研究者
J-GLOBAL ID:201101089760153505   更新日: 2018年03月12日

外枦保 大介

ソトヘボ ダイスケ | Sotohebo Daisuke
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (2件): 地理学 ,  人文地理学
研究キーワード (8件): 地域イノベーションシステム ,  経済地理学 ,  科学技術政策 ,  企業城下町 ,  地域産業 ,  産学官連携 ,  進化経済地理学 ,  クラスター
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2017 - 2021 進化経済地理学による産業地域のレジリエンス分析:企業城下町の国際比較を通じて
  • 2014 - 2018 サイエンス型産業における技術・人的連関と集積効果に関する経済地理学的研究
  • 2014 - 2017 産業地域における産学官連携の進化過程分析-「関連的多様性」に着目して
  • 2011 - 2014 成熟産業地域におけるイノベーション創出による地域再生:進化経済地理学の視点から
論文 (8件):
  • 外枦保 大介. 岐阜県東濃地域における地域イノベーションシステム構築の地域特性. 下関市立大学論集. 2016. 60. 2. 45-56
  • 外枦保 大介. 進化経済地理学の動向と地域政策論. 地域経済学研究. 2014. 27. 17-28
  • 外枦保 大介. 企業城下町中核企業の事業再構築と地方自治体・下請企業の対応 -神奈川県南足柄市を事例として-. 経済地理学年報. 2012. 58. 1. 1-16
  • 外枦保 大介. 進化経済地理学の発展経路と可能性. 地理学評論. 2012. 85. 1. 40-57
  • 外枦保大介. 旭化成の企業文化からみた延岡市への再投資要因. 九州経済調査月報 2009年9月号. 2009. 15-23
もっと見る
MISC (6件):
  • 外枦保 大介. 「東九州メディカルバレー構想」と地域産業の進化. 地理. 2017. 62. 6. 29-36
  • 土屋敏夫, 外枦保 大介, 吉武由彩. 城下町長府の歴史的遺産とその活用. 下関市立大学地域共創センター年報. 2016. 9. 19-27
  • 外枦保 大介, 難波利光. 関門地域立地企業の地域的展開に関する研究. 下関市立大学地域共創センター年報. 2015. 8. 1-20
  • 外枦保 大介. 現代工業の立地調整と進化経済地理学. 地理. 2012. 57. 8. 42-47
  • 外枦保大介, 中武貞文. 地方国立大学と地域産業の連携に関する調査研究 -鹿児島県製造業と鹿児島大学に着目して-. 文部科学省科学技術政策研究所Discussion Paper. 2012. 82. 1-65
もっと見る
書籍 (9件):
  • 進化する企業城下町: 進化経済地理学からのアプローチ
    古今書院 2018 ISBN:4772242066
  • 地域の持続可能性:下関からの発信
    学文社 2017 ISBN:4762027162
  • 地域分析ハンドブック-Excelによる図表づくりの道具箱
    ナカニシヤ出版 2015 ISBN:4779509173
  • 都市空間と産業集積の経済地理分析 (法政大学比較経済研究所 研究シリーズ29)
    日本評論社 2015 ISBN:453555823X
  • 大学教育とキャリア教育-社会人基礎力をキャリア形成に繋げるために
    五絃舎 2015 ISBN:4864340439
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(学術) (東京大学)
経歴 (13件):
  • 2016/12 - 現在 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 客員研究官
  • 2015/04 - 現在 九州大学 非常勤講師
  • 2013/04 - 現在 北九州市立大学 非常勤講師
  • 2012/04 - 現在 下関市立大学 経済学部 准教授
  • 2012/04 - 2017/03 法政大学 比較経済研究所 兼任研究員
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2014/12 - 2015/02 経済産業省 地域中核企業がもたらす地域経済の波及効果に関する分析WG委員
  • 2013/01 - 2013/03 経済産業省 低炭素型雇用創出産業立地補助金効果測定 現地調査WG委員
所属学会 (3件):
人文地理学会 ,  経済地理学会 ,  日本地理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る