細胞タイプ識別モデルの構築
  • 2015 - 2017 遺伝子発現情報のクラスタリングにもとづいた肺がん組織病理画像の特徴抽出
全件表示
論文 (167件):
  • Shota Nakagawa, Naoaki Ono, Yukichika Hakamata, Takashi Ishii, Akira Saito, Shintaro Yanagimoto, Shigehiko Kanaya. Quantitative evaluation model of variable diagnosis for chest X-ray images using deep learning. PLOS digital health. 2024. 3. 3. e0000460
  • Mahfujul Islam Rumman, Naoaki Ono, Kenoki Ohuchida, MD. Altaf-Ul-Amin, Ming Huang, Shigehiko Kanaya. Information maximization-based clustering of histopathology images using deep learning. PLOS Digital Health. 2023. 2. 12. e0000391-e0000391
  • Huijia Wang, Guangxian Zhu, Leighton T. Izu, Ye Chen-Izu, Naoaki Ono, MD Altaf-Ul-Amin, Shigehiko Kanaya, Ming Huang. On QSAR-based cardiotoxicity modeling with the expressiveness-enhanced graph learning model and dual-threshold scheme. Frontiers in Physiology. 2023. 14
  • Sony Hartono Wijaya, Ahmad Kamal Nasution, Irmanida Batubara, Pei Gao, Ming Huang, Naoaki Ono, Shigehiko Kanaya, Md. Altaf-Ul-Amin. Deep Learning Approach for Predicting the Therapeutic Usages of Unani Formulas towards Finding Essential Compounds. Life. 2023. 13. 2. 439-439
  • Keisuke Wakakuri, Yudai Taguchi, Daiki Koge, Naoaki Ono, Md. Altaf-Ul-Amin, Shigehiko Kanaya. Molecular Graph Indexes for Assessing Heterogeneity of Chemical Compounds. Journal of Computer Aided Chemistry. 2023. 23. 50-59
もっと見る
MISC (27件):
  • 小野 直亮, 本田 謙一郎, 金谷 重彦, 清水 浩. 1S-Cp04 代謝ダイナミクスモデルを用いた大腸菌メタボロミクスデータの評価(代謝工学がもたらした"ものづくり"と今後求められる技術,シンポジウム). 日本生物工学会大会講演要旨集. 2013. 65. 12-12
  • 清水,浩, 古澤,力, 平沢,敬, 吉川,勝徳, 小野,直亮, 戸谷,吉博, 白井,智量. 代謝工学の創成と発展 : 代謝解析とオミクス研究との融合(代謝工学,<特集>バイオ技術10年の軌跡,創立90周年記念特別企画). 生物工学会誌 : Seibutsu-kogaku Kaishi. 2012. 90. 10. 619-620
  • 堀之内貴明, 鈴木真吾, 小野直亮, 玉岡邦康, 平沢敬, 四方哲也, 清水浩, 古澤力. 進化実験から得られたエタノール耐性大腸菌のマルチオミックス解析. 日本生物工学会大会講演要旨集. 2012. 64th. 141-141
  • SHIMIZU Hiroshi, FURUSAWA Chikara, HIRASAWA Takashi, ONO Naoaki, YOSHIKAWA Katsunori, TOYA Yoshihiro. 2Ap10 Systems metabolic engineering : Rational design of microbial cell factories(Bio-Based Production) :. 日本生物工学会大会講演要旨集. 2012. 64. 46-46
  • 堀之内貴明, 古澤力, 小野直亮, 鈴木真吾, 平沢敬, 四方哲也, 清水浩. エタノールストレス環境下の進化実験により得られた大腸菌のゲノムワイドな変異解析と遺伝子発現解析とストレス耐性賦与. 化学工学会バイオ部会ニュースレター. 2012. 29. 9-12
もっと見る
書籍 (4件):
  • シンギュラリティ: 限界突破を目指した最先端研究
    近代科学社 2016 ISBN:9784764905047
  • バイオビッグデータに挑む:メタボロミクスからビッグデータ・サイエンスへの展開
    シーエムシー出版 2014
  • Protocells: Bridging Nonliving and Living Matter
    The MIT Press 2009 ISBN:9780262182683
  • ネットワーク科学の道具箱
    近代科学社 2007 ISBN:9784764903463
講演・口頭発表等 (63件):
  • Feature extraction and Cluster analysis of Pancreatic Pathological Image Based on Unsupervised Convolutional Neural Network
    (IEEE International Conference on Bioinformatics and Biomedicine 2018)
  • KNApSAcK family database and its use in crude medicine study
    (Ubiquitous Healthcare 2018 2018)
  • KNApSAcK Family DB: 天然物データベースにおける化学構造類似検索とその他の情報検索
    (第41回 ケモインフォマティクス討論会 2018)
  • Integrated statistical model based on transcriptome and metabolome in the biophylaxis metabolism of Angelica acutiloba
    (19th International Conference on Systems Biology 2018)
  • Comparison of fluxome simulation and metabolome analysis using murine glioblastoma initiating cells
    (19th International Conference on Systems Biology 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(学術) (東京大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る